月別アーカイブ: 2017年10月

キプロス&マルタ島の旅 お話会のお知らせ

いよいよ明日出発となりました、キプロス&マルタ島への旅

 

今回の主なる目的は、キプロスで開催される、ダスカロスの勉強会への参加です。

ダスカロスをご存じない方にちょっと説明を。

「ダスカロス」ことスティリアノス・アテシュリス師はその生涯を通じて無償で多くの人々を癒し、無条件の愛を示し続けたヒーラーであり、霊的な真理を教え続けた教師です。

名前を知られないように努めていたので、ギリシャ語で「先生」という意味の、ダスカロスと、周囲の人たちに呼ばれていたのです。

また、キリストであるジョシュア・イマヌエルが生きていた時代に最年少の弟子だったダスカロスには、生涯を通じてヨハナン ( 福音書の著者であるヨハネ ) が霊的なガイドとして連れ添っていました。
ダスカロスの教えの多くは、かつてキリストが12人の弟子に与えたものと同じ、<エソテリック・ティーチング>(秘儀的な教え)と呼ばれる内容だといわれています。

私は今、ダスカロスの教えを学んでいるので、その聖地ともいうべきキプロスに足を運び、ダスカロスのこと、その教えを学べることができる機会を得てうれしいです。

マルタ島は、当初の予定にはなかったのですが、せっかくキプロスまで行くなら!ってことで足を延ばすことにしました。

マルタ島になぜかすご~く惹かれるんです。

キプロス&マルタ、たくさん感じてきますね。

キプロス&マルタ島の旅 お話お茶会
11月11日(土曜日)13時~15時
お土産も楽しみにしてくださいね。

お申込みお待ちしています^^

10月28日(土曜日)は風水講座(愛と縁のエリア)ありますよ

皆さん、こんにちは

キプロス行きが近づいてきました。あ、もう明日です!!(笑)
14日からほぼ半月、お仕事をお休みしますので、今月は前半にぎゅーっと凝縮していて、ばたばたしております。

ようやく旅の準備ができるようになりました。

で、告知がちゃんとできていなかった、昨年好評のうちに10回を終えました、「風水講座」第2弾第3回のお知らせです!

今回のテーマは「愛と縁のエリア」初の土曜日開催です!!

平日だとご都合が合わなかった方にも来ていただけます。

個人講座に移られた方もいらっしゃって、まだ残席があります!!

あと2名様ご参加いただけますよ^^

前回のセルフイメージ、自己評価にふか~く関係する、「啓蒙と知」のエリアから、今回は愛情のエリアへと。

自分を愛することから他者と育む愛のエリアになります。

ここで培う基盤は、単純に恋愛や結婚ということだけではない、
愛する、愛されるということについての基盤です。

人は一人では生きていけないので、必ず誰かと縁を結びながら生きていきます。

だからこそ、とても大切なエリアなんですね。

特定のパートナーシップに限定されない、異性関係はもちろん、
お友達や上司、部下にいたるまで、ビジネスパートナーが欲しい方も良いご縁を得ることができるようになります。

明日から行くキプロス島は東地中海の浮かぶ島ですが、
ギリシャ神話の愛と美の女神「アフロディーテ」(ヴィーナス)誕生の地と言われています。

キプロスから帰国直後の「愛と縁がテーマ」の風水講座
きっと面白いことになる予感!!

エリアで使えるようなすてきなお土産が見つかるといいな~^^
何かゲットしてきますね。

講座の後にキプロス&マルタのお話会も続けてしますよ^^

キプロス&マルタ島のお話会

15時半~17時 参加費 2000円(お土産付)

お申込みお待ちしています!

 

奇跡はここにある

数日前、そう、それは満月の日。

とてもとてもうれしいことがあった。

それは、ドキドキしたり、わくわくしたりするようなことではないけれど、

月が満ちるように深く静かに心に沁みて、

そのあたたかさが消えない。

私のハートの中にも奥の院があるとするなら、常にそこに灯りがともっているような感じ、とでも表現したらいいのだろうか。

丁寧に、丁寧に、

今日一日を、

この瞬間を、

味わい、

起きることがなんであっても、

目的地にたどり着くことも大切かもしれないけれど、
プロセスを楽しみたい。

プロセスにこそ、醍醐味があると思えるようになった。

算命学を学んだり、風水で環境を整えたら、

良い事ばかりが起きる、ということや、
悪い事が起きない、ということではない。

起きることは起きる。

そもそもその良い事、悪い事、もほんとうにそうなのか、わからないしね。

こうなったらいいな~と思うことや、
こうあってほしいという願いさえも、

もちろん思うけど、願うけど、
ぜんぜんこだわってない。

だって自分のちっぽけな頭で考える願い以上のことが、一見良くないことのようなふりをしながらやってくることも、私は知っているから。

すべては奇跡のようなものだと、心から思う。

こうして呼吸をしていることも。

愛がとう♡

 

 

御嶽山・大岳山へ その2

さて翌日、朝6時半に大岳山に向かいました。

思ったほど冷え込みはなくて安心。

奥の院への道は木の根の多い道ですが、こちらは岩の道。

登りは2時間半ほどかかりました。もちろんボウルも一緒です。

 

こんな岩の道が続きます。

笹目仙人の修行場のあった場所でひとやすみすると、頂上まではもうすぐです。

 

頂上に着くと、美しい富士山が待っていてくれました!!

やっほー!

山の中の森たちがきらきらしていて、それはそれは歓迎してくれているように感じました。

頂上で朝ご飯です。
名物御嶽汁も^^

またまたボウルくんを鳴らして中国茶タイム

帰り道では蛇君にも遭遇!

頂上で2時間近くゆったりとしていたので、
下山するとお昼に。

御嶽神社に2日間のリトリートのご挨拶に行き、
奥の院の遥拝所から山の頂上に向かい、ボウルを鳴らしてみると、
奥の院のあの木とボウルが共振しているかのように素敵な音を聴かせてくれました。

不思議な感覚になりました。

時空を超えて奥の院の木とボウルが遊んでいるかのようでした。

御嶽山&大岳山のリトリート、
次回は希望者を募って、中国茶と瞑想とシェアリングなど楽しみながらのリトリートを計画したいな~と思っています。

 

御嶽山・大岳山へ その1

10月4日、十五夜の日に1泊の予定で御嶽山に行ってきました。

どうしても十五夜の夜をこのKan.ボウル(クリスタルボウル)とともに
山で過ごしたくて、連れて行ってしまいました。

最初は手持ちでいけるかな~と思ったのです。

これまでも鞍馬山とか、古峰山にも連れて行ってはいたので。

御嶽神社までは問題がなかったのですが、奥の院は木の根や砂利道で
一度滑ってしりもちをついたので、手持ちではクリスタルボウルが割れてしまっては大変なので、背中のリュックに結わえてみました。

こんな感じ

 
ところが、これだと両手はあくのですが、背中の大きなボウル(9インチ)を入れたバッグがゆさゆさ右に左に揺れて安定せず、かなり悪戦苦闘しながら奥の院に辿り着きました。
鎖場は両手が使えて手持ちよりは全然良かったんですけどね!!

一年ぶりの奥の院、

この木がとても好きなんです。

お湯を沸かし、持って行った中国茶をいただき、ボウルを鳴らしたり、
語り合ったり、頂上の景色を楽しみ、しばしくつろぎました。

Kan.ボウルさん、このお山に連れてきたことで
よろこんでもらえたようで、帰りの道は
良い具合に改良できて、わたしのカラダに吸い付くように
一体となってくれました。

持っていたひもが役立ち、リュックにフックでしっかりと
固定することができたのでごろんごろんすることもなく
スムーズに足を運べました。

 
ね、いい感じでしょう?

ここは天狗岩

とっても寒かったので、滝での遊びはやめて天狗岩の上で
瞑想^^

当初の予定では寝袋で寝て、さらに山を身近に感じる計画だったのですが、この日からかなり冷え込みが厳しくて、雨もふりそうだったので
急遽宿坊に泊まることにしました。

温かくて美味しいお食事とお風呂があると元気がでますね!!

夜の冷え込みが厳しかったので、お部屋ではストーブをつけたほど。

寝袋は必要なくなってせっかく持って行ったのに、、、
残念ではありましたが、宿坊に泊まることにしてよかったです。

さて、翌日は大岳山に。