明日から大阪へ

明日18日から大阪です。

あるワークショップに参加してまいります。

21日の深夜に帰宅の予定ですので、それまでメールの返信等、滞るかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

きっと関西も暑いでしょうね~~。。。

湿度が苦手です。わたし。

皆さんもどうぞお身体ご自愛くださいね!!

それでは元気に行ってきます^^

親・兄弟・配偶者・子供など家族全員の算命学セッションをおすすめしている理由

こんにちは、愛賀真琴です。

算命学の個人セッションを受けてくださる方々に是非おすすめしたいのは、

家族全員を一緒にみることです!!

家族となると、まず親、兄弟姉妹、そしてご結婚されていれば配偶者、お子様・・ですね。

既婚の方であれば、ご自分だけでなく、配偶者やお子様も一緒に
未婚の方であれば、両親や兄弟姉妹もともに。

自分を知るということのためには、関わりの深い方たちを一緒に見ることがやはりすごく大切だな~と思うからです。

より深く、自分の腑に落ちることとなります。

今回、セッションにお越しくださった方が絶縁状態になっているご家族のことも一緒にセッションをすることを選択されました。

以下はセッション終了後にいただきましたご感想です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。

真琴さま

昨日はありがとうございました。

ひどい家庭環境でつらかった!
わたしは被害者だ!と思っていた過去があり、

えっ、わたし、散々文句言ってたけど、実は自分で両親を選んだんじゃーん(笑) という心境になってきたときに、

なんというか、ドラマの全体像が知りたくなって、〇〇〇さんがオススメしていた真琴さんのセッションを受けたくなり、今回のご縁をいただきました。

とーーっても腑に落ちて、帰りの電車できょとりとしてしまいました。

目から鱗、でした。

ただいま、録音を繰り返し聴き入っています。

腑に落ちすぎて、まだ整理がつきません。

本当にありがとうございました。

霧が晴れていく感覚です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

それまで、どうして?
何故わたしだけ?といったような想いを抱いていた方であればなおさらのこと、
この、「霧が晴れていく」という感覚をもっていただけることは
セラピスト冥利につきます。

とてもうれしい体験談でした。

算命学の視点からみる家族と自分との関係によって

ああ、全部ドラマだったんだな~とそのドラマを外側から客観的にみることができるようになります。渦の中にいるときは被害者だったり、傷ついた気持ちから相手をゆるせなかったりしますし、
相手と疎遠である状態にした自分に実は罪悪感があったりします。

自分も赦されていいし、相手も赦されていい。

家族の関係性を、その中の自分の立ち位置をありのままに、ああ、そういうことだったのね、とわかる、知るということがどれほど自分に本来のエネルギーを取り戻すことになるのか!!!

削がれていたエネルギーを自分のほんとうにやるべきことややりたいことに注げるということがどんなに素晴らしい事か!!

特に
人間関係やご家族とのことで辛い日々を送っていらっしゃる方
家族の中で自分だけ違うと感じていらっしゃる方
親や兄弟姉妹とうまく行かないことに悩んでいる方

にはぜひとも、受けていただきたい自分と家族全員をみるセッションです。

 

算命学個人レッスンしています^^

毎日暑い!ですね。

九州大分では大雨の被害が甚大でしたね。
関東ではから梅雨で水不足が心配されています。
局地的なゲリラ豪雨、北海道でも大雨が。

自然界のことは人間の手ではどうすることもできませんが、
自分には関係がない、と思うのではなく、日ごろから備えあれば憂いなしといいます。

何が起こっても心の準備だけでもしておきたいものです。

さて、愛賀真琴の算命学講座ですが、
グループでのクラスだけでなく、個人レッスンもしています。

現在のお仕事をさらに充実させたり、算命学という体系的な理論のあるものを使うことで、よりお仕事の内容に確実性を増すことができるという点で喜んでいただいております。

算命学の視点を得ることでクライアントさまに対してさらにお役に立つことができます。

ご自分の仕事に合わせて必要な部分のみを学ぶということもできますし、
算命学のプロになるわけではなくても、算命学の視点を使うことでさらにお仕事内容をレベルアップするために基礎的な部分のみを学ぶということもできます。

短期集中型や、ある部分だけ、といったように様々なニーズに合わせてスケジュールを組むことができますので
是非ご興味のある方はお問い合わせくださいませ。

7月(丁未月)の算命学予報でました(^^♪

丁未月 7月7日(小暑)~8月6日の算命学予報

今月は土氣の夏(未月)の灯火。

丁火の年の丁火の月
例年にも増して蒸し暑い7月になりそうです。

また7月19日から8月6日まで夏の土用にもなりますから
季節の転換点
特に年に4回ある土用のうち、この夏から秋への転換点である夏土用が一番厳しいのです。
火氣で強められた最強の土氣であり、
季節としては火氣から金氣への転換は相剋になりますからね。
(4回の内唯一の相剋です。そして裏鬼門にあたります)

いわゆる「暑気あたり」、熱中症や、夏バテ、
症状としては食欲不振や疲労感、不眠、頭痛などに今年は特に注意が必要です。

水分の補給を心がけてくださいね!!
腎氣(水氣)にとってダブルパンチの今月です。

土用の丑の日の鰻は皆さんご存知のところですが、うなぎでなくても「う」のつくものを食べることをおすすめします。

うなぎ、うどん、梅干し、牛肉、そうめん、、など^^

ちなみに土用の丑の日は 7月25日(水曜日)と8月6日(日曜日)の2回ありますよ^^

水氣にとってダブルパンチの月。
水といえば、、

7月に入るとすぐに九州や島根では大雨が降り続き、土砂災害も出ていますね。

極端に水が多くなる(大雨や台風)地域と逆に水不足の地域がでて
バランスが崩れそうです。

ご注意くださいね。

また火の氣の象徴である、火災、交通事故、テロ、などにも注意が必要です。
突発的になりやすいです。

未という字は茂りきった枝葉の象徴です。
陽から陰への転換点でもあります。(裏鬼門へと向かう月)

一見チャンスに見えて、飛びつくと実は中身のないものだったり、
一見ピンチ!のように思えるものが実は大チャンスだったり、といったことが混在しています。(2017年がそもそもそういう傾向にあるのですが)

茂った枝葉(一見派手で目を引き、素晴らしく見えるもの)に隠れた物事の本質を見抜く冷静な眼が必要になります。

枝葉を切り落として色々なものに対して風通しを良くしておくことも大切ですね^^

モノを持ちすぎていると、
物事にこだわりすぎていると、
欲が深くなっていると・・・

真実が見えにくくなってしまいます。

ココロもカラダも風通しの良い状態に。
もちろん風水の観点からも、環境(住まい)は
ココロやカラダに与える影響が大きいので、住まいも
風通しの良い状態、エネルギーの滞りのない状態にしておくといいですね!

表面的なことや、事象にとらわれすぎず、あなたの心の眼を信頼しましょう。

個々にとっては、今月は感性が冴えます。
特に今月は一人で!孤独に!自分の内側に入るという作業がとてもいいです。



「内観」ですね

この内観には奥底の静かな情熱が伴います。

           

静かな情熱によっておこる自分自身との深い交流

そして、

湧き上がる想い、溢れる想い、気づき、そういったものを
是非、伝えたい!というところにつなげていってほしいのです。

自分自身との深い交流は宇宙との深い交流でもあり、
他者(他の世界)との間の深い交流となります。

個々に想いや気づきは違うものです。

それを是非交流させて、

互いの間で交換をして、

エネルギーを循環してみてくださいね。

 

<お知らせ>

①好評第2弾「ハウスセラピー風水」基礎講座 始まります!

第1回 7月11日(火曜日) 10時半~12時半

 テーマ:家の中を流れるエネルギーを見る。
部屋の中のパワーの座とは?

持ち物:自宅の間取り図・筆記用具

人数 :6名様まで(残席3)

②算命学講座
◆夏限定2回シリーズ:「鑑定例題」から知る自分
7月10日、8月21日 (いずれも月曜日)
10時半~12時

◆プライベートレッスン受け付けております
現在のお仕事に役立てるための算命学講座など
 あなただけのためのカスタムメイドの算命学講座です

◆その他 通常の定期開催クラスあります

③セルフディスカバリークラス 7月25日(火曜日)
算命学講座+カラダの声を聴く

 

オラクルカードで遊ぼう&中国茶会にいらっしゃいませんか?

7月16日(日曜日) 13時半~15時半 真琴サロンにて

最高級の中国茶をいただきながら、オラクルカードで遊びませんか?

クリスタルボウルでのヒーリングもありますし、
Withdomo of the earth(WOTE)の精油も色々紹介したいと思います^^

中国茶を味わう時間は自分の内側にはいる、瞑想の時間でもあります。

今考えていることがある方
今困っていることがある方
聴いてもらいたい話しがある方
他の人たちはどんなふうに考えているのか知りたい方
愛賀真琴に会いたい方(笑)
選択の時、人生の岐路にある方

いろんなお話をシェアしてみませんか?
他の方のお話をただ聞くだけでもいいです。

そしてカードからメッセージをもらってみませんか?

気に入ったカードがありましたらお持ち帰りください。