カテゴリー別アーカイブ: 算命学について

5月己巳月(5月6日立夏~6月5日)の算命学予報

令和の時代がスタートしましたね!
令和になって最初の算命学予報です。

5月「己巳」の月
太陽が燦燦と降り注ぐ、美しい新緑の季節ですね^^

天干   己土 陰の土性 大地・畑
地支   巳火 陽の火性 太陽

今月は終わりと始まりの変化の月です。

これまで続いてきた流れが終了する。
あるいは、従来の慣習や思考、自身のライフスタイルとしてきたものが終わって、大きな変化をすることになります。

己は己(すで)に流れやこれまでの成長が止まったことを意味し、
巳も、目覚めた蛇が地上に這い出すように、新しい一歩を踏み出す意があります。

2019年の1年の流れの中の変化運の月、それに伴って動乱の月でもあります。

元号は平成から令和へと。

平成の時代が終わり、新しい令和の時代が始まり、
国も社会も大きな変化の時を過ごしています。

社会通念や常識といったものにも変化は現れていくでしょうし、
人々の価値観も変わっていくでしょう。

それによって私たちひとりひとりも、そのライフスタイルや仕事、
人間関係に影響を受けますし、変わらざるを得ないこともでてくるでしょう。

これまでの自分の価値観や固定観念に縛られ、そこにしがみつけばつくほどつらく感じることになりそうです。

ではその流れに逆らわず、流れに乗るということはどういうことでしょうか?

これからの未来を考えた時に、
5年後、10年後の自分の姿を想像したときに、
何を終わらせ、何を残し、新たに何を創造していきたいですか?

どんな可能性に自分を開いていたいと思いますか?

あなたにとって最高の可能性とはどのようなものでしょうか?

最高の可能性に開いているためには見えない部分での土台がどれだけ大きく根を張っているかが大切になります。

今月受け取るものは、これまで考えてもみなかったようなことや
むしろ、これまでとは真逆の考えやアイデア、経験したことがないようなもののなかにヒントがありそうです。

今までなら手に取ることすらなかったものの中に宝が隠れているかもしれません。

今月はぜひ、食わず嫌いをやめて、そのようなものにもあえてチャレンジしてみたり、味わってみてくださいね!!
ご自身の意外な新しい一面を発見することになったり、新しい可能性を見出すことにもつながりそうです。

そうして新しい一歩を踏み出したら、
もう離れた岸に戻ることは考えず、前に進んでください。

そう、目覚めた蛇はまた冬眠したりはしません。
すでに準備は整っているのですから、臆することなく、前へ!

変化の時は波は荒いものですし、不安定なものです。

ですから、不安定さを駄目だと思わないでくださいね。

不安定であたりまえ。くらいの気持ちで^^

自然界は厳しさと優しさの両方が常に存在しています。
つまり、
人生に試練と支援の両方はセットでもれなくついてくるものです。

いつも良いことだけを、ラッキーなことだけを享受するわけにはいかないのです。
一見試練と思えるようなことも、実はギフトだったということをみなさんも経験していらっしゃると思いますが、試練を受け入れた時、それが
最高のギフトだったということに気づくことができます。

試練も支援も、その両方を受け容れた時、
さらなる高みへと、可能性が開いていくのではないでしょうか?

起こることは起こるべくして起こるのです。

どうぞ大いに笑い、大いに泣き、あなたの根源の力を信じてくださいね!

そんな令和の幕開けの5月になる予報です。

 

<お知らせ>

5月19日~27日まで海外研修のため個人セッションなどお休みをいただいております。

5月の個人セッションの空き日(5月6日現在)

5月16日(木曜日) 13時半~、15時~、16時半~
5月17日(金曜日) 11時~、13時~、15時半~
5月30日(木曜日) 13時~、14時半~、16時~
5月31日(金曜日) 10時~、12時~ 16時~、17時半~

 

春土用に入りましたよ

本日17日から春土用です。

春土用とは、春の土用のことです。

土用とは、いっぱんに知られている夏だけでなく、各季節ごとにあります。

春土用は例年ちょうどGWの時期に当たっています。

GWは陽気もよいのでついつい、張り切りすぎてしまう方が多いのではないかと思いますが、GW中はどこにでかけても大渋滞だったり、
乗り物も各地のイベントや観光地も混雑していますから、疲れがたまりやすく、疲れが取れにくいのが春土用の特徴でもあります。

土用は季節の終わり、自然界の調整期間ですから、私たち人間にとっても同じように、心身の調整期間にしていただけるといいですね。

特に新入社員の方たちや、新入生のみなさん、この春何かあたらしくはじめられた方たちにとっては緊張の時をすごしていらしたでしょうし、張り切ったり、頑張ったりされてきたことと思います。

ちょうど連休でもあるので

緊張をほぐし、できるだけ心身を休めるようにする、
デトックスを心がける、
ゆっくり温泉につかる、
マッサージを受ける、
生活のリズムを整えるようにする
家族でのんびり過ごす、
自然(特に山)と親しむ、

などして過ごされることをお勧めします。

また、季節もいいですし、お庭やベランダのガーデニングをしようと
予定していらっしゃる方は、素手で土に触れないよう、手袋をしっかりしてくださいね。
わたしは、アドバイスをしている側なのに、植木に水やりをするついでにと、ちょっとだけ、のつもりで手袋をしないで草取りをしてしまいまして・・・・あろうことかトゲが刺さって抜くのに1時間以上もかかってしまいました。。。トホホ。
邪気を吸った土は、素手で触らないことですね。

風水的にはお部屋の模様替えもこの時期の過ごし方としてはとっても良いです☆

模様替えの際には、ぜひ風水的な観点からのお部屋の見直しをしてみてはいかがですか?
新しい風の流れを呼び込んでみましょう!

今年は10連休!!という長いお休みですが、遊びすぎたり、夜更かししすぎたり、と生活のリズムが乱れると、自律神経が乱れ、連休明けに職場や学校に戻るのがおっくうになったり、疲労がとれず、身体が重くて。。。ということになりかねません。

気を付けてくださいね。

また旅行や帰省を考えている方々は車の事故にも気を付けてくださいね。

土用は出会いがしらの衝突など、事故にも要注意です。

車だけでなく、バイクや自転車も同様ですよ。

イライラしたりという、感情の揺れにも注意が必要です。

しなくてもいい喧嘩をしやすい時期。
自分だけでなく、相手もイライラしていますからね、言動には注意が必要です。
不用意な一言が取り返しのつかないことにならないようにしましょう。

電子機器も不具合になりやすいので、データーのバックアップはしておいてくださいね。

いよいよ平成も終わりが近づきましたね。

令和の時代の幕開けが佳きものとなりますように☆

幸せな循環~苺物語~

こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

 

週末の土曜の昨日、思いがけずとっても嬉しい贈り物が届きました!

サムベリー苺 鹿児島からです

なんてかわいらしいんでしょう!!!

箱を開けた瞬間に甘酢っぱいフレッシュな香りがふわ~っと
あたりを満たしていきます。

すっごく愛らしくて

すっごくフレッシュで

生命力にあふれてる!!

作りての方の愛情が感じられるものは心もカラダも満たされますね!

そして、これを大切な人に、っていってわたしに贈ってくれた
友人の気持ちがとてもうれしくて、うれしくて。

うれしすぎて、泣ける♡

友人はこの苺を「大切な人にあげて」、と言って苺を作られた真鍋さんからいただいたそうなんです。送料も眞鍋さんが持ってくださって。

友人が眞鍋さんからいただいた愛が私のところにやってきて、そして私はこの悦びをまた誰かに渡していく。。。
そうして巡り巡ってまた眞鍋さんはどこかのだれかから素敵な愛を受け取り、友人もまたきっと素敵な愛を受け取る。。

そんなふうに循環しあう世の中でありたいね^^

算命学も風水も、そういう願いをこめて、そんなふうに生きていく、
その土台の「ほんとうの自分に出逢う」こと、「家の中のハーモニー(調和)を奏でる」ことが、社会や他者との大きな循環になっていけばいいな~と思っています。

鹿児島県出水市の真鍋さんの苺です。

ぜひみなさんもそんな素敵な眞鍋さんの作られたサムベリー苺をご賞味くださいね^^
無農薬ですよ。

真鍋さん 連絡先 090-3414-6007
お店 鹿児島県出水市下知識町295武本13070

ハーモニー(調和)を取り入れる

こんにちは!
風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

今年は桜が開花してから花冷えの寒い日があったおかげで、
とっても長く桜を楽しめていますね!!

寒くてまたコートやダウンをひっぱりだすようなことにもなりましたが、満開の桜をながく楽しめるという、素敵なことも一方であり、
何事も一つの見方ではなく、どこにフォーカスするかで、心のありようも違ってきますね^^

今月は戊辰月で、ザ、山!という月。

月初めからあちらこちらのお山に出かけています。

栃木県の大平山~古賀志山

古賀志では奇跡の桜、孝子桜にあってきました^^

この見事な枝垂れ桜、小学校の校庭のなんと、ど真ん中にあるんです!

樹齢450年

ずっとずっと時代を超えて、地域の人たちや子供たちが大切に大切に見守り育ててきた桜。

そしてこの古木の桜も地域の人たちを見守り、大勢の子供たちの成長を慈しみ、見守ってきたんだな~。。。

そういう桜の木と人々の相互交流をとってもとっても感じました^^

これからもお互いをずっとずっと見守り続けられますように♡

行ったのが4月6日、大平山の桜はまだちょっと満開には早かったのですが、山々がほんのり桜色にそまって、それが空の色と織りなすハーモニーはほんとうに美しい!!!

この週末は人と樹木や山々の交流や、自然の調和が心に沁みていく時間になりました。

家の中にもハーモニー(調和)があるといいですね^^

家族それぞれのハーモニー(調和)

そして、家とそこに暮らすひとたちとのハーモニー(調和)

モノとモノのハーモニー(調和)

そして、モノと人のハーモニー(調和)

ハウスセラピー風水では、家、人、モノ
それらのハーモニー(調和)がしっくりといっているということは
どんな状態なのか、そんなことを考えながらコンサルや講座をしていきたいな~と考えています。

家に暮らす家族に調和がないとしたら、それは家の中にあるモノにもその状態が起こっている。ということです。

「現実に家の中のさまざまなモノが自分の無意識に日々どのようなメッセージを送っているか」

そこに気づき、ちょっと視点を変えたり、見直したりすることで変化は一瞬で!起こりますよ。

みなさんの家はどうですか?

『愛賀真琴のハウスセラピー風水』

風水の個人宅コンサルティングのご依頼はこちらまで↓

info☆aigamakoto.com(☆を@に替えて送信してください)

2019年4月戊辰月(4月5日清明~5月5日)の算命学予報です

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

桜が美しいですね。
春の山はほのかに淡い桃色をして、空の色とのハーモニーがとてもいいなあ、、と思います。

戊辰月(4月5日清明~5月5日)の算命学予報、ちょっと遅くなってしまいました!

早速はじめましょう!

十干   戊土  陽の土性  山岳 山
十二支  辰土  陽の土性  山岳 山

春真っ盛り。

山々は活気づきはじめ、樹木の新芽が成長に向かって勢いを増していく時期ですね^^

そして、戊辰月の今月、5月1日には元号が「平成」から「令和」へと変わります。

まさに時代の変わり目!

皆さんの中には
新年度や新学期を迎え、環境の変化があったり、新しい人間関係がスタートしている方たちもいらっしゃることでしょう。

とてもスケールの大きな山岳を意味する今月の干支。

そこには未知の可能性を感じま

新たな可能性をたくさん含んだ未来に向かって、自分自身をさらに磨き、成長させていく時期ですよ♡

大きな実りを得るためには、土を耕して、十分に栄養を与えておく必要があるように、自分を磨くということは、精神面はもちろんのこと、
カラダを磨く、ということもとても大切になります。

つまりはこれからの大いなる成長のための下準備がとても大切な月ということになります。

わたしたちは、

暖かい春の日差しを受けてなんだか無性に前に進みたい、
心が浮き立って頑張りたい!と思うこともあれば、

冷たい雨が降ったり、寒の戻りがあるように、
未知への不安を感じて進めないときも、
新しい環境になじむまでには時間がかかることもあります。

時期的には17日から5月5日までは春の土用になりますから、それまでウキウキしていたこころが沈んだり、停滞している感じがすることもあるでしょう。
ちょうど4月末からのGW10連休にもあたっているので、連休中にそれまでの疲れをとるのではなく、もっと疲れてしまったり、生活のリズムが乱れてしまうと、連休明けに、調子が上がらない、学校や会社に行きたくない。。。というようなこともあるかもしれません。

ここをスムーズに乗り切っていく、心とカラダをそろえていくためにできることがあります。

住まいと私たちの生活や精神(心)、カラダ(健康)はおおきな影響を与えあっている、というのはいつもお話ししていることですね。

住まい(環境面)で言えば、

古くなったものを整理整頓して、いらないものは処分したり、
お部屋の模様替え、例えばソファやいすのカバーを替えたり、
カーテンを新調したり、といったことがとても効果的です。

カラダの面では

これまで冬の間にため込んだ毒素の排出を主としたデトックス。
食事習慣を見直したり、日々簡単な運動や体操をできる範囲で取り入
れたりしましょう。
大型連休の間の生活リズムを乱さないことも大切ですよ^^

そして、戊辰の月で、もう一つ大切なこと、

制限を外すということです

自分に対しての制限。

自分に対してもっと大きな可能性を見てください。

それと同様に、他者に対しても、

あの人ってこういう人よね、という固定観念でみることをやめて、
新鮮な気持ちで、新しい視点で、接することを心がけましょう。

これまでと同じ職場や人間関係の中にいるように思えても、必ず変化しています。

自分に対してもお子様に対しても、兄弟や友人たちに対しても、
同僚や先輩、上司、先生に対しても、

常に新鮮な気持ちで、

すべての人が未知の可能性に満ちていることを心にとめて、

すぐに効果や結果を出そうとしないで、むしろじっくりと
実力を蓄えるような気持ちでものごとに取り組んでください。

今月はそんな月です。

皆様にとって新しい「令和」の時代の幕開けが素晴らしいものとなりますよう、心より願っております。