カテゴリー別アーカイブ: 算命学について

みんな愛されている

算命学という占いを生業にしておりますと、

会社がうまくいかない
仕事上の、兄弟の、姉妹の、親子の、人間関係がうまくいかない、

様々お悩みや問題があったり、
問題が勃発したり、
ご本人やご家族がご病気になったり、

人生の岐路で何を選択していくのかを迷っていらしたり、

妻として、母として、
誰かの子供として、長男として、後継ぎとして、
何代目かの〇〇として、
先生として、医者として、仕事上の誰かとして、

役割や、

他者の望みにこたえることや

他者からの評価や

相手に勝つこと

を優先してきた結果、

本当の自分のやりたいことや望みがわからなくなってしまっている。。など

ご相談は多岐にわたります。

特に昨年後半から年が明けて、まだ立春前ですが、
平成から令和の時代への変換において、

さまざまな変革が個人にも組織にも、起きているんだな~と
感じずにはいられません。

これまでずいぶんといろいろな対処をしてきたようであっても

肝心なことからは目を背けてきた、
見て見ぬふりをしてきた、
後回しにしてきた

ことは誰しも少なからずあったりするもので、

一見よくない事のように見えることを伴って変化を促されたり
するものですが、

おひとりおひとりと対峙すると、

「あ~、こんなにも宇宙から愛されているんですね!」

と思わず口をついてでてしまうことすら。

誰もが、

ほんとうに、

愛されている!!

と、そう、算命学の星たちが告げています。

一見、とても愛されているというようには思えないようなことも、
実は
とても愛されている、ということに他ならない。

そうとしか言いようがないから。

それはそのまま私自身へのメッセージでもあって、

私は占いを生業にしたいと思って算命学を学んだわけではなく、
気が付いたら、いつのまにか算命学が仕事になっていたわけですが、

それも私が宇宙から愛されていたからだな~としか思えない。

たくさんの人たちに接しながら、

そのすべての方たちがほんとうに宇宙から愛されて生まれてきて、

たとえ今目の前にどんなことが起きていたとしても

それは愛なんだって、わたしが心から思えていること。
(ご相談者さまたちにとっては、そう思えない状況も、人たちも、もちろんいらっしゃいますよ、その時はね)

それはそのまま、私もそうなんだよ、って
言ってもらってること。

この仕事を通じて出逢えた方たちのおかげで、

私は今まで生きてこれたんだな~と思います。

ほんとうにありがとうございます♡

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今日はそんなことを書きたくなりました。

     

写真は今場所の遠藤関(撮影 遠嶽理恵さん)

炎鵬関に惜敗してから、3連敗中ですが、
心から応援しています。

幕内力士の中で唯一無二といっていいくらいの
正攻法力士です。(他の力士に怒られるかな?)

(写真と本文は関係ありません)

<お知らせ>

1月24日夜~25日終日の名古屋出張個人セッションは
受付を締め切りました!満席御礼 

名古屋方面の方は来月また行きますのでお待ちくださいませ。
日程が決まりましたらお知らせしますね^^

大好評!!!ワンデー風水基礎講座 参加者募集中!!
家はあなたの人生を映し出しています。
2020年のエネルギーを整えて新たな出発を☆彡

 風水の基礎が一日でわかってすぐ実践できます。

  エネルギーの流れの見方
  パワーの座とは何か。その見つけ方
  バグアマップ(風水地図)の使い方
  9つのそれぞれのエリア別の処方
  自分の家の処方
  トイレ、バスルーム、寝室、玄関の注意点
  鏡について

2月13日(木)
3月13日(金)
いずれも10時半~17時半
料金 10000円(昼食付)

 

 

 

甲戌月(10月8日(寒露)~11月7日)の算命学予報

本日10月7日は旧暦の重陽の節句
そして明日8日からは10月が始まります。

戌亥天中殺の方々にとっては年の天中殺に加えて最後の締めくくりともいえるような年月Wの天中殺月が始まります。

ちなみに戌亥天中殺の方々、去年今年と話題になりましたね。
最近の話題では、ヤフーに身売りしたZOZOの創業者前澤友作さん、
特別背任の罪に問われた日産元CEOカルロス・ゴーンさん、
そのゴーンさんの失脚時の日産社長で先ごろご自身の報酬問題で退任された西川さん
親子の確執で話題になった大塚家具の大塚久美子社長
失言問題が次から次へと出てきた副総理で財務大臣の麻生太郎さんなど。。(天中殺についてはまた今度ゆっくりね)

さて、10月8日(寒露)~11月7日まで甲戌月の算命学予報です。
参考にしてくださいね^^

「甲戌」 進氣の木

十干   甲木   陽の木性    樹木
十二支  戌土   陽の土性    山・山岳

 

今月は、これまでの自分の軸になっていたような

考え

理解していたことやもの

方向性

新しい扉が開かれるかもしれません。

そのためには

一段大きな、広い視野でより公平に、ものごとを、そしてあなた自身を見ることが必要です。

その視点や物事を見せてくれる大きな、広い視野というものは
もしかすると過去に体験したことがないような、あるいはこれまでの
あなたの物差しや常識が覆ってしまうような出来事を伴うことになるやもしれません。

そのとき、

これまでの先入観から物事や人間関係をみることをせず、

ピュアな、そして素直な心で、やってきたことを、目の前に起こることをあるがままに見つめてみてください。

感情的になったり、情に流されると、うまくいかないこともあるでしょう。

また固定観念が強すぎたり、凝り固まった信念があると、
新しい扉が開こうとするときの抵抗が強くてきついかもしれませんね。

争いごとや闘うというようなことには向かない月なので、
自分から仕掛けてもエネルギーの無駄遣いに終わってしまいます。

「無為自然」の意識が最大の防御となり、最高の攻撃ともなるのです。

無駄な抵抗をせず(笑)、粘り強く、自分をあきらめないで進んでみてくださいね。

停滞しているように感じていた事柄があるなら
この時期空気が一新されるでしょう。

怖れや不安解消のためだけに行動を起こすのではなく、
日々できることを積み重ねていくことをお勧めします。

次のステージにむけて、内部や体制を整えることに時間を割くのもいいでしょう。

新しい扉の向こうで待っているもの、人。

そのためのリフレッシュの時間と準備の時間を
どうぞ、すこやかに過ごしてください。

いつもあなたを応援しています。

☆お知らせです☆

コンテンポラリー風水協会「ART OF SPACE ACADEMY」
のHPができました!!

師匠マーク・エインリー氏が毎年来日して開催する大人気のコンテンポラリー風水基礎講座のワンデーワークショップ!!
その講座と同様の内容の模擬講座を初心者の方を対象に開催します。

通常の半額以下で基礎を習得できるとってもお得なチャンス!!です
ぜひお見逃しなく♡

限定6名様 しかも一回限りです!
時間は第一部が2時間半、第2部が3時間半のワンデーワークです。

詳細は今週発表です^^
楽しみにお待ちくださいね!!

通常の真琴のハウスセラピー風水講座
今月は「旅と援助のエリア」にフォーカスをあてます。

10月31日(木曜日)12時から14時です^^

人生や仕事にサポートが欲しい方
新しく事業やお仕事を始めようとされている方
転機にある方
旅がお好きな方

ぜひご参加ください!

残席2名さまです^^

 

 

壬申月(8月8日(立秋)~9月7日)の算命学予報です

本日(15日)朝、Hさんという読者?の方からメールが届きました。
そこには、
「今月の新しい算命学予報が見れないんですが、私だけでしょうか?
いつも楽しみにしています。」

とありました。

が~~~ん。

今月はいろいろと諸事情がありまして、予報の準備が遅れてしまっていたのです。
するとわたしの頭の中でささやく声が・・・
メルマガを配信しているわけでもないし、勝手に書いてるものだし、今月はお休みしても別段困る人もいないしね。。と8割くらいはお休みモードだったんです。

それはあきませんわな。

楽しみにしていてくださって、予報が見られないとわざわざメールでお問合せをくださった奇特な読者の方がいるんだ!!ってことに対して

書かないわけにはいきません。

Hさん!、見られないわけじゃなく、まだアップしていなかったんです。
お問合せをありがとうございました。
ほんとうにほんとうにうれしかったです。

前置きが大変長い、8月の算命学予報です。

十干    壬   陽の水性  海・湖(おおきな水)
十二支   申   陽の金性  刀・大きな岩・鉄鉱石

 

立秋からはじまるこの月は自然界では夏から秋へのシフトの時期です。

変化の波。

この変化の波は大きくて次元を超えていくようなものになるでしょう。

人によってはこれまでの環境や人間関係の変化、
さらには自分の中の古い思考パターン、思い込みが幻想であったことに気づいてそれらを手放す、超えていく月となるでしょう。

海は本来自由な存在です。
どんなところにも世界を超えて流れていきます。

同時に

大海を意味する「壬には「任」の意味もあります。

自由には責任も伴っているのですね。
自分中心(自我心)からではなく、海のように広い心(志)をもって
事に当たれるかどうか、今自分が担っている物事を人を、責任をもって引き受けることができているかどうかということが鍵となるでしょう。

これを書いているのはちょうどお盆になるのですが、

これまで脈々と、連綿と命をつないできてくださったご先祖さまたちあればこそ!の今、ここにある私たちのいのち。
その今に対しての、感謝の気持ちと、自身の人生にたいする責任が合わさった時に、シフトの波を超えていくことができるのではないでしょうか。

海は、世界を繫いでいくことができる存在でもあります。

今月は変化の波にただ翻弄されて終わるのか、あなたが創りたい新しい海(未来)へと乗り出していけるのかの分岐点になるでしょう。

自分を信じることは大切なことですが、常に生かされている存在であることも忘れずにいてくださいね。

人も、大地もすべてを飲み込むように荒れ狂った海も、内側にとてつもないパワーを秘めながら静かに凪いでいつもと変わらぬ包み込むようなやさしい海も、そのどちらもわたしたちの象徴です。

今月のおおきな水(海)はわたしたちの感情がどれだけ揺さぶられて波立つことがあっても、変わらぬ水(海)がそこにあるようにわたしたちの奥底にある変わらぬものの存在をも示してくれています。

あなたにとってその、変わらぬ何かとは何ですか?

その変わらぬ何かを常に抱きながら、大海が世界と世界を繫ぐように
他者との関わりの中で新しいものを発見し、水がどんな硬い岩のなかにもやがては沁みとおっていくように、あなたの志す世界(未来)はきっとやがて形になっていくことでしょう。

そんな新しい未来を見つけることができる月です。

どうか、ただ変化の波に翻弄されて終わらぬように、

超えていってくださいね!!

いつもみなさんを応援しています♡

大きな水の月である今月は水難事故や海難事故、台風、洪水などに
特に注意が必要です。

海・川のレジャーはどうぞ気を付けて楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

辛未月(7月7日小暑~8月7日)の算命学予報

みなさん、こんにちは!

辛未月(7月7日小暑~8月7日)の算命学予報です。

十干   辛   陰の金性   宝石
十二支  未   陰の土性   大地 畑

辛はつらい、からいとも読み、「辛は万物の新生(辛生)に通じる」と言われ新しいものに生まれ変わるという意味を持ちます。
生まれ変わる際には痛みや辛さを伴いますものね。
また辛は破壊・殺傷・地震の意味をも持ちます。
事件や地震にも気を付けたい月です。

未は枝葉が茂ったさまを示す文字であり、
万物が成熟し、味わいが出る(結果を得る)と同時に
木性にとっては死期。
樹木の成長は止まり衰え始める状態でもあります。

今年(己亥年)の始まりとともに樹木が芽をだし、葉を広げて伸びていくように私たちは成長してきました。

私たちにはここまでの間に経験したいろいろなことがあり、成長してきたことを十分に知っています。まずはそのことを喜んでくださいね。
その結果や成長のあかしを目に見える形(成果)で手にしてもいるでしょう。
たとえ形や成果として現実には表れていなくても目に見えないこころの成長を遂げています。

そして一方で、今のままではこれ以上は行けない、という限界も味わったかもしれませんね。

今月は深く自分の内側と向き合い、新たに再生していくような時間です。

それを停滞と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
内側では新しく生まれるための準備を整えているのです。

新しい自分にはそぐわなくなってしまった価値観や環境を離れ、
新しい環境へと居場所を変える方もいらっしゃるでしょう。

ここで古いエネルギーや、古い関係性に縛られることなく、どうぞご自身が大切に思うことやモノや人と新たな関係を構築していくことに悦びを見出してくださいね。

新しい風を迎え入れられるように、こころを大きな空へ解き放ってくださいね!!

そして、もっと自由に、ぞんぶんにご自身を表現してください。

ああ、もうこんなことはやめたい、流れを変えたい!という方たちにとってはむしろ今月は変革のチャンス!!ですよ。

今まで以上に質を高めることを意識してみてください。

今月何かを始められる人は17日、25日(20日以降は土用になるのでちょっと注意が必要)がお勧めです^^

今月(未月)は夏の土用が7月20日から節明けの8月7日まで。
火の季節の中の土用なので、非常に強力な土用作用があります。

梅雨明け後は今年も暑い夏になりそうですから、熱中症や夏バテに気を付けてください。

また土用期間は

・土いじり
・引っ越し
・開店・開業
・入籍
・改築
は避けてくださいね。

どうしても土いじりしないといけないときは必ず、「ゴム手袋」を
きっちりして、直接土に触れないようにしましょう。

その他、
心もイライラしやすく、喧嘩モードになったり、言葉や態度もきつくなりがちの土用。
電車の遅延とか、交通トラブルやコミュニケーショントラブルも起こりやすいので時間の余裕をもって行動されるといいでしょう。こころにもできるだけゆとりをもってね。

みなさんにとって佳き月となりますよう全力で応援しています♡

後記:
これを書いていたら「ジャニー喜多川さん」がお亡くなりなったとのニュースが。
ひとつの時代が終わりましたね。
ジャニーズ事務所のおかかえ算命学士になりたい、とおもっていたこともありましたが、(算命学でみるとグループの組み合わせが興味深いんですよ!! 売れるグループを作るなら絶対算命学使うべし、とか
真剣に考えてましたからね~~(笑))なんだか遠い昔のことのように
思えます。
ジャニーさんの大運天中殺が終わって、ジャニーズ王国も変化しました。
このことについてはまた書きますね。
それではまた^^

 

 

 

5月己巳月(5月6日立夏~6月5日)の算命学予報

令和の時代がスタートしましたね!
令和になって最初の算命学予報です。

5月「己巳」の月
太陽が燦燦と降り注ぐ、美しい新緑の季節ですね^^

天干   己土 陰の土性 大地・畑
地支   巳火 陽の火性 太陽

今月は終わりと始まりの変化の月です。

これまで続いてきた流れが終了する。
あるいは、従来の慣習や思考、自身のライフスタイルとしてきたものが終わって、大きな変化をすることになります。

己は己(すで)に流れやこれまでの成長が止まったことを意味し、
巳も、目覚めた蛇が地上に這い出すように、新しい一歩を踏み出す意があります。

2019年の1年の流れの中の変化運の月、それに伴って動乱の月でもあります。

元号は平成から令和へと。

平成の時代が終わり、新しい令和の時代が始まり、
国も社会も大きな変化の時を過ごしています。

社会通念や常識といったものにも変化は現れていくでしょうし、
人々の価値観も変わっていくでしょう。

それによって私たちひとりひとりも、そのライフスタイルや仕事、
人間関係に影響を受けますし、変わらざるを得ないこともでてくるでしょう。

これまでの自分の価値観や固定観念に縛られ、そこにしがみつけばつくほどつらく感じることになりそうです。

ではその流れに逆らわず、流れに乗るということはどういうことでしょうか?

これからの未来を考えた時に、
5年後、10年後の自分の姿を想像したときに、
何を終わらせ、何を残し、新たに何を創造していきたいですか?

どんな可能性に自分を開いていたいと思いますか?

あなたにとって最高の可能性とはどのようなものでしょうか?

最高の可能性に開いているためには見えない部分での土台がどれだけ大きく根を張っているかが大切になります。

今月受け取るものは、これまで考えてもみなかったようなことや
むしろ、これまでとは真逆の考えやアイデア、経験したことがないようなもののなかにヒントがありそうです。

今までなら手に取ることすらなかったものの中に宝が隠れているかもしれません。

今月はぜひ、食わず嫌いをやめて、そのようなものにもあえてチャレンジしてみたり、味わってみてくださいね!!
ご自身の意外な新しい一面を発見することになったり、新しい可能性を見出すことにもつながりそうです。

そうして新しい一歩を踏み出したら、
もう離れた岸に戻ることは考えず、前に進んでください。

そう、目覚めた蛇はまた冬眠したりはしません。
すでに準備は整っているのですから、臆することなく、前へ!

変化の時は波は荒いものですし、不安定なものです。

ですから、不安定さを駄目だと思わないでくださいね。

不安定であたりまえ。くらいの気持ちで^^

自然界は厳しさと優しさの両方が常に存在しています。
つまり、
人生に試練と支援の両方はセットでもれなくついてくるものです。

いつも良いことだけを、ラッキーなことだけを享受するわけにはいかないのです。
一見試練と思えるようなことも、実はギフトだったということをみなさんも経験していらっしゃると思いますが、試練を受け入れた時、それが
最高のギフトだったということに気づくことができます。

試練も支援も、その両方を受け容れた時、
さらなる高みへと、可能性が開いていくのではないでしょうか?

起こることは起こるべくして起こるのです。

どうぞ大いに笑い、大いに泣き、あなたの根源の力を信じてくださいね!

そんな令和の幕開けの5月になる予報です。

 

<お知らせ>

5月19日~27日まで海外研修のため個人セッションなどお休みをいただいております。

5月の個人セッションの空き日(5月6日現在)

5月16日(木曜日) 13時半~、15時~、16時半~
5月17日(金曜日) 11時~、13時~、15時半~
5月30日(木曜日) 13時~、14時半~、16時~
5月31日(金曜日) 10時~、12時~ 16時~、17時半~