カテゴリー別アーカイブ: 算命学プチアドバイス

3月(癸卯月)の算命学予報

中国の天門山!もはやホラー…。恐怖と絶景を同時に楽しめる橋 (1)

今月は「癸卯」の月ですね。
十干の癸は陰の水性。
自然界では、雨、霧、川として表されます。

一方、十二支の「卯」は陰の木性。
「卯」について
「史記」には「卯は茂なり。万物茂るなり」とありますし、
「説文」には「万物地を冒して出づ。ひらく」とあります。

また文字としての卯は、
開門の形であることから『春門』あるいは『天門』ともいわれます。

『天の門が開いて万物が成長して生い茂るように新しい可能性に向かう時』だと教えてくれています。

また春分をもって一年のスタートとするという見方もありますように、
様々な意味において今月は新たな道、可能性、への始まりの時だと言えるでしょう。

始まりには常に終わりを伴います。
はじまりでありおわり、おわりでありはじまり。

今月のテーマは『破壊』

のっけから爆弾がおちてきたように思いましたか?

破壊というと、え~~!!嫌だな~と思われる方が大半でしょう。

破壊、やった!うれしい!というふうに思われた方は今、現実に破壊してしまいたいものをお持ちの方か、いわゆるМの部類に入る方々でしょうか(笑)

冗談はさておき、

破壊なんです。

破壊を説明するときに、私は、『空からやかんが降ってくる』という表現をすることがありますが、

ありえへん!!(なぜか関西風なイメージがぴったりくるんです)ということが起きて、これまでの自分のありようや思い込みやパターンを破壊しなければいけないようなことになるやもしれないのが今月だということです。

が、それは新しい扉を開き、新しいあなたを表現していくために起こる
ことなのです。

あなたという素晴らしい本質は何も変わりませんが、あなたが今、
心の底からこうありたい、こうなりたい、やってみたい、行ってみたい、、、、、と感じていること、思っていることのために
これまでと違ったことも取り入れたり、これまでは有りえないと思っていたような異質の人たちや物事に取り組んだりというチャレンジ=破壊なのですから。

異質の取り組み
やったことがないことへのチャレンジ
これまでの自分では考えられないようなことをする

ことにおいての破壊

中国の天門山!もはやホラー…。恐怖と絶景を同時に楽しめる橋 (9) 中国の天門山!もはやホラー…。恐怖と絶景を同時に楽しめる橋 (6)

(中国の天門山。怖い!!)

もしも、やりたいことも、なりたい自分も、行きたいところも、
そんなの、なんにもない!とおもっていらっしゃるあなたも大丈夫です。

いままでの自分の人生の中で

いつもこういうパターンで失敗したな~とか
こういう場面で常にしり込みしてしまって後悔したな~とか
言いたいことを言えなくてあとでいえばよかったと思うな~とか・・ね

そういうなかなかやめられなかったこれまでに自分の癖やパターンのようなものをやめるだけ!!でも新しい扉は開きますよ。
日常のことでいいんです。

何かを捨てたり、終わりにしたりするだけで、
特に新しいことをしなくても、ね
新しいことはやってくるんです。

私たちのカラダは、息を吐ききったら、必ず、自然に!新しい息が入ってくるようにできています。

それと同じ。

無理やりに新しい自分になろうなどと気負う必要もありませんよ。
そこは誤解しないでくださいね^^

また、この「破壊」にはもちろん個人差がありますからね、
すでにこの2月あたりからすでに破壊を楽しんでいらっしゃる方にとっては最後の仕上げといったようなものになるかもしれません。

が、これまで逃げて逃げて逃げてきた人たちにとっては、
けっこうきついと感じるような「破壊」になるやもしれません。

でもね、その破壊をくぐり抜けた先には新しい扉があるのですから、
どのような状況に今、あなたがいても、どうぞ楽しんでほしいと思うのです。

実は「卯」にはいきずまる、という意味もあり、そのままにしておくと
取り返しのつかない状態になることを顕してもいるのです。

せっかく天の門が開いているのですから、

たとえ

多少嫌だな~と思うようなことがあっても、
息詰まることがあっても、
紆余曲折があっても、
困難だと感じることがあっても、

これまでとは全く違ったやり方を試してみるのも良いでしょう。
今まで手を付けたことがなかった問題に取り組むのも良いでしょう。
歩いたことがない道を歩いてみるのもいいでしょう。

それらすべてが草木が成長してやがて生い茂っていくように、
あなたの成長と新しいあなたとの出逢いに必ず導いてくれるから。

そして周囲の人たちや仲間たちと助け合うという謙虚な気持ちを忘れずに。
周りを潤すことができるような、面倒見が良い人になることも、今月の運気を安定させる鍵になりますよ。

素敵な「破壊」がありましたら、是非おしえてくださいね^^

 

壬寅月(2月4日立春~3月4日)の算命学予報

2月壬寅月(2月4日立春~3月4日)の算命学予報です。


(立春の朝日)

楽しみに待っていてくださっていた方、立春を過ぎてしまってごめんなさい!!

ではいきますね^^

壬寅は春の大河の姿です。
冬の雪解け水が大河に流れ込み、勢いよく流れようとする姿です。

今月は活発に行動し始める方々も多いと思います。

さあ、やるぞ、とか

わくわくしてきた~~!!というような流れの中にいる方もあるでしょう。

寅月は本来、それまでの冬(陰)の気から一斉に草木が芽吹く、春の木性のエネルギーですね。
ミミズやモグラといった地中の生物も陽気に誘われて地上にでてきます。
生まれでる、動き始めるといったことの象徴でもあります。

ですが、

今月の特徴は

壬寅を支えているエネルギーは
宇宙の生命の循環活動の最後の段階である「収斂」に入るところにあるということです。

どういうことかと言いますと、

「生命の本源である陰に戻っていくエネルギー」なのです。

陰(生命の本源)にもどる。

すなわち、陽の影にあって、気づかなかったけれど、それこそが本質、それこそが源であった!というような大切なことや、真の価値や役割のようなものが見えてくる、または気づくということなのです。

これまでの枠組みとか常識とか価値観とかを取り払って、
(現実にはそういうものが通用しなくなる、のだと思われますが、)
まったく新しい、これまでは考えもつかなかったような発想とか、アイデアが生まれてくる月なのです。

陽が陰に逆転しようとしているところ。

まさに、陰陽が逆転するタイミング!ともいえるでしょう。

ですから、今月の動き出しのタイミングにはこの、陰陽逆転が
起こりうるということなんですね。

社会的には、斬新なアイデアとか、新しい発想の技術や芸術が
世の中を改革、改良するようなことが出てくる可能性がありますし、
人の心を根本から変えてしまうような、あるいは大きく揺さぶるような
音楽や映画などが生まれようとしているのかもしれません。

空想とか夢とかいったものはあくまで空想や夢で現実には実現しないのだよ、ではなく、

現実の時空を超えて、空想や夢を現実の世界に表現することができるような 月なのです。

技術の世界や芸術の世界、アーティスト活動をしていらっしゃる皆さんに新しい発想が生まれそうですね。
そしてその新しい発想が形になりやすい月ですよ。

これはわたしたちひとりひとりにとっても同様です。

ひとりひとりとしては、

これまでと違ったことをしてみる、
訪れたことがないようなところに出かけてみる。などなど。。。
いや、してみるというより、したくなってしまう、きづいたらしていた!なんていうほうがより近いかもしれません。

そこに無理がないのです。

これまでの自分を頑張って変えよう!ではなく、

まったく真逆の、理屈では絶対しない、絶対選ばないようなことを
すんなり受け入れることができたり、取り入れてみたりすることができますし、それによって陰、すなわち、本質、源が出現して、
自分が見ていた世界がまったく変わってしまうようなことも起きるのではないかと思います。
夢だと思っていたことが現実になる。

個人の世界でも改良・改革が功を奏す、楽しみな月ですね。
直感もさえますよ。
ということは理屈でがんじがらめになっていた人も、今月は
それが逆転し、自分の直感やひらめきを信じることのできるタイミングでもあるでしょう。

ここで

注意がひとつあります。

この陰陽が逆転するタイミングでは、
変化する事態をどのように認識するか、が大切です。

大量の雪解け水が流れ込んでくる状態にありますので、

それは情報だったり、人だったり、物事だったり、
いろんなお誘いだったりすると思いますが、
取捨選択する自分の眼力(直感、センス、判断力)が
問われることは言うまでもありません。

近寄ってくる怪しげなものや人(笑)(いや、笑っていられなくなることもありますからね、)、うまい話、に注意をしてください。

新年早々、陰陽逆転のタイミングが訪れるなんて、
今年一年、自分の宇宙と繋がり、自分の宇宙の源との関係性を
見つめていく、、私にとってもまさにそんな年の始まりの月だと、
シンクロを感じています。

どうぞ佳き時間をお過ごしくださいね☆彡

2017年 丁酉年の算命学予報 

 

KIMG2855

2017年は丁酉の年(2017年2月4日立春~2018年2月3日)

 

きれいに輝く灯火、しかもそれは宝の灯という
とてもとても「特別」な、 みずから燃えて輝く光なのです。

私は2017年は特別な年になりうるチャンスだと考えています。

一般的な算命学の視点からみますと、

2017年は真のプライドを持つことが大切。
ちっぽけなプライドや体裁が足を引っ張ります。

自分の方が正しいとか、

自分の方がレベルが高いとか

自分の方が進んでいるとか、

そういった

“自分の方が”というものの見方や姿勢は
どうでもいい、ちっぽけなプライドにすぎません。

そういうプライドや他人より自分を良く見せたい思い(見栄)から
不必要に他人と張り合って怪しげなものやビジネスに手を出して
失敗する危険があるのが2017年です。

のっけからちょっと辛口ですが。

自分の考えに固執したり、ちっぽけな優越感を満足させることが
却って運気の上昇を邪魔してしまうのです。

目の前のモノや事柄は今の自分にほんとうに必要なものかどうか、
また、できないことではなく、できることは何かを 常に頭に置いて考えてみてくださいね。

算命学では、世間の常識や他者にとっての良き事に基準があるのではなく、それがあなたにとってどうであるかが大切だと考えています。
(自己中心ということとは意味が違います)

例えば、「結婚」はすべての人を幸せにする「もの」ではありません。
結婚で幸せになる人もいればそうでない人もいます。
結婚に向いている人もいれば向かない人もいます。
また、世間一般の結婚という形態ではない形をよしとする結婚もありますし、100組の結婚があれば、100通りの結婚のかたちがありますから、それも比べるものではないですね。

子供を持つことも同じです。
子供がいれば幸せになるとは限りませんから、
子供がいる=幸せ、子供がいない=不幸という図式は
あまりにも短絡的すぎますし、そもそもそんな図式はありません。

柔軟な考えや姿勢も、運気を味方に付ける方法ですね。

ほんとうの意味で、プライドを持つというのは

自分に自信を持つことです。
それは人と比較せず、ただただ自分自身を磨いて行くことで得られるものではないでしょうか。

自分に対する自信のなさが自己防衛としてのプライドの高さに繋がっているのなら、

これまでやってきたこと、生きてきたことにもっと自信を持ちましょう!

プライドの高い人の多くは、人に頼るのが下手ですね。

 

もし、

あなたが、

人に頼ることが苦手で(嫌いで)、

頑なに自分だけのちからで前に進もうとする傾向にあるなら

2017年はちょっとだけ人を頼ってみてください。
あなたの愛する人や信頼できる仲間と繋がってください。
そういう人がいないなら、まずは誰かと仲良くすることから
始めましょう。

これまで人の力を借りるということを良しとしてこなかったあなたには
十分に自力(底力)がついているはずです。

自分が築き上げてきたことを土台に、2017年は仲間と一緒に、
共に分かち合い、大きく育てていく年なのです。

そのためには誰に対しても必要な時には頭を下げられる謙虚さも必要ですね^^

もし、

あなたが、

これまで依存心が強く、人に頼ってきたならば、

自分のために何をしてくれるのかで相手を判断したり、
自分を助けてほしい(引き立ててほしい)といった下心は捨てて、

誰かに何かを してもらうことばかりを求めるのではなく、
まずは、自分が周りのために何ができるかを考えて、そのことを
実行してくださいね。

周囲の人たちから信頼される人であること。
安心して仕事を任せることができる人であること。

それが2017年の運気に直結しています。

一攫千金とか、見た目のかっこよさに惑わされやすく
楽して何かを得よう、手っ取り早い幸せを欲する傾向も強まるので、そういう心に乗じたサービスや商品がたくさん出回ることも考えられます。(玉石混合です)
もちろん世の中を明るく照らしてくれるような、楽に何かができたり、面倒なことが解消されるようなヒット商品が生まれる!!ということも期待できます。

灯火は使い方次第なのです。

選択する側としては、冷静な視点が必要になります。
安易にうまい話に飛びつくと大失敗や損害をこうむることもあるかもしれませんのでご注意くださいね。

安易な結婚、離婚、不倫も増えそうですがそれも要注意です。

個人的には、
地道な努力や日々の精進や誠実な態度で人の信頼を勝ち得ていくという、一見地味で面倒だとも思えるようなことができるかどうかが実は大きなカギを握っているのではないかと思うのです。
小さな幸せに感謝し、育て、仲間と分かち合い、
喜びを循環させることで 自分も周りの人達も一緒に幸せになる。

そのためにはどうしたらいいか。

人に愛され、信頼され、必要とされるあなたであるために
日々の過ごし方を考え、あなたの力を磨いていくこと。

それが2017年の幸運への道となるのだと考えています。

もうすこし細かく言えば、

信頼関係を築きたいのですから、信頼関係が崩れてしまうようなこと(嘘や隠し事など)はしないようにしましょう。

自分の思いを通したいなら、自分の権利だけを主張するのではなく、
自分がやるべき義務を果たすことも必要になりますね。

相手に何かを期待したり望む前にまず、自分が変わる努力をしたり、
先に相手が何を望んでいるのかを相手に聞いてみることも大切になってくるでしょう。

きれいな光(灯り)を象徴しますから

外面がだらしない、汚いのはもちろんNGですから、できる範囲で気を遣うことはもちろんのこと、内面の美しさ、内面の光が表に出やすい年です。
外面だけきれいに見せている人はいますが、内面だけがきれいな人というのはいないように思います。
内面を磨くということは、おのずと外面もきれいになることです。
独身・既婚・男女を問わず「内面磨き」に励みましょう!

外面も内面も美しく光っている人に、幸せと人が集まってきますよ^^

ただね、

灯台の明かりや、月や星が太陽の輝く昼間には必要とされないように、

環境とタイミングは重要です!

あなたの役目が果たせる環境を選ぶこと、

有効なタイミングを判断すること

それも、

とても大切なポイントです。

冒頭、今年が特別な、宝の光になりえると言ったのは、
炎で溶かされた宝石(金)は形をすっかり変えてしまうことがあるからです。

ひょっとしたらこれまでの価値観を180度変えてしまうことがあるかもしれないような、

これまでの自分の枠を超えて、いえ超えるというよりも
これまで、「これが自分だ」と自分が思ってきた枠組みさえもシフトさせてしまうような、

これまで繰り返してきたパターンをも一瞬にして終わらせてしまうような、(焼き尽くすみたいなね)

そして、
自分が何をしようと、何を選ぼうと、すべてをまるごと引き受けて、
目の前のどんなことも、すべてのあらゆることが大丈夫だと心底思えるような光(宝)は、実は自分自身なのだと、

溶けてかたちが変わってしまっても、
変わることのない宝は最初からそこ=ここ!!にあったのだと、
腹の底から確信できるような、

そいういう宝の年になりえるチャンスがあるということです。

でも、これは棚ぼた的にやってくるわけではないのですよ。。。

いや棚ぼた的にやってくるかもしれないけど(←どっちだよ)
ただおやつ食べて、寝て待っていればやってくるという意味ではないということです。
予想や予測をして、あるいは狙ってそうなるということではないからと
いうことです。
ピンチの後の大チャンスというような形をとることだってあるとおもうのです。

そこにはもちろん自分の意識や意志が大事なのですが、
責任と自覚も伴いますからね。

皆さんにとって、

一年が終わってみたら、真に新しいスタートを切ったという、
輝かしい宝の一年になりますよう心より祈念しております。

また私もそうなれるよう精進していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

2017年1月(辛丑)の算命学予報

fb_img_1476877565317

1月5日(小寒)~2月3日 辛丑月

冬の湿土の上の宝石

「丑」は冬の十二支ではありますが、春を目前にした冬と春の架け橋のような存在の大地です。

今月は春を忍耐強く待つ大地に包まれた「宝石(種)」(辛)のごとく、2017年の始まりを目前にして(算命学では立春からが2017年です)今まさにそれぞれに大切な「宝石」(種)を輝かせ、開かせようとしています
今月はそんなエネルギーに満ちています。

理想とか、夢とか、自身の尊厳とか、
日々そういうものを感じてみてください。

何を大切にしたいのか?

どんな風に生きていきたいのか?

どんな夢があるのか?

あなただけの道とはどのような道でしょうか?
あなたにしか歩めない、あなただけの道。

今月はそんな、自分だけのオリジナリティといったものがチャンスにつながりますよ。2017年を大きく花開かせることにもつながります。

春を待つ冬の大地の中に包まれた「宝石」(種)は、内に秘めた力強いエネルギーに満ちてはいますが、まだまだ厳しい寒さの中にあるので
温かく見守る目線も必要です。

あなただけの道がまだ定まらなくても、
理想には程遠いとがっかりするようなことがあっても、
現状が厳しい状況であったとしても、

日々あなたの、その「種」を温かく見守る目線を忘れないでくださいね。

他者と比較することはありません。

あなただけの道なんですから、マイペースで進みましょう。

感情的になってしまうようなときや、情熱がありすぎて暴走しそうなときには、冷静に客観的に、状況を判断してくださいね。

理性が勝ちすぎてジャッジしてしまったり、追い込んでしまうようなときには、そんな自分をできるだけ優しく暖かく包んであげてくださいね。
そんなこともあるさ~と。

無心で無邪気な遊び心も忘れずに。

2017年は丁酉の年。
丁酉は美しい光(灯り)です。

2017年については近いうちに年予報をいたしますが、
それぞれが美しい光(灯り)をともして生きていくと良い年です。
そのためには
あなたという光がどのような光の質を持っているのかを
知ることが大切です。

まずは自分を知らないことにはどのような光(灯り)を
ともせばあなた自身を役立てることができるのかわからないですよね。

新春の真琴の初心者向け算命学講座
「自分を知ってよりよく生きる講座」のテーマ

「自分の役割を知る」(五行と陰陽の意味するもの)です!!

1月10日(火曜日)18時~20時半
にんげんクラブ 四ツ谷 船井セミナールームにて

他の誰でもない、あなただけの道を歩む手がかりを見つけたい人も、
自分の道への確信を持ちたい人も、
既に確信をもって歩んでいる人にとっても
今までやってきたこと、これからやっていきたいことに大きなYES!!を
出せることになると思います。

ご参加の方には講座をより自分のものとして味わっていただけるようにご自身と、どなたか関わりのある方(計2名様)の
宿命資料を作成してお渡ししますので、お申込みの際には生年月日を
忘れずにお伝えくださいね。
(資料の準備の都合上、期限は1月9日までとさせていただきます)

*お申込みは直接にんげんクラブさまへお願いします。
TEL:03-3239-8271

会場でお会いできますのを楽しみにしています(^◇^)

その他の算命学講座について

◆算命学入門 戸塚有隣堂カルチャークラス  1月23日
セルフディスカバリークラス  1月24日

◆算命学初級 真琴サロン          1月25日
戸塚有隣堂カルチャークラス  1月23日

◆算命学中級 真琴サロン          1月16日
Skypeクラス            1月5日&17日

◆算命学上級 真琴サロン          1月13日

風水講座 第7弾 1月19日(木曜日)

テーマ:創造性と子供のエリア

自身の創造性をアップしたい方
クリエイティブなお仕事をされている、されたい方
子供が欲しい方
子供の健やかな成長を願う方
子供のことでお悩みの方

は、このエリアが重要なポイントとなります。(残席1名様)

人気講座のため1月から新しいクラスの募集も開始しました。

NEW!!風水講座 第1弾 1月26日(木曜日)

テーマ:財と福

財と福というと、金運というふうに短絡的に思いやすいですが、
すべての「豊かさ」に通じるエリアとなります。
2017年は心の豊かさがとても大切な一年になりますよ。

第6回までご参加されている方たちの変化が素晴らしい!!です。
住まい(環境)のありようは自身の人生と直結しています。

住まいも一緒に見直してみませんか?

お問い合わせ・お申込みは 

愛賀真琴HP aigamakoto.com/main/   から

または

info☆aigamakoto.com まで(☆を@に替えて送信してくださいね)

余談

今月の干は辛で宝石を意味します。
宝石は輝いてこそ!意味を成します。

年末に解散した元SMAP(元になっちゃった・・・)のメンバー、
中居さん、草彅さん、そして、元の元のメンバーだった森さんの
3人は辛(宝石)の質を持つ人たちです。

SMAPには宝石の質の人たちが3人もいたわけですが、
彼らの今後がそれぞれの宝石を輝かすことができる環境であるようにと
願ってやみません。

算命学的には

今後ジャニーズからはSMAPを越えるグループはでない、と予測しますが、SMAP解散はジャニーズという「母体」がこれまでのような力を持ち続けることの終焉が近いことを象徴していると思います。
きっと形が変わるのでしょうね。

 

 

あなたは都会向き?それとも田舎向き?

宿命には都会に住むのが向いている宿命もあれば
田舎に住む方が向いている宿命もあります。

都会は喧噪で、エネルギーも大きいですね。
ですので成長や進化もできますが、雑多な氣にふりまわされてしまうようなことも起きますね。
そして常に刺激的です。

宿命において、自分のプライドが常に刺激を受けている状態
の人がいます。

そういう宿命の場合は都会に暮らすと、環境においても
さらに刺激を受ける状態になり、ストレスがたまりやすいですね。

田舎暮らしまで行かなくても、大都会は避けた方がいいでしょう。

また

生まれ育った土地を離れた方がうまく行きやすい人もいれば
生まれ育った土地から離れがたい人もいます。

そういうことも宿命にちゃんと書いていあるのです。

人間の一生にはそれぞれが持って生まれたエネルギーの量というものも
あります。

エネルギーが大きい人もいれば、少ない人もいます。

そこに良し悪しはありませんが、役割が違います。

また一人の人においても、一生の中でエネルギーの強弱があります。

歳を重ねて肉体のエネルギーが少なくなってくると、
エネルギーの強い都会暮らしから田舎に引っ越したいと思うのも
都会で暮らすパワーがなくなるから、ということも原因の一つでしょう。

色々なエネルギーが雑多に入り混じる都会。
誰もが良い波動を発しているわけではないので、ちゃんと自分軸がないと、色々なエネルギーに振り回されてしまうようなこともあるわけですが、都会で暮らすということは、大きなエネルギーに触れられるまたとないチャンスにもなりえます。

若い時の都会暮らしは、宿命にもよりますが、個人的には良い経験になると思います^^

<お知らせ>

「自分を知ってよりよく生きる算命学講座」@にんげんクラブ

第2回 テーマ: 自分の役割を知る(五行と陰陽について)
          1月10日(火曜日)18時~20時半

ご参加される皆様にはご本人さまともうおひとりさまの宿命資料を作成してお渡ししますので、お申込み時にお名前と生年月日をお知らせくださいませ。

お申込みは直接にんげんクラブさままでお願いします。