カテゴリー別アーカイブ: 算命学プチアドバイス

11月(11月7日~12月6日)辛亥月の算命学予報

 

11月の干支は辛亥

今月のキーワードは「革命」「改革」「本来の輝き」

十干の「辛」は陰の金性で「宝石」を意味します。
転じて、自らのプライドや自尊心の意味ともなります。

ここで今日は宝石のお話をしてみたいと思います。
少しの間お付き合いくださいね。

きらきら輝き、人を魅了する宝石には十干では「辛」という字が
あてられています。
辛は「つらい」とも読みます。

輝く宝石がつらい?
どうしてでしょうか?

その理由は自らの光を輝き放つ「宝石」となる過程にあります。

宝石は原石となる石を採掘する鉱山での過酷な「つらい」労働に支えられていますね。

そして、山の中からわずかに採掘された原石は、そのままでも十分に価値があるにもかかわらず、自分自身をこれでもか!というほどに削り磨く「つらい」過程を経て輝く宝石となります。

想像してみてください!

ものすごく痛い思いをして、宝石にはなれない必要ではないところを、だけどそこだって自分の身体の一部なのに、削られ削られ磨かれ磨かれていくのです。

きらきらと輝くまばゆい光を放つあこがれのダイアモンドもそんなふうに自らの身を削り、磨かれた結果なんですね。

ゆえに

辛の氣である今月は、たとえ辛いプロセスを経なければならないとしても「宝石」になろうという「自己変革」の覚悟を示しているし、自らを磨きほんとうの自分を明らかにする「改革」「革命」の意味をも持つのです

今月は「内なる自己」が顕在化するでしょう

過去を言い訳にせず、たとえその身を削らねばならない変革に「恐れ」や「不安」があっても、勇気をもって真の自分の光を示して「自分自身の喜びの世界を創造すること」に向かう「覚悟」が、運勢を稼働させてあなた自身の、そして周りの未来を大きく変えていきます。

もしかしたら、あなた自身の内なる光が放たれるとき、周囲の人にとっては、それが心地よくないものであったり、明らかにしたくないものまで明らかにされることになるやもしれません。
そこにちょっとしたせめぎ合いや闘いのようなことが起こるかもしれません。

改革の光は時として、周囲の目覚めも促すことになるからです。

ですが、今月のあなたには躊躇がないでしょう。
いえ、躊躇する必要がありません。

思う存分に遠慮することなく、あなた自身の内なる光を、宝石を!
 気品高く輝かせてくださいね^^

ただ、利己的な自身の理由からではなく、何かを守りたいというやさしさや、他者を思う気持ちがあれば、さらに精神的、人間的成長が遂げられそうです。

「辛亥」は古来から、「血の革命」を意味するほど、大きな変革を意味する時空です。
(過去に起きた「辛亥革命」はまさにこの辛亥の時でしたね)

「亥」は「核」であり、秋の終わりに植物が実となり、堅い「たね」がその実の中に出来ることを意味しています。
そしてその「たね」の中にエネルギーが凝縮され蓄積している様をも表します。
政治、社会情勢としては内外の矛盾が噴出することや、下からの突き上げで何が起きるかわからないということも言えます。(ちょっと不穏・・・・)
その名の通り、核の問題もあります。

話を個人的なところに戻しますと、

これまでどっちつかずの優柔不断な態度をとってきた人や、
あっちにもこっちにも良い顔を見せてきた人にとっては、自己矛盾や
自分の中の葛藤が頂点に達するやもしれません。
その場合は閉塞感で未来が見えなくなることもあるでしょう。

このタイミングで自分自身に嘘をつかないようにしてくださいね。

あなた自身は、ほんとうの光り輝くあなたを
ちゃんと、ちゃんと知っているのですから。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。

今日の風水講座も大好評の内に終了。
愛と縁のエリアを見直して、パートナーがすご~く優しくなった!
財のエリアを見直したら、どんどん仕事が増えた!!結果収入アップにつながった!!など

即効性がある風水を楽しく活用していただいていてうれしい限りです。
是非ご一緒に学びませんか?
コンテンポラリー風水は方位とは関係がないので、現代の住宅事情にもマッチして、しかも面白いですよ。

さて、近々のお知らせです。

11月11日(土曜日)

10時半~
キプロス&マルタ島の旅 お話会(お話会はこれが最後です)

14時~
ハウスセラピー風水講座
テーマ「すこやかであることとは」:家族と健康のエリア

11月13日(月曜日)13時~
算命学講座 位相法

11月18日(土曜日)14時半~
名古屋チベットヨーガクラス

11月18日~19日 名古屋・岐阜出張算命学個人セッション

 

10月(庚戌)10月8日~11月7日の算命学予報です 

お待たせしました。10月(庚戌)の算命学予報です。

十干の「庚」は陽の金性です。
自然界では鉄(鉄鉱石)、そこから、刀、あるいは武器というようにも解釈することができ、攻撃本能に支えられているため、
戦い、チャレンジといった意味を持ちます。

一方十二支の「戌」は万物が成熟して役目を終えるときの意ですが、
すべてが終わるということではなく、来るべき春の成長・拡大に備えて
内在するエネルギーを畜成する意も含んでいます。

今月は、戦いの星が廻っていますので、実際に何かと闘うという人
達もいらっしゃるでしょう。

折しも、政治の世界では、解散総選挙となり、すでに闘いは始まっていますね。

今月は茂りすぎて不要になった枝葉を思い切って切り落とし、
将来の成長のため、あるいは今後の変動に備えて
内在する活力・生命力をその幹や根に蓄える必要があります。

これまでの流れを継承しつつも、停滞し、惰性で進んできてしまった不要な事柄を刷新し、簡素化し、将来に向けて体制を整えることができる党はどこでしょうか?

これまでの党も新党を立ち上げた方たちもそれぞれに使命感をお持ちなのだと思いますが、せっかくの使命感や行動力を活かす為には、自分の名誉や活躍や自党の利益だけを考えるのではなく、真に国のためを思う、全体を考えるという目線が必要になります。

これは皆さんおひとりおひとり、個々のレベルにおいても同じことが言えますね。

自分の役割や使命感をもって、そこに情熱を傾けてチャレンジするには
とてもふさわしい月です!

自分のハートにある純粋な火(魂の情熱)とともに
まっしぐらに前に進むあなたを応援してくれる月です。

純粋な情熱、使命感、チャレンジ

のために、物事を整理整頓することも必要になります。
これまで手を広げすぎてしまったこと、そのために停滞していること
はありませんか?

本来の目的ではない、末節の雑事に関わりすぎているようなことがあれば、本当に自分がやらなくてはいけないことなのか、誰かにお願いすることができることなのか、はたまたやめてしまってもいい事なのか、
見極めることで、本来の目的に向かいやすくなるでしょう。

思い切って「捨てる」、という覚悟も必要ですね^^

今月は自分に正直になりやすい月でもあります。

ぜひともあなたがあなた自身と、そして目の前にいる大切な誰かと、
正直な対話をしてください!

それができるかどうかによって

今後のあなたとあなた自身との関係性
今後のあなたと他者との関係性に大きな影響を与えていくことになるでしょう。

さて、ここでひとつ風水の観点から秘訣をお教えしますね^^

思考がまとまらなかったり、物事が停滞している状態は
家やオフィスの中の配線コードの状態にも現れていることがあります。

家の中のタコ足配線状態の、ごちゃごちゃになっているコード、ありませんか?

スッキリさせてみましょう。

今ある状態がクリアになりますよ^^

純粋な情熱とともに、チャレンジするあなたを!
あなたの道をまっしぐらに進むその背中を!
自分に正直な対話をすることを!
心から応援しています!

そのために自分を知ることは大切。
自分を受け入れて、その自分を十全に活かしていく!
それこそがさらなるパワーアップの近道ですから!!!

あ、そうそう、20日は新月で、と同時に土用入りしますよ^^

 

<お知らせ>

今月14日から27日まで海外研修のため、講座や個人セッションをお休みさせていただきます。

10月はすでに空きがありませんので、11月のご予約は今月12日までにお願いします。

「自分を知る」ために、是非算命学を活用してくださいね^^

日馬富士関優勝おめでとうございます!

日馬富士関が、豪栄道関との本割と優勝決定戦の二度の土俵を制して
優勝しましたね!!

日馬富士関、おめでとうございます^^

横綱の意地と強さを見せてくれましたね。

横綱大関が休場して、日馬富士関が一人横綱として、恥ずかしい相撲を取れない、と固くなっていた前半は気持ちが空回りしているかのように
あっけなく負けていましたが、最後は気迫がすごかったですね。
俄然顔つきも取り口も変わりました!

実は日馬富士関は申酉天中殺の方で今年は天中殺中。
しかもこの秋場所は月の天中殺でもあるので年と月のダブルの天中殺。

前半の取り組みではその天中殺現象がでて、頭で考えすぎてうまくかみあっていないような状態でした。

天中殺は心を無にできさえすれば、ちゃんと実力を発揮できるのです。

おれがおれが、となってしまったり、
欲にとらわれたり
うまくやろうとしたり・・・
優勝しなければ!と変に気合が入ったり

そういう状態だと、思わぬ落とし穴にひっかかるのです。

けれど、日馬富士関が4つの金星を与えて4敗になった10日目の段階では、豪栄道関に3差離されていて、優勝を意識できる数字ではなかったのが功を奏しましたね!

優勝が鼻先にぶら下がって欲が出ない人はなかなかいません。

ですが、10日目で3差もあり、優勝から遠ざかり、

「命を懸けて全身全霊で相撲を取りました」
「とにかく自然体で」

という意識になれたのが良かったですね!

そして一番一番を全身全霊で取り組み続けた結果、その諦めない姿勢に
神様がほほえみました。

そうなんです。

天中殺は自分を殺す状態、つまり、自分のためでなく、誰かのために頑張るとか、全身全霊で謙虚に、という姿勢になれると、十二分に実力を発揮できて思わぬ結果を引き寄せることになるのです。

『心を無にする』

天中殺のときの心構えですね!!

日馬富士関、おめでとうございました^^

9月(己酉月)9月7日(白露)~10月7日の算命学予報

大変遅くなりましたが、
9月(9月7日白露~10月7日)己酉月の算命学予報です。

 

十干の「己」は陰の土性で、畑や大地を指し示します。

土性の陽である「戊」は山で、私たちは山に手を合わせたり、拝んだり、そのそびえたつ豪放さや大きさに畏敬の念を感じたりしますが、

大地はつねにあたりまえのようにそこに存在している、と思いがちで、存在自体は地味であったりするのですが、すべての生命のなりたちは大地なくしてはありえませんね。ひとたび失われて、初めてその大切さに気付く、そんな存在であり、争いは領土問題から起きることが多いです。

一方十二支は「酉」

「酉」の字は、お酒を醸造する甕(かめ)の形に由来し、かめの中の麹(こうじ)の発酵するさまを表すと言われています。
つまり、「酉」には、「物事が成就する」とか、「熟す」という意味があるのです。

物事が熟す一方でその甕の内部で発酵してきた力(勢力)が爆発することも表しています。

そこには隠れた攻撃性も内在しています。

ですから

余計なもの、必要でないものを整理し、内側で熟してきた力を無視することなく、ちゃんと汲み上げて、この先の道筋を立てていく必要があります。
そうでないと、この先に大きな変革や変動が起こることも予想されます。

酉に革命の氣があるとされるゆえんですね。

世界の情勢も日本の情勢も内側に緊迫した変動の力を内在させています。

普段はただそこにあり、命を育んでくれている大地や畑は
私たちの生活でいえば家庭や地域や国、もっと大きな存在では地球のようなものです。

今月は様々なレベルで争いやもめごとが起きるのを避けることが難しいようです。

これまでの間、育ててきたもの、大切にしてきたもの、
守るべき自分の尊厳や家族や家庭、あるいはもっと大きな範囲になれば国のために戦うことになるやもしれません。

ただ、不必要な戦いに巻き込まれる必要はありません。
自分が出ていくべきところなのか、そうでないのか、
見極める必要がありそうです。

私たちの内側の世界が外側に反映されているとうことは良く言われることですね。

外側の情勢も気になるところですが、私たちの内側の世界に目を転じてみれば

戦うということはちゃんと向き合うということでもあります。

見て見ぬ振りや知らん顔を決め込むことはできません。

真に戦う必要がある時にはちゃんと戦う覚悟をもたないと、
つまり、相対する、向き合う必要がある時には、ちゃんとちゃんと向き合う覚悟を持たないと真の合意や、真の関係性は得られませんね。

一方的に我慢することになったり、
大切なモノを守れないばかりか、何か別のもの(別の力)に大切なモノを明け渡してしまうことになりかねません。

そこで必要になるのは「観る」ということです。

「観察」すること。

心の眼を開いて、状況を観察することが必要です。

私たちは渦中にあるとき、なかなか状況を客観的にみることができません。

でも観察して、気づくだけでそこから自由になれます!!

どうぞ自分の内側に仲間外れを作らないでくださいね!

外側に起こっていることだけに囚われることなく、
外側の関係性だけに振り回されたり、あるいは心をくだいたりするのではなく、
外側の損か得かだけで判断するのではなく、

何があっても変わらないあなたの素晴らしい尊厳がそこにあり、
 愛する人たちがいて、愛する大地があることに気づいていてください。

「酉」は「猶(ゆったりすること)」にも通じていますから、
ゆったりと、気負いを捨てて、今年前半のこれまでのあなたに
ぜひとも
「良く頑張ったね!!」といってあげてください。

酉月が一つのサイクルが終わり、新しいサイクルの始まりをも表しているように、あなたの新しいステージがすでに始まっています。

みなさんが自分の内側の仲間たちとも外側の仲間たちとも助け合って、
協力し合って進んでいけるように心から願っています。

私もそうありたいと思います。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。

お知らせ色々

◆ハウスセラピー風水講座 第2回 残席1名様
 9月13日(水曜日)10時半~12時15分

テーマ: バグアマップの懇切丁寧な使い方&
自己評価を上げるエリアの調整の仕方について

持ち物: ご自宅の間取り図(手書きでかまいません)
受講料: 4000円(単発参加は4500円、復習は3000円)

自分が自分をどう思っているか、評価しているかはすご~~く!!
大切な要素です!!
このエリアがうまく機能していないと、財のエリアや名誉のエリアや
キャリア(仕事)のエリアをどのように頑張ってみても、、、
出世したい、財運を上げたい、仕事がうまく行くように、、
と思っても、自分が自分にダメ出しをしているのだから
結局は期待したようにはならないのです。
あなたがあなたにだめだしをしているようなことが家のなかで
起こっている!!かもしれませんよ。
なぜなら、家は今のあなたを映し出す鏡のようなものだからです。
 風水!!あなどるなかれです^^

◆テーマ別算命学講座いろいろ

◆『人体図(陽占)を学ぶ』 全6回シリーズ  
このシリーズを終了すると、人体図の基礎から応用までを
学ぶことができるので、人体図のみではありますが、
かなり本格的な占いができます。
性格判断、個性、感情(心)の起こり、人生におけるゴール
などを読み取っていくことができます。
十大主星の表と裏については過去に開催がありませんので
初めての開催になります。

第1回 8月25日(金曜日)10時半~12時半
十大主星の表と裏 その1
第2回以降
十大主星の表と裏 その2 9月13日(水曜日)13時半~15時半
十二大従星と有意識・無意識 その1
十二大従星と有意識・無意識 その2
純と濁、 陰と陽
循環法

◆『天中殺を自分のものにする』全5回シリーズ
天中殺クラスでは、誰にでも平等にめぐってくる天中殺の
過ごし方や、気を付けるべきこと、上手に付き合う方法、
また宿命に天中殺がある場合の特徴について、基礎から高次元
までの天中殺の考えをしっかりと身に着けることができます。
天中殺が巡ってくるのが楽しみになりますよ^^
天中殺についての考えが180度変わるかもしれません!!

第1回 9月8日(金曜日)10時半~12時半
天中殺の仕組みと成り立ち・意味

第2回目以降のテーマ
宿命天中殺について その1
宿命天中殺について その2
後天運で巡る天中殺 その1
後天運で巡る天中殺 その2

◆『守護神法」クラス 全8回
守護神は自分自身を活かしてくれるものです。
宿命通りの生き方をさせてくれるもの、すなわち、
宿命の中で最も大事なものととらえていいでしょう。
その守護神がなんであるか、誰であるか、を知らずして
宿命も運命も語ることができません。
五行諸類考の知識がある方は、守護神がわかることによって
ラッキーカラーやラッキーフードなど、多種多様に応用できます

①9月22日(金曜日)10時半~12時半
2回目以降の日程は開講になった時点で参加者と決めていきます。

人体図シリーズと天中殺シリーズに関しては初心者~上級者まで、どなたにでもご参加いただけます。
また以前に真琴の算命学で同じテーマの履修がある方は復習としてご参加いただけます
守護神法シリーズに関しては陰占の基本が終了している方を対象とします。

◆算命学出張個人セッション

9月16日(土曜日)名古屋にて
若干ですが、午前のみ空きがあります
お問い合わせくださいね^^

 9月19日(火曜日)
関西方面の方、個人セッション可能です。
お問い合わせください。

 

 

 

 

8月(戊申月)8月7日(立秋)~9月6日の算命学予報

みなさん、こんにちは。

明日は立秋ですね^^
昼間はまだまだほんとうに暑い!ですが、朝晩の風にすこ~しずつ変化を感じます。

申月は秋(金氣)の始まりの時

春の生氣に対して、秋の殺氣を象徴しています。

申月の特徴は、秋は万物が実る、実りの秋(万物結実)=成就を象徴するのですが、同時に草木が枯れ始める季節だということにあります。

表面にはそれほど陰の氣は現れていませんが、内部には陰氣が充実しているのです。 本格的に陰の氣が出始めます。

秋は万物を粛殺することをその本性としているのですね。

茂りきった枝葉は切り落とすという剪定が必要なように、
古くなったもの、考え、構造が剥がれ、新しいものへと再誕生していくとき。

これまで過ごしてきたものからの角度変えとでもいうのでしょうか。
再誕生、再構築、新しい目覚めといったものを促されるのです。

実はもうそれはすでに今年、始まってはいたのです。が、
今月はっきりと行動に移す方も多い事でしょう。

何かを手放し、チャレンジしていくことを選択される方、
心から応援しています。

8月8日はライオンズゲートが開くときといわれていますね。
今年は満月と重なります。
また22日の新月は皆既日食にもあたります。

よりパワフルな動きを伴うでしょう。

新しく誕生してこようとするものには悦びがあるのに、ひょっとすると、剪定作業=古いものを壊す、剥がす、ということに抵抗が出てきてしまう場合もあるでしょう。

安定や安心を手放すことに躊躇することがあっても、
新しいあなたの誕生をどうぞよろこんでくださいね。

どっしりと構え、焦らないで、しかし、動くべき時!には
その時期を捉え、積極的に挑戦してくださいね。

ですが、何事も無理は禁物です。

内なる情熱の火は、あなたの奥深くにあります。

あなた自身を生きようとする意志が魂の情熱の火を立ち上げ、
旅立ちをサポートしてくれます。

今年前半苦難を体験された方もいらしたでしょう。
個々の様々な体験から学び、成長してこられたみなさんは
自分が置かれた環境の中で周囲の信頼を勝ち得て中心的存在となっていきます。

辛い事や苦しいことも自分を成長させてくれるものになったことに気が付いていくことでしょう。

が、自分のことだけ考えていたり、
損得だけで動いたり、
周りを自分の思い通りに動かそうとすれば、 人は離れていきますよ。

今月はちょっとひとりよがりになりやすいところがあるので、自己中心的にならないように注意して、大胆に刷新するべきところはして、さらに高い目標に向かって進んでいきましょう。

申酉天中殺の方々は年の天中殺と月の天中殺が重なります。

起きることに一喜一憂することなく、できるだけ平常心で
自分のためというよりは周りのひとたちのためにできることを
心がけていただくといいと思います。

申酉天中殺の安倍総理も正念場ですね^^