カテゴリー別アーカイブ: 算命学プチアドバイス

占いに自分の人生を決められたくないと思っているあなたへ

 

時々、耳にします。

占いで大切な自分の人生を決められたくない。ということば。

私は、今でこそ、算命学~それに限らず星を読むこと~って、ほんとうに素晴らしい、生きていくうえの優秀な道具だな~と思っていますが、

若いころは、全く興味がなかったし、
むしろ、前述したように、

そんな、占いで全部わかるんだったら生きることは無意味。くらいに
思っていました。(笑)

たぶんそのころは占いというものを、当たる、とか、当たらない、という見方で捉えていたんでしょうね。

当たる当たらない、という方向に行くと、実はちょっと違ってしまいます。
そういう見方で星を捉えないことが鍵です。

これは西洋の星読みだろうと、中国の星読みだろうと、エジプトの星読みだろうと、インドの星読みだろうと同じだと思っているのですが、

占い、つまり自分の星を知るということに対して、
抵抗がある人はいらっしゃいますよね。

若いころの私がそうだったように、

占いで自分の特徴とか個性とかいったものを
あなたはこの星だからこうなんですよ~と、決めつけられるんじゃないか、という束縛感や、
やりたいことや進む道や方向性を制限されるのではないか、と感じていらっしゃるのではないでしょうか。

私がこれまでの自分の体験や、たくさんの人たちと、鑑定を通して出逢ってきてはっきりと言えることは、

私たちが持って生まれた星たちは私たちを束縛したり、制限したりするようなことはしません。

私たち自身の姿、つまり、その時の私たちの心のありようがただそこに
反映するだけなんです。

自分が持っている星たちを愛おしいと思う心
自分が持っている星たちを嫌う心
自分が持っている星たちに対して生まれる抵抗

自分=自分の持っている星たちと向き合う度に

星たちとの対話を通して
今、自分がどのようなありようであるのか、が、そこにあるだけで

それに良し悪しもないのです。

全部じぶんだから。

全部感じたことを感じたように理解すればいいんです。
それだけ。

自分の星たちと対話をするたびに

「あああ!そうだったのか~~~~!!!」という
新しい「わたし」の理解がやってきて、つど、自分と出逢える道具。

しかもかなり優秀な道具なんです。

こちら=私が自分と宇宙との対話が進んで、今までとはまた異なったものの見方ができるようになったり、成長したりすると、
私の宿命(持っている星たち)は同じなのに、星たちはライブで私に語りかけてくるので、そこに反映するわたしもライブで変化するんです!!

もちろん実際にも毎日、というか瞬間瞬間にも、星そのものは移動しているんですけれどね。

だからね、持っている星は完璧に決まっているんだけど、それは変えられないんだけど
わたしたちはそのことに決して縛られてはいない。
完全に自由なんですよ。

自分の人生を歩いていくのは自分しかいないし、決めるのはわたし!だから。

星を読めるようになるって、楽しいよ^^

自分を知る道具として、どなたも!自分に合った、相性の合う星読みを
見つけて、学んでみたらいいのにな~と思います。

私はたまたまそれが「算命学」だったということ。

もし、あなたにも「算命学」がヒットしたなら、

私たちと一緒に「算命学」を使って星との対話をしてみませんか?

入門から鑑定レベルまで、各種の講座があります。

人に読んでもらう時代から自分で読む時代へ。

きょう、愛賀真琴があなたにお届けしたいこと。

星読みへのいざないでした^^

春土用期間に入りました

皆さんこんにちは!

算命学、風水、ボディワークを通じてLifeアドバイスをしています、
愛賀真琴です。

昨日の17日に土用入りしましたね。

本日愛賀真琴がお届けします、アドバイスは

『土用の過ごし方』について。

ブログではこれまで何度も何度も色々な観点から土用について考察してきましたので、
土用の話は知っているわ~と言う方もいらっしゃると思いますが、
再度見直しておいてくださいね!!

一年のサイクルで循環する4つの季節。

春、夏、秋、冬。

それぞれの季節には、その季節が得意とする=優位になる氣があります。

春は何といっても木性が優位です。
すべての生命がその命を発現する季節ですね。
樹木や草花たちが一斉に芽吹きます。

夏は太陽の力が最大になる季節ですから、
火の力(火性)が優位となる季節ですね。

秋は実りの秋。収穫の秋ですね。
夏の間に茂りきった葉は落ちはじめ、あるいは伐採され、来る冬への
準備を始めます。
秋には金の氣が優位となります。

冬は寒く凍える季節です。
水の氣が最も強くなる陰の季節ですね。

その4つの季節のそれぞれの終わりの約18日間は、
季節を次の季節へと循環させるための転換の時になります。
それが『土用』なんですね。

季節(氣)が次の季節(氣)へと移り変わるためには
土の氣が持つ両極の力を必要とします。

つまり

土の氣には、一方では1つの季節(氣)を終わらせて土に還すという死滅作用があり、またもう一方ではすべてのものをはぐくみ育てるという育成作用があるんですね。

死すべき季節を殺し、生まれるべき季節を育む。

土用の時期には強力な転換作用があるということになります

なので、この時期には

大地を洗い流すかのような雨が降ったり、
強い風がすべてを吹き飛ばすかのように吹いたり、
嵐のような状態になったり、
地震が起きたり、
川が氾濫したり、
台風がやってきたり、と
季節ごとの転換点ではそのような揺れや荒れが起きやすいのです。

私たち人間も、その自然界の一部なわけですから、当然土用の転換作用の影響を受けるわけですね。

感情的になったり、いらいらしたり、どよ~~んと落ち込んだりしやすくなります。

精神的な揺れや荒れが起こるわけです。(感情のアップダウン)

その結果

仕事でミスをしたり、
普段だったら怒ったりしないようなところで💢ムカッときて、ついつい手がでてしまう、なんてことがあったり、
普段は仲が良い相棒と喧嘩してしまったり、
出会いがしらの衝突なんていうことも起こりやすいので
交通事故や車の運転には注意が必要ですね。

感情的になってしまう、というのはもうある程度仕方ありません。
まあ、土用だもんね~~で済ますことができるくらいだったら、それでいいんです。
いちいち目くじらたてなくても。

大切なのは、ぶれない、あなたの奥にある、本当の自分をちゃんとちゃんと知っていること、そしてそれを大切にすることです!!

ただ、それまですごく我慢してきたとか、怒りを内に溜めてきたというような場合はそれが爆発したりしやすいですから、もしそうなったら
自分を見つめるチャンス!と思って、一体自分はこれまで何を我慢したり、言いたいのに言えなかったり、思いを出せなかったことがあるのだろう?と胸に手を当ててじっくり問いかけてみてください。

自分を縛っているのは実は自分だったりしますから。

自分に優しくしてくださいね。
これまでこんなことを我慢してきたんだね~。
頑張ってきたんだね~とちゃんとちゃんと自分を抱きしめて、
自分のことをわかってあげてくださいね。
だからダメなんだと責めることなく、そうだったんだね~言えなかったんだね~と認めてあげてくださいね。

そして土用の期間はなるべくリラックスできることや、自分を癒すこと、を心がけて、自然に触れるとか、温泉にいくとか、好きなことをするとかしてください。
身体も心もケアしましょう。
マッサージに行くとかもいいですよ。
お散歩したり、身体を動かすのもおすすめです。

そうしてこの期間に、スタートしてみたけれどまだしっくりいっていないこととか、もうやめてもいいけど、手放せなかった習慣など、を見直したりするにも良い時間になります。

そして新しいあなたにもチャレンジしてください。

アクセルを踏みながらも同時にブレーキを踏んでいるような感覚もあるかもしれませんが、それは転換期ですもの。

見直しと復習と新しい試みはセットです。

判断を間違えやすいということもあるので、大事な契約などは土用明けが良いですね。
どうしてもしなくてはいけないときは十二分に慎重に進めてください。

また家のおそうじや断捨離はと~~ってもおすすめです。
模様替えをして気分をあらたにする、夏物に入れ替える、
などもいいですね!!

使わなくなってしまったものを処分したり、
カーテンの色を変えてみたり、
壁にかけている絵画を変えてみたり、

そういうことが皆さんが思う以上の効果をもたらしますよ!
そして、スペースができたところには新しい風が通りますよ^^

どんな色のカーテンがいいのかわからないわ~とか、
模様替えしてみたいけれど、せっかくだから風水も取りいれて、もっと
効果を上げたい!と思われる場合は是非、ご相談くださいね!

おすすめします^^

どうしても気分がどんよりしがちな土用ですが、逆に土用をうまく使えば明けてからの行動が迅速に、しかもスムーズに進みます。

自然界が転換期ならあなた自身も転換のときなんです。

うま~く転換させてくださいね!!!
いつも応援しています^^

土用の期間にぴったり!!の

ハウスセラピー風水ワンデー講座開催のお知らせは次のブログでどうぞ

 

 

2018年1月(癸丑月)1月5日~2月3日の算命学予報

皆さん、グレゴリオ暦あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします^^

さて、私たちが使っているグレゴリオ暦は特に天体上の、あるいは
干支上のサイクルの節目とは関係がないものだということは
もう皆さんご存知ですよね。

ケルトの暦では冬至を新年としていますし、
干支上では立春が新年(算命学もそうですね)
それから旧暦の新年もありますし(旧正月=春節)
春分の日を新年としている場合もあります。

それでも1月1日という日は、
世界中でたくさんの人たちによって祝われているので、
ほんとうに清々しい氣が満ちていますね!
(集合無意識で決めていることってある意味すごいと思います)

1月は癸丑月。
干支上では2017年(丁酉年)最後の締めくくりの月になります。

さて、どのような一か月になるのか見ていきましょう。

十干の「癸」は陰の水性で、
雨、霧、雪、氷、小さな川など小さい水の意味ですね。
「癸」は揆る(はかる)でもあり、種子の内部の生命が量ることができるほどになったという様子をしめしています。

十二支の「丑」は陰の土性。水の氣を含む湿土です。

時期的にはまだ寒気、陰気が残る時で、陰気が緩むのを待って
手を挙げて仕事を始めようとする意味を示しています。
ものごとの始まり、境、転換点をも指し示すことになります。

今月は水の氣が終わると同時に春(木性)への転換点となるため
冬土用(1月17日~2月3日)が含まれる月となります。

丑月の今月は、生まれたばかりの赤ちゃんがその曲がっていた手を
初めて伸ばして物をとろうとするがごとく、

あなたの中で生まれた新たな芽は今の段階ではまだ弱弱しく感じられるかもしれません。
そしてその芽がすくすくまっすぐに伸びるというよりは、その方向性もはっきりとはせず、曲がりくねった状態にあるように感じられるかもしれません。

でもね、大丈夫です^^

今月はゆっくりと、あなたが居心地が良いと感じる空間でお茶でも飲みながら気力と体力の充電をしてほしいのです。

特に年末年始忙しかった人や、もうすぐ天中殺が明けるせっかちな
「申酉天中殺さんたち」は特に、です。

あなたが今まで学んできた知識とか、新年にあたって心の奥に芽生えている新しいアイデアとか企画、立案といったものをどのように育てていくか、

そのためにすぐ行動に移せなくてもいいので、焦らず、自分の人生の流れ先を今年だけとか、目先だけといった小さな範囲ではなく、
自分の思いだけのためでもなく、

例えば今後10年のスパンで見たとき、とか
次世代のためになにができるか、というようなレガシィを考えたりして
もう一歩も二歩も高い次元へと自分自身を養ってほしいのです。

そのためには、これまでの社会の常識とか、ありようとは違ったやり方や道を選択したりすることになるかもしれません。
やったことがないことに挑戦することになるかもしれません。
不安でいっぱいになったりするでしょう。

その時、あなたは裸んぼうで、誰一人頼ったりすることもできないかもしれません。

新しい道をどういうふうに歩いていけばいいのか教えてくれる人もいないかもしれません。

ただただ自分を信じるしかありませんが、
リラックスして、居心地の良い空間で、お茶でも飲みながら、
あなたの心を練って練って練って、
是非ともあなたの道を歩き始めてほしいと思います。

今月は調整月です。

だからね、着実に足元を固めて環境を整えることに注力してください。

土用期間(1月17日~2月3日)もありますので、

風邪、特にインフルエンザにも注意が必要ですよ。
うがいとか手洗いとか(お母さんの注意みたいですが(笑))自己管理を怠らないでくださいね。

それから道路の凍結や雪によるスリップ事故、怪我、転倒などにも注意が必要です。

整理整頓は、自分の内側だけでなく、環境に対しても効果があります!
風水も出番です!!

年末の大掃除が終わってなくても大丈夫。というより、節分まではお掃除や整理整頓に最適な時期です。
お部屋の模様替えにもいいですよ^^

2018年に向けて終わりは始まり。

終わりよければすべてよし。

大切に過ごしてくださいね(^^♪

 

◆ハウスセラピー風水講座のご案内◆

土用期間の1月18日(木曜日)と27日(土曜日)の二回
ご自宅をクリアにして活性化するための「特別風水講座」を開催します。

通常の10回で自宅のすべてのエリアを完全制覇する講座は
一月はお休みなので、土用期間ならでは!の「特別講座」

自己価値やセルフプロデュースに最も関係の深いエリアと
2018年の人間関係力アップのためのエリアのふたつを
整えて目標実現に近づきましょう!!

いずれの日程も
午後1時~4時半(休憩あり)

2017年壬子月(12月7日~1月4日)の算命学予報

壬子の月、12月7日~2018年1月4日の算命学予報です。

十干では「壬水」陽の水の氣。万物を生み出す母なる大海を意味します。

十二支では。 こちらも水氣の最も盛んなる季節です。

時間においても空間においても水の氣が旺盛なのですね。

「子」という字は「了」終わりと「一」始まりの合体です。

今月は終わりと始まりの一体となるところを象徴しているのです。

始まりがあれば終わりがある。
同様に
始まりもなければ終わりもない。

陰から陽への転換点である冬至をも含んでいます。

そのふたつをひとつにしている今月は

混沌の世界でもあります。
混沌から何が生まれいずるのでしょうか?

変化・脱皮・そして三位一体

終わりと始まりという二つの異なる世界が混じり合い、お互いがお互いを感じ合い、認め合い、ひとつになって生み出される新しい世界はどのような世界でしょうか?

新旧交代を目撃することにもなるでしょう。
古いものが壊れて新しいものへと変化していくでしょう
古い慣習が、考えが、体質が、破れ、変化し、新しい創造へと向かいます。
どのような世界を創造することになるのか、その分岐点である今月はとても重要な役割を果たすことになります。

このような時は過去を振り返り、見直すことや、再点検すること。
また、これまで学んだ知識の復習やおさらいといったことが功を奏します。

そして再転換、再配置、さらには進化・発展へと繋げていくことが大切な時となります。

水は智慧や感情、そして血液を司っています

感情的になりやすい時でもあるので、思考や感情でぐるぐるして
内在するエネルギーが腐ってしまわないように、(笑)
気を付けましょう。

自分の内なる世界も大切ですが、今月は内にばかりこもらず、積極的にカラダを動かすことがあなたをサポートしてくれます。

あなたの中のエネルギー(水・血液)が滞ってしまわないように、
十全に循環し流れる水のごとく、やりきってください!

余すことなく使い切ってください!

ポイントはちいさな自分の世界だけのことではなく、大海のような大きな視点をもって自分の周りや世界、地球で起こっている変化についても
目を向けている、気づいていると良いようですよ。

今月の予報、勉強会で籠もっていたとはいえ、大変遅くなり、いつも楽しみにしていてくださった皆様、ごめんなさいね。

実はちょっとぐるぐるしていまして、(爆)
書くことは決まっているのに、書けなくてね。

まさに思考と感情のぐるぐるのワープ。(涙)

私も毎日エネルギーを使い切って、皆さんと一緒にカラダも動かして、
新しい創造の新しい未来が、もっと広い世界を、深い世界を、大きな世界を見つめたうえでの表現となるように、こころが小さく閉じこもってしまわないようにしたいと思います。

そして2018年立春の始まりを楽しみにできるようにしたいものです。

昨日は風水コンサルのための出張をしていたのですが、
コンサルが終わった後のお宅がきらきらと光りを放ち始め、(自画自賛)、ご本人が喜んでくださったのはもちろんですが、途中でいらしたご家族の方がびっくりされるほど!!
ほんとうなんです。

実は今回伺ったお宅の前の家の時のコンサルもしてるのですが、
そのコンサルのお蔭で今の家に出逢うことができて、快適な家に引っ越しができてほんとうにうれしくて仕方ないとおっしゃっていただき、
わたしもうれしいです。

今回のコンサルの結果は、まだご本人にしていただくこともたくさんあるので、これから出てくるのですが、

嬉しい結果がすでに予測される感が満載で帰宅の途につきました。

個人コンサルはこちらがお宅にうかがってアドバイスをさせていただいたり、実際にご希望があればご一緒にモノを動かしたり、片づけたりするのですが、

自分で風水の基礎を学んで自分で色々やってみる、ということも自分の家がもっと愛おしくなるし、大切な場所として扱うことができるようになるし、さらに興味を持って自分の心と環境のつながりについて考えるきっかけになるので、講座は受けられると、ほんとうにみなさん、楽しい!とおっしゃいます。

是非一度風水の基礎、学んでみませんか?

今月は、12月23日(土)14時半~16時
今月のキーワードである、創造のエリアについてです。

子供の成長を願う方や子供が欲しい方、
クリエィティブなお仕事をされている方やそういうお仕事に携わりたいと思っていらっしゃる方、
新しく何かを始めたいと思っていらっしゃる方
創造性豊かな人生を歩みたい方
いままさに破壊と創造の中にある方

にはよりぴったりです。

基本のエネルギーの流れを読み取る方法や
どのように家と住まう人の心が繋がっているかについての基礎についても、学びます。

毎回基礎知識に加えて、テーマ別に活性化する方法をシェアしています。

どの回にも単発参加が可能です。

是非一度風水の世界観に触れてみてください!!

算命学講座のお申込み・お問い合わせ
算命学個人セッションへのお申込みも受付しております^^

12月26日(火曜日)は午前・午後の2回!チベットヨーガクラスがあります。
年内のカラダと向き合う時間はこれが最後です。

寒い季節はなかなかひとりだとカラダを動かしにくいので、
是非ご一緒に^^

11月(11月7日~12月6日)辛亥月の算命学予報

 

11月の干支は辛亥

今月のキーワードは「革命」「改革」「本来の輝き」

十干の「辛」は陰の金性で「宝石」を意味します。
転じて、自らのプライドや自尊心の意味ともなります。

ここで今日は宝石のお話をしてみたいと思います。
少しの間お付き合いくださいね。

きらきら輝き、人を魅了する宝石には十干では「辛」という字が
あてられています。
辛は「つらい」とも読みます。

輝く宝石がつらい?
どうしてでしょうか?

その理由は自らの光を輝き放つ「宝石」となる過程にあります。

宝石は原石となる石を採掘する鉱山での過酷な「つらい」労働に支えられていますね。

そして、山の中からわずかに採掘された原石は、そのままでも十分に価値があるにもかかわらず、自分自身をこれでもか!というほどに削り磨く「つらい」過程を経て輝く宝石となります。

想像してみてください!

ものすごく痛い思いをして、宝石にはなれない必要ではないところを、だけどそこだって自分の身体の一部なのに、削られ削られ磨かれ磨かれていくのです。

きらきらと輝くまばゆい光を放つあこがれのダイアモンドもそんなふうに自らの身を削り、磨かれた結果なんですね。

ゆえに

辛の氣である今月は、たとえ辛いプロセスを経なければならないとしても「宝石」になろうという「自己変革」の覚悟を示しているし、自らを磨きほんとうの自分を明らかにする「改革」「革命」の意味をも持つのです

今月は「内なる自己」が顕在化するでしょう

過去を言い訳にせず、たとえその身を削らねばならない変革に「恐れ」や「不安」があっても、勇気をもって真の自分の光を示して「自分自身の喜びの世界を創造すること」に向かう「覚悟」が、運勢を稼働させてあなた自身の、そして周りの未来を大きく変えていきます。

もしかしたら、あなた自身の内なる光が放たれるとき、周囲の人にとっては、それが心地よくないものであったり、明らかにしたくないものまで明らかにされることになるやもしれません。
そこにちょっとしたせめぎ合いや闘いのようなことが起こるかもしれません。

改革の光は時として、周囲の目覚めも促すことになるからです。

ですが、今月のあなたには躊躇がないでしょう。
いえ、躊躇する必要がありません。

思う存分に遠慮することなく、あなた自身の内なる光を、宝石を!
 気品高く輝かせてくださいね^^

ただ、利己的な自身の理由からではなく、何かを守りたいというやさしさや、他者を思う気持ちがあれば、さらに精神的、人間的成長が遂げられそうです。

「辛亥」は古来から、「血の革命」を意味するほど、大きな変革を意味する時空です。
(過去に起きた「辛亥革命」はまさにこの辛亥の時でしたね)

「亥」は「核」であり、秋の終わりに植物が実となり、堅い「たね」がその実の中に出来ることを意味しています。
そしてその「たね」の中にエネルギーが凝縮され蓄積している様をも表します。
政治、社会情勢としては内外の矛盾が噴出することや、下からの突き上げで何が起きるかわからないということも言えます。(ちょっと不穏・・・・)
その名の通り、核の問題もあります。

話を個人的なところに戻しますと、

これまでどっちつかずの優柔不断な態度をとってきた人や、
あっちにもこっちにも良い顔を見せてきた人にとっては、自己矛盾や
自分の中の葛藤が頂点に達するやもしれません。
その場合は閉塞感で未来が見えなくなることもあるでしょう。

このタイミングで自分自身に嘘をつかないようにしてくださいね。

あなた自身は、ほんとうの光り輝くあなたを
ちゃんと、ちゃんと知っているのですから。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。

今日の風水講座も大好評の内に終了。
愛と縁のエリアを見直して、パートナーがすご~く優しくなった!
財のエリアを見直したら、どんどん仕事が増えた!!結果収入アップにつながった!!など

即効性がある風水を楽しく活用していただいていてうれしい限りです。
是非ご一緒に学びませんか?
コンテンポラリー風水は方位とは関係がないので、現代の住宅事情にもマッチして、しかも面白いですよ。

さて、近々のお知らせです。

11月11日(土曜日)

10時半~
キプロス&マルタ島の旅 お話会(お話会はこれが最後です)

14時~
ハウスセラピー風水講座
テーマ「すこやかであることとは」:家族と健康のエリア

11月13日(月曜日)13時~
算命学講座 位相法

11月18日(土曜日)14時半~
名古屋チベットヨーガクラス

11月18日~19日 名古屋・岐阜出張算命学個人セッション