カテゴリー別アーカイブ: 算命学について

愛賀真琴の2021年(辛丑年)算命学イヤーリーディング募集開始です

みなさま、こんにちは^^

愛賀真琴です。

さて今年も残すところ1か月余り。
(算命学的には来年立春まで2か月半ほどあるのですが)

2020年はどなたにとっても予想を超える展開となった年でした。

みなさんは新型コロナによってもたらされた暮らし方、仕事の仕方、自分自身のありようにおける大きな変化にどのような対応をされてきたでしょうか?

外側の環境の変化は否応なく自分の変化につながりますが、
そんななかで変わらないものも見つけられたのではないでしょうか。

あなたにとって大切にしたいものはなんですか?

2021年はどのようなことに軸を置いていけばよいでしょうか?
算命学の視点からあなたにとってどのような一年となるのか、
月ごとの視点も加えて2021年を考察していきたいと思います。

2021年 愛賀真琴の「算命学イヤーリーディング」募集
(募集期間 2020年11月20日~2021年1月20日)  

 ①60分(対面・オンライン) 通常12000円→9900円
 ②90分(対面・オンライン) 通常18000円→14400円
 ③60分+宿命鑑定20分   9900円+3300円→13200円
 ④90分+宿命鑑定20分   14400円+3300円→17700円
 ⑤メール鑑定(以前に鑑定を受けたことのある方のみ)   9000円
       * ペアでお申込みの場合    お二人で16000円
   *メール鑑定のみ募集期間は12月31日までです。ご注意ください

☆イヤーリーディング以外のフォローアップ(2回目以降)のご相談ものイヤーリーディング募集期間中のみご相談料を同じにさせていただきます!!
(お得です^^)

☆真琴の算命学を受けられるのが初めての方は
イヤーリーディング+宿命鑑定(20分3300円)をおすすめします。

☆お申込みの際に件名にイヤーリーディング①~⑤、または通常の個人鑑定かを明記してくださいね^^

お問合せ・お申込みは reserve☆aigamakoto.com (☆を@に替えて送信してくださいね)までメールにてお願いしますね♡

今宵は十三夜です(10月29日)新しいお知らせもあります

みなさん、こんにちは

今宵は十三夜ですよ。
10月(旧暦9月)の十三夜の月は
「後の月」「栗名月」「豆名月」とも呼ばれて、
古からお月見を楽しむ習慣があります。

9月の仲秋の満月とは対になっていますので、
どちらか一方だけを愛でるのは「片見月」といって縁起が良くない
とされています。

宮中でも今宵十三夜のお月見が行われるそうです。

仲秋の満月に祈られた方は、ぜひ今宵のお月さまも愛でてくださいね^^

お天気だといいですね♡

さて

今日は初めてセッションをしてから10年、ずいぶんと長いお付き合いになったな~とちょっと感慨深くもある方の算命学セッションがありました。

私は自分で自分の人生を歩いて行ってもらいたい、そのために算命学をツールのひとつとして縁ある方にお伝えしたい、と思っていますが、
その、自分で歩く、というところに結構こだわりがあり、これまでセッションが依存や支配にならないようにすごくすごく注意をしてきたところがあります。

だけど、数は少ないですが、フォローアップを定期的にさせていただいている場合もあります。
今日のSさんもそうですが、
折に触れて関わりをもつことになった方々とは、その方々も私も双方が
それぞれの道で成長し、また葛藤もしてきたプロセスがあり、時間をかけてそのプロセスを見守ってくることができたことをとてもうれしくも感じているのです。

手を放すことだけが、良いというわけではないな~、
場合によっては数か月とか数年という時間をかけてその方のテーマに寄り添うこともまた素敵なことだな~と気持ちを新たにしたところです。

今後は一回で終わりではない、フォローアップありきの
算命学のコンサルテーションもしていきたいな、と思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

2020年秋土用は10月20日から

みなさん、すっかりご無沙汰をしておりました^^

コロナで家にこもっていたわけではありませんが、ブログの更新、まったく
してなかった・・・(;^ω^)ですね。

みなさまお変わりないですか?

さて今日は秋土用についてです。

2020年の秋土用は10月20日から11月7日(立冬)までです。

とはいえ、これは暦の上で線を引いているのですが、はっきりとした線引きがあるわけではないです。

季節ははっきりと線を引いたように変わるわけではないですよね。
なので20日前後から11月7日前後ということで、今日は15日ですが、
もうすでに影響がでていることもあります。
これは個人差がかなりあるとこれまでの経験上思います。

私の感覚では、私にとっての土用はすでに始まっている気がします・・・(笑)

そして秋土用の特徴は夏の疲れが一気にこの時期出やすくなるということ。

そしてそして、、、老けやすい。。。OMG

今年の夏の猛暑をわたしたちはマスクをしながら乗り切ってきたわけで、
通常の夏よりもさらに過酷だったわけです。

心身ともにストレスもたまっていたかと思います。

なので特にこの季節の変わり目は体調管理に注意してくださいね。

しばらく前からぐっと冷え込んできましたね。
かと思うとまた急に夏の暑さがぶり返したり・・・

寒暖の差も激しく、体調も崩しやすいですからね。

ご自分の体調の変化に敏感になってくださいね。
少しでもおかしいな、と思ったら決して無理をせず、身体を休めてあげたり、
暴飲暴食を避けて胃腸にやさしいものをいただくようにしたり、、とご自分をいたわってあげてくださいね。

で、これは個人的にこの秋土用について感じているのですが、身体を休ませる、休養させてあげるということも大切には違いないですが、基本的にそういうことができているうえに、ではありますが、自然の中にでかけてエネルギーチャージをしたり、歌を歌うことが好きな方は思い切り歌を歌ったり、声をだしたり、
旅に出かけたり、逢いたい人に愛にでかけたり、動物と触れ合ったり、、踊ったり・・・・心身が喜ぶようなこと、充実するようなことをぜひとりいれてみてくださいね。
GO TOキャンペーンもやっていますから、いつもよりワンランク上のホテルでのんびりすることも可能ですよね。

十分でかつ良質な睡眠も大切です。
身体の声に耳を傾けるようにしましょう!!
そして、身体が心が、ほんとうに欲していることが何かに気づいてあげましょう。
それを与えてあげましょう。

私はお肌の乾燥がてきめん!!で、悩ましい季節がやってきました。

いっそ寒くなってしまうといいのですが、夏から秋への変わり目のこの時期が
一番お肌が乾燥しやすいです。

乾燥すると老化がはやい・・・

一気に老けた気分になり、こころが落ち込む→気分が良くない→面白くない(笑)→イライラして(無意識に)だんなさんと喧嘩になる(普段ならそうはならないところで)
という悪循環が始まっている気がします・・・

やばいやばい。

冷静になろう。と自分を甘やかして、たくさんスイーツが欲しくなる(そして秋はスイーツがおいしい季節)という・・・

とびきり上等の中国茶をゆっくりと淹れて、瞑想する

わたしにとっての最上級な時間です。(with sweets)

NO SWEETS、 NO LIFE ってことで^^

皆さんもご自愛くださいね!!

(土いじりは土用前にすませてくださいね~~)

☆お知らせです☆

11月から算命学出張個人セッション&風水コンサルを再開します!!!
中旬に関西または名古屋あたりに行く予定ですので是非お問合せくださいね~~
ご希望日程がありましたらお知らせください。

ではまた
良い週末をお過ごしくださいね(^^♪

算命学マスタークラスのお二人

みなさん、いかがお過ごしですか?

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

2007年

私が一方的に教えるということではなく、
算命学をもっともっと皆さんと一緒に学びたい、
算命学を通じて自分を知ることの大切さを伝えたい!
と思って始めた講座が

「愛賀真琴の算命学講座」

きっかけは

現在は仙台にお住まいの「チハラダクニコ」さんが主宰された
「魔法学校」の中で、
私が算命学講座をさせていただいたことでした。

当時、個人鑑定はしていましたが、

算命学を伝えるということを、
してみたいとか、やろうとか、
ましてや私にできるなんてことすら、まったく考えてなかったので、

私のマニアックな?算命学を面白い!!と思う視点が
全く算命学を知らない方たちに伝わるのだろうか?

興味をもって聞いてもらえるのだろうか?

とドキドキしていたことを今も昨日のことのように覚えています。

このことをきっかけに

個人セッション(個人鑑定)もいいけれど、
広く算命学の考え方を知って、生きる指針にしてもらいたい!
自分を知るには、他者を知ることも必要!!と思うようになり、

今度は

私自身が「算命学講座」という形でシリーズで開催するようになったのでした。

その後、色々なカルチャーセンターさまからお声をかけていただくようになり、カルチャーセンターでの算命学講座もさせていただくようになりました。

その最初が自由が丘のカルチャーさんでの算命学講座

初めてカルチャーセンターで講師をすることになった私の講座に
生徒さんとして参加してくださった中にYさんとHさんがいました。

その講座は2年がひとつのサイクルで終了になったのですが、
お二人はそれ以来ずっと、一緒に算命学の世界を探求する仲間に。

以来10年を超えるお付き合いになります。

もう教えることはないわよ、と言っているのですが、
ずっと真琴サロンに通ってきてくださっています。

今は毎月お二人がそれぞれ選んだ「時の人」の鑑定をし、
それに対して質問をしたり、
私が、一応先輩として、鑑定のポイントと思われることや見方を
シェアしたりしながら、三人で研究を重ねています。

とても楽しい時間です^^

算命学の奥深い世界の探究を通じて、
人生を学ぶ貴重な時間でもあります。

立場的には先生と生徒ということになってしまうのかもしれませんが、

そういった立場を超えて

長い時間をかけて

培ってきた関係性が

わたしにとってかけがえのない宝物だなあと思います。

長きにわたりおつきあいくださっていること、
心からお二人に感謝をしています。

そのお二人を筆頭に、

途中で卒業されていった方たちも、
今現在一緒に学びあっている方たちも
コロナでお顔を見ることができなくなった方たちも

触れ合った時間の長さに関係なく、

一緒に学びあえたこと、出逢えたことを

ほんとうにうれしいなあ☆

奇跡のようなご縁だなあ☆ と、

感謝の気持ちのあふれてくる今日この頃です♡

至らないことも多い私なので、
自分では知らない間に不愉快な思いをさせてしまっていたことも
きっとあったと思うのだけれど、

そんなこんなも

ぜ~んぶ含めて

ほんとうにほんとうに
出逢っていただいてあいがとうございます!!!

と心からお礼を言いたい私です。

そういうご縁が私を育ててくださったし、成長させてもらえたな~と
思うから。

カルチャーでだけの出逢いだった方々は連絡先さえわからないし、
地方に出張講座をしたときにお逢いして、一回限りのご縁だった方たちもたくさんいらっしゃるのですが、

いつかいつか

これまで算命学を通じてご縁をいただけたみなさまと

算命学同窓会みたいなものができたらいいな~と思うのであります♡

もしも、もしも、もしも・・・奇跡的にこれを読んでくださって、
久しぶりだわ☆と思ってくださった方がいらしたら・・・
ぜひ連絡くださいね^^

心よりお待ちしています♡

バドミントンの桃田堅斗選手骨折 全治3か月

とてもショッキングなニュースが入ってきました。

バドミントン日本代表で金メダルが確実とされている桃田堅斗選手が
1月にマレーシアマスターズで優勝を果たした翌日、空港へ車で移動中、自身の乗ったバンが事故を起こし、24歳の運転手さんが死亡。桃田さんも顎、唇、眉間の計3か所を裂傷、全身打撲の怪我を負われたことは記憶に新しいですが、

オリンピックがあるからなのでしょうが、復帰が早すぎるんじゃないかな~と思っていましたが、

練習中に不調を訴えて、右目眼窩底骨折が判明、手術、全治3か月とのことです。

事故が原因でそうなったのか、原因は書いてありませんでしたが、
オリンピックをあと数か月先に控えて、ご本人も悔しいでしょうね。

今の日本の、いえ世界のバドミントン界を背負っているといってもいいくらいの選手が、クアラルンプールで空港に行くときに乗った車があまりにもお粗末だったのに私はびっくりしたのですが、
身体がなんといっても大切でケガが命取りになるわけだから
協会側も、配慮が必要だったと思いますね~~

思い返せば、2014年、2015年の桃田選手が天中殺の時に
賭博していたことが2016年に明るみにでて、無期限の自粛となり、当時から金メダル候補と言われながら、リオオリンピックには出場できなかったんでしたね。

そこから復帰し、今度こそ、というときの事故。
なにはともあれ、手術が無事に終わられたとのことでよかったです。

焦らず、ゆっくり養生してほしいですね。