カテゴリー別アーカイブ: 神社・仏閣

鑑真大和上との出逢い

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

京都で勉強会のあった翌日、偶然のご縁を得て奈良の西ノ京にある
唐招提寺に行ってきました。

6月6日は鑑真大和上のご命日で、その前後3日間のみ御開扉となる
日本最古の肖像彫刻と言われている国宝、鑑真大和上坐像
(撮影はできないので画像はお借りしています)

井上靖さんの小説「天平の甍」でも鑑真和上のことが描かれていますが、

奈良時代、それまで僧侶に戒律を授ける人がいなかった日本に戒律を伝えるために自らが命を懸けて日本へ渡ることを決意された鑑真和上。

是れ法のための事なり。
何ぞ身命を惜しまんや。
諸人去(ゆ)かざれば, 我れ即ち去くのみ。

とうたわれました。

当時55歳

国の宝であった鑑真和上を行かせたくないという妨害や、航海技術の未熟な当時の難破によって5度にわたって渡航に失敗。

それにより失明されたといわれる鑑真和上の情熱が消えることはなく、
6度目の渡航でようやく成功。すでに10年の歳月が流れ、66歳に。

日本での激務に従事されたあと、
唐律招提(→唐招提寺)とひそかに名付けた私寺がうまれたのです。

71歳でした。

深く熱い情熱と、決してあきらめない不屈の精神

その強い意志と情熱をどこに秘めていらっしゃるのだろうかと思うようなおだやかな慈愛に満ちたお顔

まるでほんとうにそこに座っていらっしゃるかのようなお姿に静かにむきあわさせていただくことができました。

合掌。

この坐像を拝して感動された松尾芭蕉の詠んだ句です。

若葉して御めの雫拭(しずくぬぐ)はばや

現代訳

みずみずしい若葉で、盲目の鑑真上人のお目元のしずくを
ぬぐってさしあげたい

東山魁夷の御影堂障壁画もしかり。

鑑真和上のお顔を拝する人のこころをとらえた感動が新たな芸術を生んでいったのですね。

その鑑真和上は14歳の時にみた仏像に心を動かされて出家したといわれています。

人生を変えてしまうほど心を揺さぶるものに出逢い、そのことがやがて
別の人の人生を変えることになっていく・・・

出逢いの共振は時間や空間を超えて行くのでしょう。

鑑真和上のお墓へと続く道は悠久の時を超えて今に生きる苔が
とても美しかったです。
苔好きとしてはたまらなくうれしく、ついなでなでしてしまいます・・・

 

そして、

戒律をさずけるための場所、戒壇

(結構な激しい降りだったので傘を持ちながら撮るのに苦労。斜めになってしまいました。(;^ω^) それだけじゃないかもですが)

ここは、とても不思議な感覚になる場所でした。
雨に煙る様子もなんだか異次元の空間のように思えてなりません。

数々の国宝の仏像たちをはじめ、唐招提寺はすべてが国宝のような場所ですね。

久しぶりの奈良でした。

 

山で充電してきました

みなさん、こんにちは!

春分の日は満月と重なり、とてもパワフルでしたね!

いかがお過ごしでしたか?

私は春分の日に山に登りたいな~と思っていたのですが、春分の日は山に登るにはお天気が下り坂だったので急遽前日に行ってきました^^

行きは御岳山奥の院~鍋割山~大岳山の北回りコースと決めていました。

大好きな大岳山。

北回りルートをとる人はあまりいないのか、天狗の腰掛の木から奥の院、そして鍋割山から大岳山荘あたりまでは出逢う人もほとんどいなくて、静かな時間を味わえました。

  

現在は廃墟になっている笹目仙人のいらした大岳山荘から鳥居をくぐり、神社のあるあたりから空気感が変わります。
私はいつもこのあたりからなぜだか胸がキュ~~ンとして、泣きそうになるのです。

   

前回はこんなんで登りました。
背負っているのはクリスタルボウル。(笑)

  

頂上にある標識。素敵な標識に衣替えしていました^^

 → 

空気が澄んでいると、富士山もくっきりなんですけどね。
今回は暖かすぎたせいか(なんと22度!)上空は雲が多かった。

春はあけぼの・・・残念!

富士山が見えると

こんなん↓とか、      こんな感じ↓

 

 

 

 

武蔵御嶽神社の奥の院に初めて上がらせていただいたのは、15年ほど前で、私は20代(←大嘘!)(笑)だったけれど、その頃のほうがぜんぜん若いのにカラダはできてなくて、腰は痛くなるし、ぜーぜーはーはー、ふらふらになって登りました。

  

当時は奥の院に行くだけでもきつかったのに、さらにそこから大岳山までなんて考えられなかった。。。
リアルの年は関係ないな~とつくづく思います。
(やる気満々 (笑))

山ですっきりと切り替えして、今年の私を宣言してきました。

パワーチャージ完了。

皆さんはどんなふうにパワーチャージしていますか?

明日は立春

今日は節分

干支暦では一年の締めくくりでもあります。

節分=季節を分ける

毎年参加している節分の追儺式

ばらまかれる福豆をいただきに行ってきました。

いつもお世話になっている地元のお寺では

満100歳になられたお上人さまが元気に豆まきに参加されていました。
毎年お上人さまのお元気な笑顔をみることが福をいただくことになっているように思います。
(ひそかに大ファン!!)

そして明日は立春で、翌日の5日は新月ですね。

昨日はうん十年ぶりの高校の同窓会でした。

はるばると新幹線に乗って行ってきたのです。

卒業以来会っていなかった人たちとの再会。

それは高校時代を共に過ごした学友たちともそうですが、
今の私があのころの「わたし」にもう一度出逢い、訣別した思いもあれば、涙がでるほど笑った日々を思い出させてもくれました。

あのころのすべてを抱きしめて、新しい「わたし」を生きていこうと
決意した時間にもなりました。

2月の算命学予報、明日にはみなさまにお届けしたいです。

しばしお待ちくださいませ^^

背中で語る仏像~快慶展@東博~

皆さんこんにちは!

風水Lifeアドバイザ-の愛賀真琴です。

今日を外すと会期中に見ることができないので、行ってまいりましたよ、

快慶・定慶のみほとけ@東博

上野公園は色づいた銀杏の木が青い空に映えてきれいでした^^

 

昨年の運慶展は激込みだったのですが、比較的空いていてゆっくりみることができました。

みどころは、

①快慶晩年の名品、「十大弟子立像」十体揃い踏みで寺外初公開!!

しかも、お寺(京都大法恩寺)では別々に安置されている、
秘仏でご本尊の「釈迦如来坐像」とお釈迦様の十人の弟子たちの立像
を同じ空間で展示されるのは初の試み!

②運慶の弟子、定慶作の六観音を一堂公開
重要文化財に指定された唯一の!!六観音だそう

そして六観音菩薩像の光背(仏像の後ろにあるもの)が外されてい
るので、仏様の背中を間近でみられる!!というご縁をいただけま
した!

光背と仏像を別々に鑑賞できるなんて機会はまずないことなので
観音さまたちを360度、どの方向からも、しかも間近で見ることができる幸せに浸りました。

こちらは聖観音像

   

背中はなんて多弁なんでしょう!!!

是非是非会場に足を運んでね。
360度あっちからもこっちからもそのお姿を見ることが叶いますよ!

わたしは個人的には10人の僧侶の像に見入りました☆

ひとりひとりの背中が物語るものに圧倒されました。

神通第一と呼ばれる目健連(もくけんれん)の眼や血管の浮き出る腕やあばら骨、

眼は見えないけれど心の眼で見通すという天眼第一の阿那律の澄み切った佇まいや優しいお顔、肩の曲線がとても美しい!!!

多聞第一の阿難陀はとても美男だっだそうで、ほんとうに美しいお顔と
肩の落ち方に見とれてしまいました。
この方が肩が一番落ちていました。こんな肩になりたい。。。

個性溢れる10人の弟子たちとお釈迦様

何とも言えない空間になっていました。

快慶の繊細な描写はまた運慶の力強さと違ってとても惹かれます。

耳の彫り方で快慶作なのか、弟子の行快作なのか見分けることができるなんて、また違った角度で仏像をみる楽しみができました。

こちらは写真撮影は禁止なので残念ながらお写真ありません。

パンフレットから

 

是非、なまで見てくださいね^^
12月9日まで

おすすめです。

無礙自在

こんにちは。

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

5月の最終日の木曜日~金曜日と京都に行っておりました。

研修の合間に広隆寺の弥勒菩薩さまに愛に行ってきました。

数年ぶりにお逢いした弥勒菩薩さま

華奢な肩、静かな微笑み、

シンプルすぎるほどにシンプルであることが
美しいな~と思いました。

何も身に着けていないそのお姿の美しさは
身削いで身削いで身削いだ結果のように思えます。

余分なものは何一つなく、クリアな世界

圧倒的に美しかった。

私も、無駄なものを削ぎ落して、削ぎ落して、
純粋にただ子供のような無垢な心で何事があっても
ただ自在に楽しむ。

それだけ

そんなふうになりたいな。

無礙自在

京都から戻ったばかりですが、6日から北海道です。

10日までメールに返信できませんが、どうぞよろしくお願いします。