カテゴリー別アーカイブ: 自分塾

2017年1月(辛丑)の算命学予報

fb_img_1476877565317

1月5日(小寒)~2月3日 辛丑月

冬の湿土の上の宝石

「丑」は冬の十二支ではありますが、春を目前にした冬と春の架け橋のような存在の大地です。

今月は春を忍耐強く待つ大地に包まれた「宝石(種)」(辛)のごとく、2017年の始まりを目前にして(算命学では立春からが2017年です)今まさにそれぞれに大切な「宝石」(種)を輝かせ、開かせようとしています
今月はそんなエネルギーに満ちています。

理想とか、夢とか、自身の尊厳とか、
日々そういうものを感じてみてください。

何を大切にしたいのか?

どんな風に生きていきたいのか?

どんな夢があるのか?

あなただけの道とはどのような道でしょうか?
あなたにしか歩めない、あなただけの道。

今月はそんな、自分だけのオリジナリティといったものがチャンスにつながりますよ。2017年を大きく花開かせることにもつながります。

春を待つ冬の大地の中に包まれた「宝石」(種)は、内に秘めた力強いエネルギーに満ちてはいますが、まだまだ厳しい寒さの中にあるので
温かく見守る目線も必要です。

あなただけの道がまだ定まらなくても、
理想には程遠いとがっかりするようなことがあっても、
現状が厳しい状況であったとしても、

日々あなたの、その「種」を温かく見守る目線を忘れないでくださいね。

他者と比較することはありません。

あなただけの道なんですから、マイペースで進みましょう。

感情的になってしまうようなときや、情熱がありすぎて暴走しそうなときには、冷静に客観的に、状況を判断してくださいね。

理性が勝ちすぎてジャッジしてしまったり、追い込んでしまうようなときには、そんな自分をできるだけ優しく暖かく包んであげてくださいね。
そんなこともあるさ~と。

無心で無邪気な遊び心も忘れずに。

2017年は丁酉の年。
丁酉は美しい光(灯り)です。

2017年については近いうちに年予報をいたしますが、
それぞれが美しい光(灯り)をともして生きていくと良い年です。
そのためには
あなたという光がどのような光の質を持っているのかを
知ることが大切です。

まずは自分を知らないことにはどのような光(灯り)を
ともせばあなた自身を役立てることができるのかわからないですよね。

新春の真琴の初心者向け算命学講座
「自分を知ってよりよく生きる講座」のテーマ

「自分の役割を知る」(五行と陰陽の意味するもの)です!!

1月10日(火曜日)18時~20時半
にんげんクラブ 四ツ谷 船井セミナールームにて

他の誰でもない、あなただけの道を歩む手がかりを見つけたい人も、
自分の道への確信を持ちたい人も、
既に確信をもって歩んでいる人にとっても
今までやってきたこと、これからやっていきたいことに大きなYES!!を
出せることになると思います。

ご参加の方には講座をより自分のものとして味わっていただけるようにご自身と、どなたか関わりのある方(計2名様)の
宿命資料を作成してお渡ししますので、お申込みの際には生年月日を
忘れずにお伝えくださいね。
(資料の準備の都合上、期限は1月9日までとさせていただきます)

*お申込みは直接にんげんクラブさまへお願いします。
TEL:03-3239-8271

会場でお会いできますのを楽しみにしています(^◇^)

その他の算命学講座について

◆算命学入門 戸塚有隣堂カルチャークラス  1月23日
セルフディスカバリークラス  1月24日

◆算命学初級 真琴サロン          1月25日
戸塚有隣堂カルチャークラス  1月23日

◆算命学中級 真琴サロン          1月16日
Skypeクラス            1月5日&17日

◆算命学上級 真琴サロン          1月13日

風水講座 第7弾 1月19日(木曜日)

テーマ:創造性と子供のエリア

自身の創造性をアップしたい方
クリエイティブなお仕事をされている、されたい方
子供が欲しい方
子供の健やかな成長を願う方
子供のことでお悩みの方

は、このエリアが重要なポイントとなります。(残席1名様)

人気講座のため1月から新しいクラスの募集も開始しました。

NEW!!風水講座 第1弾 1月26日(木曜日)

テーマ:財と福

財と福というと、金運というふうに短絡的に思いやすいですが、
すべての「豊かさ」に通じるエリアとなります。
2017年は心の豊かさがとても大切な一年になりますよ。

第6回までご参加されている方たちの変化が素晴らしい!!です。
住まい(環境)のありようは自身の人生と直結しています。

住まいも一緒に見直してみませんか?

お問い合わせ・お申込みは 

愛賀真琴HP aigamakoto.com/main/   から

または

info☆aigamakoto.com まで(☆を@に替えて送信してくださいね)

余談

今月の干は辛で宝石を意味します。
宝石は輝いてこそ!意味を成します。

年末に解散した元SMAP(元になっちゃった・・・)のメンバー、
中居さん、草彅さん、そして、元の元のメンバーだった森さんの
3人は辛(宝石)の質を持つ人たちです。

SMAPには宝石の質の人たちが3人もいたわけですが、
彼らの今後がそれぞれの宝石を輝かすことができる環境であるようにと
願ってやみません。

算命学的には

今後ジャニーズからはSMAPを越えるグループはでない、と予測しますが、SMAP解散はジャニーズという「母体」がこれまでのような力を持ち続けることの終焉が近いことを象徴していると思います。
きっと形が変わるのでしょうね。

 

 

2016年7月の 「what’s new」

月はじめには必ず月のスケジュールとともに更新している
「what’s new」

そこで書いていることはこれまですべて上書きしてきてしまっていたので、文章としては残っていませんでした。

その時その時の月の頭に書いてきた皆さんへのメッセージが、いつも
タイムリーでした、と言ってくださる方もいらっしゃるので、
残していこうと思います。

先月7月の、です。

・。・。・。・。・。・。✧・。・。・。・。・☆彡

私にとってここ一ヶ月ほどの時間は
振り返ってみると、みている景色が変わったと思える
時間になりました。
まるで向うにあった景色がこちらにあり、それを見ていた私が
向うにたっているような・・・反転?

FB_IMG_1467722691163

あちらをたてれば、こちらが立たず、という言葉がありますが、
これまでは、常に二者択一の中でどちらかを選択しなければいけない、と思ってきたし、一方を選択すれば、一方は我慢しなくてはいけない、あるいは犠牲にしなくてはいけない、辞めなければいけない、手放さなくてはいけない、という思考に立脚していたように思います。

だから常にアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような感覚があって
苦しかったりもしました。

どちらかを選択しなければならないのだとしたら、身体はひとつだしね、
私はどう生きたいのだろう?
どちらを選択したいんだろう?ってそのことをずっとずっとどこかで
いつもひっかかりながら自分の中で落としどころを見つけるというか、バランスをとってきたようにも 思います。

それは自分自身の不器用さのせいだろうかとも思っていたし、
何かを諦めるようなことになったときには、
自分にそこまで貫く勇気や志がなかったのだと思ったりもしました。

そこで、

自由という言葉が浮かぶわけですが、

わたしはずっと自由になりたかった。

自由って何だろうって思ってきた。

しがらみは時として面倒なものだけれど、
そのしがらみこそが私を育んできてくれたものであることも
間違いのない事実だったりするわけで・・・

その瞬間瞬間に選択はあるのだけれど、
それは決して何かを諦めたり、誰かを、自分を犠牲にしたりすることではないはず。

私は誰の犠牲にもなりたくないし、誰かが私の犠牲になるなんてことはもっと嫌だ。
肉体は有限だけれど、心はどこにでも自由に翼をひろげていく無限の世界。時間を超えて人は自由になれないのだろうか、そこに対立ではなく
調和をもたらせられないのだろうか・・・
ボディワーク(チベットヨーガ)と心のありようや宇宙の仕組みそのものを人間が生きることに置き換えてみていく算命学の両輪や、クンルンネイゴンに出逢って体験してきた一つ一つが、二極や分離に引っ張られることがあっても、真逆のものが出逢って全く新しいものが生み出されていくことを日常の中で教えてくれています。

この一か月、さまざまな愛のかたちを見せてもらいました。

赦しがたいものを赦していく愛
どこまでもどこまでも追いかけていく愛
しがみつく愛
求めてやまない愛
求めても求めても得ることができない愛
ただただ与えることに悦びを感じている愛
ありえない愛
ただそこにある愛
取っ組み合う愛

思いがけずこれまでの自分の思い込みを外させてもらえるようなことが
目前にやってきて、私は「私」というこれまでの器を変えざるを得なくなっていました。

でもそれは予想外に楽しくて、
そして意外にもすんなりと抵抗なくできる自分がいて、
そんな新しく生まれたわたしにびっくりしているこれまでの自分がいました。
それはパートナーについても同じです。

この人はこういう人だから、という相手への思い込みは、過去のある場面や体験の中から生まれたもので、その時は確かにそういう反応だったけれど、今もそうであるに違いないというのは、自分は日々変化する、人も日々変化するなんて、もっともらしく算命学講座で語りながら、実はちっともわかっていなかったんじゃないかと思うほどに、どうやらパートナーに対しての思い込みというのは根深いものがあるらしい。(笑)

その人を丸ごとその人として自分の人生に迎え入れるということ、
一緒に人生を歩むということは、どこかを見ないふりしたりはできないし、その人がパートナーだということは私の人生にすでにあるもので、
そのことを切り離してわたしを見てください、というのはおかしなことだ。

その時、

私たちはもともと自由だったんだと思ったのです。

最初から自由だった。

自分に制限をつけたり、こうしなければいけないと縛っていたのは
わたし自身だったこと。
それは相手や大切な人にも制限をつけたり、縛っていたことになるのだな~と。

ようやく私は私の基盤がなんたるかを確認して、その基盤の上にたっている 私はいつでも自由で、いつでもわたしそのもの。

先のことはわからないけれど、今日も、今を生きていこうと思います。

エジプト好きにはたまらないよ!

イシス&オシリス&ネフェシス

Describing Egypt

360度上も下もすみからすみまでぐるっと内部をみることができるという、噂のサイトを見てみました!!

まずはエジプトにある王家の谷のラムセス6世のお墓の内部です。

http://describingegypt.com/tours/ramessesvi/kv9_entrance_corridor_b/0/-5/80

これいいわあ!!
とても面白いです。

実際にエジプトに行ったときにこのラムセス6世のお墓に入って見たのですが、
ラムセス6世のお墓はかなりきれいに残っているものの一つで
彩色も美しく、実際に見た方は、その時の感動もよみがえるし、
見たことがない方もリアルに内部にはいっていく感覚を味わえます。

見たい壁画のところではアップにすることもできるし、天井も床も左右の壁もぐるりと360度全部みることができます。

次はイシス神殿です。

http://describingegypt.com/tours/philae/vestibule_of_nectaebo_i/0/0/120

 

私はイシス神殿はすごくすごく好きな場所なので、
これはもう宝物といってもいいくらいに何度も見てしまいました。

あの時このレリーフをずっと見てたな~とか、
ああ、ここでこんなこと感じた、とか

訪れたときの気持ちまでよみがえってきました。

レリーフもとても美しいし、
ヒエログリフに興味のある方にとっても素晴らしい教材になりますね。なにより古代エジプトについてもっと知りたくなりますよ^^

このほかにも2~3の映像があります。

この先、イシス神殿だけでなく、アビドス神殿とか他の神殿も加わってほしいな~~

全体のサイトはこちら

http://describingegypt.com/

ルイスの写真2    2012エジプト①

エジプトにて 大好きなルイスと(2012年)

ルイスのチャネリング秀逸です。
何度涙があふれたかわかりません。

またルイスに逢いたいな~~

☆ 来週以降のお知らせ ☆

◆セルフディスカバラリークラス(自分塾)
   第2期生募集の閉め切り間近!!(6月19日)

◆チベットヨーガで身体の声を聴く クラス
 6月20日、23日、28日

◆算命学講座
算命学中級クラス 6月20日

 算命学Skype初級2クラス 6月22日
 算命学入門&初級1戸塚カルチャークラス 6月27日
 セルフディスカバリークラス(自分塾第1期)6月28日

◆算命学個人セッション
   6月29&30日のみ若干空きあります。
   7月絶賛募集中!!

◆コンテンポラリー風水
       体感型お話会「風水の効果」6月29日

お問い合わせ・お申込みは 愛賀真琴HPよりお願いします。
 http://aigamakoto.com/main/

紫陽花ってどうしてこんなに可愛いのかな~~舛添氏の辞職正式決定

KIMG3557この季節の風物詩 紫陽花

梅雨のうっとうしさも、ジメジメ感も
紫陽花をみるだけで、心が洗われるような気持ちになります。

ベタですが、明月院の紫陽花を愛でに、
北鎌倉までお散歩してきました。

平日だけど、凄い人でした。

お昼ごろには入場制限するほどに。
長谷寺はなんと1時間半待ちになっていましたよ!

KIMG3529

明月院の境内はとても広くて、山も迫っているので
羅漢洞という明月院やぐらもあります。

KIMG3537

そこ、ここに紫陽花の芸術♡
KIMG3540KIMG3535

ハート型の窓

いいね^^

KIMG3545 KIMG3542

 

紫陽花は600以上も種類があるそうですが、
明月院の紫陽花はむかしながらの紫陽花(笑)

KIMG3552

どの子もその命を最大に輝かせていて、可愛いです。

誰かと比べたり、競争したり、足の引っ張り合いをしたり
いじめたり、いじめられたり・・・
そんな世界とは無縁にただただ今を生きている。
精一杯に。

自然から教わることは多いね。

お茶とお菓子をいただきながらお庭を眺めます。

KIMG3541

のんびりと静かな時間
紫陽花を愛で、誰かが誰かを思いやって、
譲り合いながら人々が笑顔で語らうひとときは
高級ホテルのスイートルームで味わう豊かさとは
質の異なる豊かさです。

お金で買える豊かさと
お金では買えない豊かさ。

お金も必要だけれど、
そのために失ったものが大きかったですね、舛添さん。

舛添氏の宿命には財の星が多いのです。
財の星が多いということと財運が強いというのとは別です。

彼の場合は、財ができるほど人格を落としやすいという特徴があるので
そこに気を付ける必要がありました。

お金が欲しいのに、あるいはお金儲けをするのに、
「いやお金のためではありません」とうそぶく。

つまりお金目当てではないですというプライドを捨てられないのです。
だから財も名誉も欲しい人なのです。
そのため財をつかむことに対して、理屈をこねます。
何が人間として正しいことなのかという判断力や人間性を財ができるほど損なっていってしまうのです。

その通りになってしまいましたね・・・残念ですね。

人間だれしもこの傾向がないわけではないですが、それが特に強くでてしまうのです。
一度財ができると、あるいは財を得ると、そのようになりやすい傾向を特に強く持っているのです。
しかもお金の使い方が下手ときていますから、
自己満足のためにお金を使う傾向にあって、まわりには理解されていなかったのではないでしょうか・・・(おそらく家族にも)

村上ファンドの村上氏、かつて世間を騒がせましたね。
彼は、舛添氏とは少しタイプが違って、お金のためなら何でもしていく、プライドもかなぐり捨ててお金を得ようとしていく人です。
ですから財ができればできるほど人格を落としやすいです。
こちらのほうが理屈をこねないぶん、より多くの財をつかみます。
(その点村上氏に比べると舛添さんは理屈をこねる分、財の量はそれほどでもありません)
村上氏は根っからの相場師ですね。

お金優先、利益最優先ですから人の恨みも買いやすい。
策士というのは必ず策に溺れる時が来ます。
そのことで財を失くすことになるのです。

そしてその財は因縁が含まれるので、子孫には伝わりません。

今夜舛添氏の辞職が正式決定しましたね。。。
辞めて済むわけでもなく、これからも人生は続くので

これからの生き方、大切ですね。

紫陽花の帽子をかぶってみました。

アジサイと知里

☆明日は10時からチベットヨーガで身体の声を聴くクラスです。

身体の水毒をきちんと排出できるようにしておきましょ^^

☆セルフディスカバリークラス(自分塾)第2期生募集の締め切りが迫っていますよ~~

本当の自分の中の想いに気づいていきませんか?

お申込みは愛賀真琴HPよりお願いします。 http://aigamakoto.com/main/

共感性が高い人へ

今日はセルフディスカバリークラス(自分塾)の日でした。

セルフディスカバリークラスは、算命学とボディワーク等を融合したクラスです。
頭と心と身体を繋げて、強くしなやかな自分軸をもって、
つねに起きていることにハートをオープンにして楽しみ、味わい、自分を知り、他者を理解していく学び舎でもあります。

第一期のクラスは来月で一年がたちます。
今第二期生を募集中ですよ。

今日はことのほか濃いシェアリングの時間となりました。

テーマはパートナーシップと共感性について。

共感性が高い人は、それゆえにヒーラーや、カウンセラーなど癒しの仕事で相手の気持ちに寄り添える能力にもなるのですが、
ついつい自分のことよりも他者のことを優先して、自分が疲弊してしまう要因にもなります。

またつねに自分の気持ちを後回しにする癖が自分の課題から目を背けることになったりもしています。

他者の問題には強いけれど、自分の問題には弱いというかね。。。

他者のお世話は得意だけれど、そこに心を向けている間、自分の問題に向き合わずに済んでいるため、無意識にそれを選択していることもありますね。

それが根深い罪悪感からきている場合もあります。

困っている人を放っておけない性分という人もいますが、
放っておく自分を赦せない場合もあります。
あるいはそういう親切な自分を評価してもらいたい、感謝されたいという気持ちが潜んでいる場合もあります。

でも勝手にやっていることだから、案外感謝はされず、そのことにがっかりもしたりね。

私がいないと・・・とか、あなたのために・・・といった考えは他者のためと言いながら、実は自分のためにしている行為なんですね。

そして自分を良い人と思っているので、始末が悪い。

報われない気持ちが加わるとさらにそれがストレスにもなってしまいます。

自分の行為や行動パターン、思い癖、反応のパターンといったもののなかにほんとうの自分の気持ちが隠れていることもありますね。

良かれと思って、相手を助けたつもりが、実は
相手の自らの成長の機会を奪っていることになっているやもしれません。
相手は結局学びを奪われたことになって、また似たようなシチュエーションや場面で今回学べなかったことに再挑戦しなければならないかもしれないのです。

もう他者に余計なエネルギーを使うのはやめる!!と宣言した人もいました。もっと自分を大切に、まず自分のするべきことをちゃんとしたいとね。

そのように意図をはっきりとさせれば、そのようになっていきますから^^

パートナーとの違い
他人なんだから違っていて当然ですね。

でもなんだか私が感じることと相手が感じることは同じはずだという
錯覚が生まれやすい相手でもありますね。

けれど、決定的に違うことを知って愕然となって、こんなはずではなかった・・・と思うより、
最初から違っているとわかっていれば、必要以上の期待はしないし、
相手への理解はおおいなる助けとなります。

全く違うものが一緒になって起きる化学変化のようなものは
思っても見なかったような新たな何かを生み出すかもしれないのですからね!!

そう思うとそれは、わくわくしませんか?

1+1=2 という 当たり前の答えではなくて

真逆の二人が融合したときどんなものが生み出されるのか・・・
それはとことんそこに向き合ってみないとわからないものでしょう?

算命学が自分を知ることの助けになり、また自分以外の他者を知る、理解することのおおいなる助けになってくれるのです。

誰かを理解しようとすることは、それは愛ですよ。

自分たちの一年の成長も感じた時間となりました。

同じワークをしているもの同士、
同じ算命学を学ぶもの同士の共通の言語が、
お互いの話により深く共感もし、またわかりあえることにもなっていました。

お互いの話に良し悪しの判断をつけずに、聞ける、また聞いてもらえる、ということはほんとうに良いですね^^

これからもこうした時間を大切にしていきたいな~と思った一日でした。

皆さんいつもありがとうございます!(^^)!