カテゴリー別アーカイブ: コンテンポラリー風水

益子陶器市2017を楽しむ

GWは奥秩父から日光へと移動し、益子の陶器市に行ってきました。

29日から始まっている毎年恒例の陶器市。

毎年大人気でたくさんの人で賑わいます。

昨年は午後から行って、駐車場に入るのにかなり待って、混雑と暑さでぐったりしてしまったので、今年はあさイチで出かけ、
8時過ぎには現地到着。

すんなりと駐車場にも入れて、午前中は暑いとはいえさわやかで
色々とお目当てをみることができました^^

最近中国茶を始めてかなりはまっているので日本の作家さんの茶壷があれば、と思っていました。

今お気に入りの中国茶用のスペースです。

素敵な作家さんがいらっしゃいましたよ^^

山崎さおりさん

まだ若い女性です。

本来は日本の急須の作家さんですが、中国茶用の茶壷もつくっていらっしゃいました^^
どれも素敵ですよね~~

実際にお水も入れてみてお水の切れ具合も確かめさせてくださいました。

1つ気に入ったものを購入しましたよ。

さてどれかな?

そのほかに別のお店で蓋椀か湯冷ましとしても使えそうな、
お抹茶用のしぼりと茶杯もゲット。

昨年購入してすごく使い勝手の良い、オーバルのお皿。
今年も違う作家さんのものを購入。

こんな面白いものも発見!

陶器でできた、コインの飾り皿?
財のエリアにどうでしょうか?
色がね~~別の色ならもっといいわね^^

迷いに迷ったのが日光下駄。

結構良いお値段でしてね、結局買わなかったんですが、やっぱりほしいな~~

近くには森のレストランがあります。
その名もまんま「森のレストラン」(笑)

益子焼で作られたサグラダファミリアです。

野草園もあってお散歩にも最適!!

充実のGW前半!!でした

 

茶壷を開く~中国茶ガキナスタイル~

コトコトコトコト 新月の夜に茶壷を煮ています。
新月のお水を入れて、陰陽の紐で結んでみました^^

これは新しい茶壷を開く儀式

茶壷に命をふきこみます。

大好きな岩茶用の茶壺にしようと思っているので
岩茶で開いています。

お鍋から良い香りが漂ってきて、もうお鍋からごくごく飲みたいくらい!

黄龍山で採取された紫砂で作られた
老段泥(ゴールドドラゴンエッグ)茶壷

命を吹き込んだこの茶壷はこれから成長していくのです。

楽しみ^^

命を吹き込んだゴールドラゴンエッグ茶壷です

明日の風水講座はハウスセラピー講座でもあります。

中国茶を入れながら、自分の中心と家の中心について
考えたいと思っています。

 

お知らせその② 風水講座(ハウスセラピー講座)は3月30日10時半からです!(残席1)

ご好評の風水講座、先月はお休みでしたので、ちょっとお待たせしてしまいましたが、風水講座で自分の家の心地よさを追求し始めた皆さんからハッピーな体験談が寄せられています。

今回は家の中心と自分の中心というテーマです。
自分と住まいがどのようにリンクしているか、
この講座はある意味「ハウスセラピー」として、位置付けています。

ただどこに何を置くか、どのように整えれば物事や人生がうまく行くかということだけでなく、

風水がその家で暮らす人たちの関係性や家族だけでなく周囲の人間関係や仕事、生き方、恋愛といったものにおけるセラピーになっていることにきづいていただけるのではないでしょうか?

シリーズでお届けしています、風水講座。

どの回からご参加いただいてもいいですし、気になる回だけのご参加も可能です。

ハウスセラピーとしての風水講座、第9回 「家の中心と自分の中心」
3月30日(木曜日)10時半からです。(残席1名様)

お申込み・お問い合わせは

愛賀真琴HPより
または info☆aigamakoto.com(☆を@に変えて送信してくださいね)
までお願いします。

自分だけでなく身体の中の菌やウィルスまでもハッピーにする風水

こんにちは、愛賀真琴です。

 

このいちご、「草姫」というブランドだそうです。

初めていただいたのですが、
と~~~っても優しくて、しかもしっかりとした 甘み。
ほのかな酸味のバランスがすごくよくて ほんとうにおいしかった!!

実は一昨日の風水講座に参加してくださった方が
旅行のお土産として もってきてくださいました^^

それがなんと、昨年風水講座に参加してから色々とうれしいことが起こっています!と報告してくださり、今回の旅行も当選したもの!!ということで、 早速ご参加のみなさんで喜びのおすそ分けをいただいたというわけです^^(20年ぶりにご対面した手描きの食器もちゃんと使っていますよ)

講座に参加して、講座の中でご自身ができそうだな~とか、やってみたいと、自分なりに感じたり、思われたことをみなさんがしてくださっているわけですが、うれしい変化で一番お声が多いのが、家族の変化ですね。
とりわけパートナーの変化、子供さんの変化が多いです。

一例をあげますと、

・自分の仕事に対しての理解が低かったパートナーが、家の中のこと
など積極的に協力してくれるようになった。
・パートナーの子供時代のものなどふる~~いものがたくさんあった
のだけれど、それをこちらが何も言わないのに自分から処分しても
いいと言ってくれた。お蔭で部屋がとてもすっきりした。
・とにかくお金を使うことを嫌うパートナーが家をリフォームしようと
言い出したこと!
そして自分の身銭を切って何かを学びに行くということを初めて!
したこと。
・こちらが気持ち悪いと思うほど(笑)パートナーがやさしくなった
こと
・娘や息子が自分の部屋を積極的に片づけはじめたこと
・子供が明るくなったこと。
・家に帰ってくると自分の部屋に鍵をかけて出てこなかった子供が
鍵をかけないようになり、リビングにでてくるようになり、会話
が増えたこと
・財と福のエリアを整えたとたんに経済的にラッキーなことが起こった

 

これらは、みなさんが講座にでて、自分なりにしたいことや、できることをしただけなんですよ。

何が言いたいかというと、

講座では、ほんとうに基本的な風水の考え方や自分の住まいに対する向き合い方や、エリア別にできる基礎のことを提案しているだけなんです。だからこれらの変化を起こしたのは私でもなければ、個人的にコンサルを受けたからでもなく、皆さん自身なんですね。
(個人コンサルが必要ないという意味ではありません。個人コンサルはフォーカス点が違いますから、劇的な変化に繋がることが多いですし、効果そのものが全然違いますからね)

つまり、これらの良き変化の原因は

参加者の方々の住まいというものに対する目線が変化したことが大きいと思うのです

前回のブログでもお伝えしたように、

家やそこにあるモノがたんなる家という物体やモノではなく、人格を持っているとしたら?

自分の住まいとどのような関係性を持ちたい?

一日の終わりに、あるいは一日の始まりに、住まいがどのようであれば
気持ちが良い?

身体のすみずみにまで新鮮な血液が流れている状態が健康なのだとすれば、家はどのような状態にあれば家がすこやかで健康な状態だと思う?

同じ家に住んでいる家族と関係なく、自分だけが幸せになるってことは
可能かな?

自分の気分が良ければたとえ嫌な人に出逢ってもたいして気にならないように、あるいは許せてしまうように、あなたの家で起きていることは、あなただけじゃなく、あなたが出逢うすべての人に影響を与えると思わない?

というようなことにたいして、私が提案したり、体験をお話したりすることはありますが、あくまで皆さんが自分で考えて、自分なりにできることからやってくださっているだけなんです。

自分自身をきれいにしたり、健康にしたり、大切にするのと同じように
 家に対してもそういう心遣いをするってことが、すごく気持ちよい!ってことを実際に体感していくことを提案しているのが講座です。

風水っていうのは、どこかのだれかが言っているみたいに、西に黄色いものをおいたり、どこかに中国的な龍の置物をおいたりすることではないんですよ。

人生のあるテーマをより佳きものに変化させていくにはどうしたらいいか、風水というツールを使って変化を起こすことで今ある家の良さや個性をさらに輝かせてあげることなんですよ^^

それは家がすでに今、持っている良さや個性を伸ばすことであり、
今ある才能や財や豊かさや幸せをさらに強化したり、光をあてることなんですね。
ない!のではなくて、すでにあるもの(今は目には見えていないのかもしれないですが)に対してしていくものだと考えているのです。

それは算命学で私がしたいことと基本は同じなんです。

人間(個人)に対してするアプローチ  と
家に対してするアプローチという違いがあるだけです。
もちろん、身体の声を聴くというボディワークの基本もそこにあります。

どちらも最終的には自分が!健康でハッピーになることが大切で、
自分だけがハッピーになるってことはありえないから、当然周りも
ハッピーになるんです!!

自分だけでなく、自分の身体の中の菌やウィルスまでも一緒にハッピーにしましょうよ!!

先日もSkypeで算命学のフォローアップの個人セッションをしたのですが、算命学に出逢って自分もお子さんも本当に良かったとおっしゃってくださって、それはほんとうに嬉しいことだと思います。ありがたいな~と思います。

私から見てもご自身の変化はほんとうに素晴らしいな~と思っていますが、それはたまたま算命学だっただけなんですよ。

なんだっていいんです。(算命学士としては算命学がいいんですよ!というほうがいいのかもしれないけれど・・)

ひとりひとりのポテンシャルというのはひとりひとりが持つかけがけえのないすごいもので、ひとりひとりが素晴らしい存在だということはほんとうに確かなことなんですね。

環境や状況からそういうふうに思えなくなってしまうことがあるし、
くさってしまっている場合だってあるでしょう。
悲しみや怒りだけしか感じられないことだってあるかもしれない。
わたしだってありますし、ありましたから。

でもね、もう気づくか気づかないかだけの差なんです。
心から変わりたい、変えたいと思うか思わないかの違いだけなんです。

そこに気づくためのツールはなんだっていいんです。
それはタイミングもあるし、それぞれに出逢いがあるから。

わたしにとっては今はこれ(今やっているもの)です。
それも変わるかもしれません。
変わる勇気を持ちたいな~と思うし、変化を許可できる柔軟な心でありたいとも思っています。

今は、私自身の探求にはクンルンネイゴンに出逢えたことが良かった!!と思っているし、

私がみなさんに提案できるツールとして、算命学や風水や身体の声を聴くボディワークがあり、
それらを通してまるごと幸せになることを探求したいと思っているのです。

2017年は新しく学ぶものが増えました。
学ぶってことはわたしにとって性分だからやめられません。(笑)
それが好きなんだからやめられないんです。

そして探究の道は続きます。たぶん死んでも???

算命学や風水、ボディーワークを通して今出逢っている方たちとはさらに、これから出逢うであろう方たちとも一緒に幸せになっていけたらうれしいなと思っています。
継続は力なりということもあるので、ひとりでやっているとつい楽、に流れるのですが、講座のよいところは習慣になるまで、その都度モチベーションを保つのに役立つところですね。

タイトルを書いたときにはさっくり終わるつもりだったのに、
また熱く語ってしまった・・・・(ちょっとうざいですかね・・・)

ついでに長くなってしまった・・・・

短くまとめるということがなかなかできないな~~~(課題その一)

今後の風水講座のお知らせです

1月26日(木曜日)10時半~ (残席1)
テーマ: 創造性と子供のエリア

2月9日(木曜日)10時半~  (残席1)
テーマ: 中心のエリア

NEW2月16日(木曜日)10時半~
テーマ: 未定

 

ガラクタが象徴するもの~風水の観点から~

こんにちは、愛賀真琴です。

昨年末、一大決心?(←大げさ)をして、物置部屋の大片づけをしました。

前からしたい、したい、と思いながら、手を付けたら最後までやりきらないとやる意味がなくなるのでなかなか踏み切れませんでした。

すると、奥の方の棚の隅にあった段ボール箱から出てきたものは・・・

なんと、20年も!!使われずにしまわれていた手描きのマイセン柄の食器たち。。。。

 

バンコク駐妻時代に励んでいたポーセリンアート。

帰国する最後の最後まで描いていて、当時は帰国したら自宅に窯を買って ポーセリンアートをライフワークにしようとさえ思っていたのです。

でも実際に帰国して日本のポーセリンアートの色々な場に行ってみると、私が考えていたのとは違っていて(当時のことですが)結局足を踏み入れることなく終わってしまいました。

片づけをしていて、当時の船便(←なんてことだ!)の段ボール箱から出てきた数々のお皿たち。

手持ちで持ち帰った食器はね、飾ったり、使ったりしていましたが、
船便に載せた食器たちはあれから20年もの間日の目をみることなく、眠っていたのです。物置部屋のガラクタとして・・・・涙

帰国したら描こうと購入してきた白いボーンチャイナも出てくる、出てくる。。。

ほんとうにごめんね~今まで・・

私たち人間ひとりひとりは、誰でもみな自分を役立てたいと思っていますよね。
自分を十分に活用したい!してほしいと思うのは、人間だけでなく、モノたちも同じはず。

活用されないでガラクタの状態になっているものの一つ一つはどれもみな、

「私を、僕を、使ってほしい!」と願っている。

モノというのは、目的に叶った形で十分に活用されることがすこやかな状態、豊かな状態であると言えるでしょう?

洋服だって、食器だって、家具だって、モノたちすべてはちゃんと活用してこそ、活かせるのだもの。

箱の中で暮らしていた20年という歳月は、せっかくあるのに何の光もあてられず、なきものとして扱われていた、いやガラクタとして捨てられた状態なのと同じだね。

それは私が私を活かしていないこと、十分に活用していないことの
象徴なのかもしれないな~と思えたのです。

一つ一つの食器たちとコンタクトして、飾り棚や食器棚に収めました。

それは幸せな時間でもありましたし、

人さまにお見せするには恥ずかしいような初期のものから、金描きの練習用のお皿など、あのころの一生懸命さを思い出させてくれました。

今までごめんね~。ありがとう、と声をかけながら、感謝をもって一枚一枚きれいに洗い、もう一度再会できたことに喜びを感じることができたことはありがたいことでした。

ガラクタがある、ということは、風水的には全体と統合されていない、ということになります。

つまり、行き詰っていたり、流れに乗れていないという状況に繋がっています。

十分に活用しきれていない、あるいは、配置が間違っているため活用しきれないのかもしれません。
違う場所に移動することで違う光があたるものもあるでしょう。

自分がやってきたこと、積み重ねてきたこと、今持っている力、能力、才能・・・
そういうものを大切にせず、使おうともせず、私には何もないなどといって、外に求めに行っているのと同じだし、見て見ぬふりをしていたり、向き合おうとしてない状態と同じだな~と思えました。

実はこの食器たちと再会した翌日高熱がでました!!(苦笑)
ちゃんとちゃんと使いますわよ。

そうしたら今日我が家にいらした生徒さんが、

「売ってください!」ですって。(笑)

嬉しい言葉でした。

私はコンテンポラリー風水を学んで卒業し、五行や陰陽の算命学の基礎ともいえる知識に基づいた風水講座をしていますが、風水の基本は
風水を使って変化を起こすことで、一つ一つのモノたちの良さや個性を
さらに表に出す!ということにあります。

風水による変化が磁石のようにエネルギーを集めてきて、それが今あるもの、今あなたが持っているものをさらに輝かせて、
これまでは本当はあるのだけれど内在していて見えなかったものが
形として現れるようになるのです。

人生にも同じことが起きることになります。

あなたはモノや家とどのような関係性を築いていきたいですか?

モノにも家にも話しかけることができます。

モノにも家にも人格があるのだ!という感覚を培えるといいですね。

それが風水なんです。

家の性格は変えることができるし、家の性格が私たちの性格を変えることだって起きます。

最終的にハッピーにしたいのは自分自身ですよね?

そのために私(愛賀真琴)は、

自分と家(住まい)との関係性を考えること、
風水というツールを使って、環境をより居心地の良いものにして、
ハッピーである状態、豊かだと感じる生活(暮らし)にしていくことを提案しています。

家は私たち自身の現在のありようを象徴しているからです。

講座では、風水の基本的な大切な考え方から実際に体感することを
通して、実際に何をどうすればいいのか、という具体的、かつ効果的な部屋作りについて提案しています。

次回の風水講座は1月26日です。
残席1名様となっています。

テーマは創造性と子供のエリアについてです。

2月の講座は9日が啓蒙と知のエリアについて
16が中心のエリアについてです。
内容詳細はまた明日にでもお知らせしたいと思います。

是非ご参加くださいね!!

お申込み・お問い合わせをお待ちしています^^

info☆aigamakoto.com(☆を@に替えて送信してください)まで