カテゴリー別アーカイブ: 算命学について

算命学、ありがとう!

 

みなさん、こんにちは! 愛賀真琴です。

明日は皆既日食ですね。

実際に観測できるのはアメリカですが、世界中のどこにいたとしても
皆既日食のエネルギーはどこにでも降り注いでいて、ちょうど変革・変容の時期にあたっているかたも多いと思います。

さて、これまでさまざまに算命学講座をさせていただいてきました。

みなさんご興味をもってくださって学びはじめるわけですが、
算命学の世界は奥が深くて、途中で断念する方もいらっしゃいます。

入口で終わる人、さらに奥が知りたい人、もっとさらに自分のもののしたい人・・・鑑定をしていきたい人、目的や学ぶ意味も違ってきます。

が、どのような意図であれ、目指しているものが何であれ、
算命学の探求は「己を知る」ことがその根底にあり、それによって自分が成長していきたい!と思う人が続けていけるのだな~と思います。

成長したい!と願う人にとって、日常でおきる様々な事柄や人間関係が最も良い先生ですね。

そしてその自分や家族に起きてくることや周りの人間関係によって引き起こされることに振り回されず、自分の軸をもって「自分自身」を生きることができるようになるためのひとつの指針になるものが「算命学」だとわたしは捉えています。

指針になるものや、自己を成長させてくれる素晴らしいものは世の中にたくさんありますが、算命学はそのひとつであると思っているわけです。

私の人生、算命学にずいぶん助けられてきました。

算命学を学ぶ前の私は、自分のこと、もうダメダメ人間だとおもっていましたからね。

で、「ほんとうのわたし」ではなくて、「だれか別の人=自分以外の誰か」になろうとしていました。大真面目に!

人が私をどう見るか?
どう見られているか?
そんなことばかり気にして、できるだけそのころの私が思う良い人、になろうと頑張って行動したり、発言したりしていたのですよ。

人から受ける評価がとても気になっていましたからね。

その大元にあったのは、自分はだめだ、わたしなんて・・・っていう考えです。

そのことにうすぼんやりとは気づいていたけれど、とにかく人目がきになっていたから、人に評価されてなんぼ!と思っていたのです。
私っていいひとだと思ってました(笑)
普通の人だと思っていました(爆)

今は普通の人なんていないと思っていますけどね(^_-)-☆

それが算命学に出逢って、否が応でも自分のことを客観的に見ざるを得なくなってくると、

え?これがわたし?って、えーえー、受け入れられないこともたくさんありましたよ。
こっちだったらよかったのに。とか
この星のほうがいいな、とかまじでおもいましたもん。

それでも算命学を通して、いろんな人のいろんな人生を知り、すべてに良し悪しがないことを叩き込まれていくと(笑)、
もう、な~~んだ、世の中にショボい人なんていないじゃん。
ショボいと思っているのはたぶんそのひとの思い込みでしかない。

わたしはわたしを生きるしかないじゃん!と思うに至るわけです。

学びが深まれば深まるほど、自分に許可をだせて、周りの人達も同じ目線で見ることができるようになっていったのです。
つまり自分をジャッジしなくなるから、他人もジャッジしなくなるんです。

人生が楽しく、生きることが楽しくなっていきました。
それは運がよくなって、悪いことが起きないということとは違います。
起きることは起きます。誰にでも。

理解できなかった親のことも、理解したい!と思いました。
そこが出発点でもあったわけですがね、私の場合。

わかったことは、それもぜ~んぶ、わたし、だったっていうこと。

だからね、算命学、ありがとう!なんですよ。

箸にも棒にも掛からぬ、という言葉がありますが、
そういうふうにならずに済んだのはひとつは算命学のお蔭なんです。

私だけでなく、おそらくたくさんの方々が算命学を学ぶことで
人生をよりよく生きること、自分自身が成長すること、そのことが周りのためになっていくことに気づいていらっしゃるのではないかと思います。

人は死ぬまで成長し続けることができると、私は思っているので
算命学の探求もきっと終わらないのだと思います。(笑)

そうやって一緒に学ぶ仲間が増えて、子供たちが幸せになり、世の中がよりよくなっていけば、それに代わる悦びはないわけで、
一人でも多くの人たちに、「算命学」を知ってもらいたいな~と
思っているわけです。

生まれてきたら、誰しも、誰かの役に立ちたいと思うのではないでしょうか?

人は持って生まれたものを磨いてこそ!誰かの、世の中の、役に立てるわけで、
足りないものやできないことを探して、自分はダメだ、なんて思ってほしくないのです。

自分ができないことや得意じゃないこと、を得意な人が必ずいて、
それはそういう人達の活躍の場所になるわけですから、ひとりで全部やる必要もないのです。

自分の短所や欠点や、足りない、できないと思っていることはだめなものではなくて、そこが得意な人に光が当たるものなんです。
あなたが短所だと思っていることは、できないからダメだと思っていることは、他のだれかがあなたのために役に立てる、素晴らしい短所なんですよ!!
だからね、いいの、そのままで。

わたしたちがやることは「唯一無二のわたしを磨くこと」。
自分の長所や個性や得意なことを磨けばいいのです。

そうしたら、奪い合うのではなく、分かち合う姿勢が生まれます。

それぞれがそれぞれを磨き合い、それぞれの良さを引き出していけるような世の中になってほしいものです。

私はそのことを「算命学」で教えてもらいました。

違っていていいし、違っていることがいいのです。

このことは頭でわかっているだけでは、なかなかうまく行きません。

これが足りないから私は不幸。
これができないから私はだめなんだ、うまく行かないんだ。
これを手にできたら幸せになれるのに・・・

そうじゃないですよね。

何かが足りないからという考えに囚われることこそが
満たされていないという不満足感を生み出しているだけなんですよ。

足りないという考えを捨てて、
持って生まれたものを磨くんです!!

このことを大人になるまでわからずにいるのではなくて
子供のときからちゃんとちゃんと、真にわかっていたら
素敵な世の中になるって思いませんか?

だから

「子供たちのための算命学」教室とか、
「子供のための算命学入門」クラスとか
「子供のためのはじめてのさんめいがく」講座

やりたいものの一つです!!!

こどものための・・・はまだどんなふうにやれるのか
まったくわからないですが、

まずはこれまでの入門~初級~・・と連続していく講座もやりますが、興味のあるテーマにどなたにもご参加いただけるような
「テーマ別算命学講座」をたくさん開催していこうと思います。

一例 「天中殺を手玉に取る」クラス
「人体図まるわかり」クラス
「守護神はだれ」クラス
「忌神はだれ」クラス   ・・・・

そのお知らせはこのあとで^^

しばらくお待ちくださいね^^

 

8月(戊申月)8月7日(立秋)~9月6日の算命学予報

みなさん、こんにちは。

明日は立秋ですね^^
昼間はまだまだほんとうに暑い!ですが、朝晩の風にすこ~しずつ変化を感じます。

申月は秋(金氣)の始まりの時

春の生氣に対して、秋の殺氣を象徴しています。

申月の特徴は、秋は万物が実る、実りの秋(万物結実)=成就を象徴するのですが、同時に草木が枯れ始める季節だということにあります。

表面にはそれほど陰の氣は現れていませんが、内部には陰氣が充実しているのです。 本格的に陰の氣が出始めます。

秋は万物を粛殺することをその本性としているのですね。

茂りきった枝葉は切り落とすという剪定が必要なように、
古くなったもの、考え、構造が剥がれ、新しいものへと再誕生していくとき。

これまで過ごしてきたものからの角度変えとでもいうのでしょうか。
再誕生、再構築、新しい目覚めといったものを促されるのです。

実はもうそれはすでに今年、始まってはいたのです。が、
今月はっきりと行動に移す方も多い事でしょう。

何かを手放し、チャレンジしていくことを選択される方、
心から応援しています。

8月8日はライオンズゲートが開くときといわれていますね。
今年は満月と重なります。
また22日の新月は皆既日食にもあたります。

よりパワフルな動きを伴うでしょう。

新しく誕生してこようとするものには悦びがあるのに、ひょっとすると、剪定作業=古いものを壊す、剥がす、ということに抵抗が出てきてしまう場合もあるでしょう。

安定や安心を手放すことに躊躇することがあっても、
新しいあなたの誕生をどうぞよろこんでくださいね。

どっしりと構え、焦らないで、しかし、動くべき時!には
その時期を捉え、積極的に挑戦してくださいね。

ですが、何事も無理は禁物です。

内なる情熱の火は、あなたの奥深くにあります。

あなた自身を生きようとする意志が魂の情熱の火を立ち上げ、
旅立ちをサポートしてくれます。

今年前半苦難を体験された方もいらしたでしょう。
個々の様々な体験から学び、成長してこられたみなさんは
自分が置かれた環境の中で周囲の信頼を勝ち得て中心的存在となっていきます。

辛い事や苦しいことも自分を成長させてくれるものになったことに気が付いていくことでしょう。

が、自分のことだけ考えていたり、
損得だけで動いたり、
周りを自分の思い通りに動かそうとすれば、 人は離れていきますよ。

今月はちょっとひとりよがりになりやすいところがあるので、自己中心的にならないように注意して、大胆に刷新するべきところはして、さらに高い目標に向かって進んでいきましょう。

申酉天中殺の方々は年の天中殺と月の天中殺が重なります。

起きることに一喜一憂することなく、できるだけ平常心で
自分のためというよりは周りのひとたちのためにできることを
心がけていただくといいと思います。

申酉天中殺の安倍総理も正念場ですね^^

親・兄弟・配偶者・子供など家族全員の算命学セッションをおすすめしている理由

こんにちは、愛賀真琴です。

算命学の個人セッションを受けてくださる方々に是非おすすめしたいのは、

家族全員を一緒にみることです!!

家族となると、まず親、兄弟姉妹、そしてご結婚されていれば配偶者、お子様・・ですね。

既婚の方であれば、ご自分だけでなく、配偶者やお子様も一緒に
未婚の方であれば、両親や兄弟姉妹もともに。

自分を知るということのためには、関わりの深い方たちを一緒に見ることがやはりすごく大切だな~と思うからです。

より深く、自分の腑に落ちることとなります。

今回、セッションにお越しくださった方が絶縁状態になっているご家族のことも一緒にセッションをすることを選択されました。

以下はセッション終了後にいただきましたご感想です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。

真琴さま

昨日はありがとうございました。

ひどい家庭環境でつらかった!
わたしは被害者だ!と思っていた過去があり、

えっ、わたし、散々文句言ってたけど、実は自分で両親を選んだんじゃーん(笑) という心境になってきたときに、

なんというか、ドラマの全体像が知りたくなって、〇〇〇さんがオススメしていた真琴さんのセッションを受けたくなり、今回のご縁をいただきました。

とーーっても腑に落ちて、帰りの電車できょとりとしてしまいました。

目から鱗、でした。

ただいま、録音を繰り返し聴き入っています。

腑に落ちすぎて、まだ整理がつきません。

本当にありがとうございました。

霧が晴れていく感覚です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

それまで、どうして?
何故わたしだけ?といったような想いを抱いていた方であればなおさらのこと、
この、「霧が晴れていく」という感覚をもっていただけることは
セラピスト冥利につきます。

とてもうれしい体験談でした。

算命学の視点からみる家族と自分との関係によって

ああ、全部ドラマだったんだな~とそのドラマを外側から客観的にみることができるようになります。渦の中にいるときは被害者だったり、傷ついた気持ちから相手をゆるせなかったりしますし、
相手と疎遠である状態にした自分に実は罪悪感があったりします。

自分も赦されていいし、相手も赦されていい。

家族の関係性を、その中の自分の立ち位置をありのままに、ああ、そういうことだったのね、とわかる、知るということがどれほど自分に本来のエネルギーを取り戻すことになるのか!!!

削がれていたエネルギーを自分のほんとうにやるべきことややりたいことに注げるということがどんなに素晴らしい事か!!

特に
人間関係やご家族とのことで辛い日々を送っていらっしゃる方
家族の中で自分だけ違うと感じていらっしゃる方
親や兄弟姉妹とうまく行かないことに悩んでいる方

にはぜひとも、受けていただきたい自分と家族全員をみるセッションです。

 

算命学個人レッスンしています^^

毎日暑い!ですね。

九州大分では大雨の被害が甚大でしたね。
関東ではから梅雨で水不足が心配されています。
局地的なゲリラ豪雨、北海道でも大雨が。

自然界のことは人間の手ではどうすることもできませんが、
自分には関係がない、と思うのではなく、日ごろから備えあれば憂いなしといいます。

何が起こっても心の準備だけでもしておきたいものです。

さて、愛賀真琴の算命学講座ですが、
グループでのクラスだけでなく、個人レッスンもしています。

現在のお仕事をさらに充実させたり、算命学という体系的な理論のあるものを使うことで、よりお仕事の内容に確実性を増すことができるという点で喜んでいただいております。

算命学の視点を得ることでクライアントさまに対してさらにお役に立つことができます。

ご自分の仕事に合わせて必要な部分のみを学ぶということもできますし、
算命学のプロになるわけではなくても、算命学の視点を使うことでさらにお仕事内容をレベルアップするために基礎的な部分のみを学ぶということもできます。

短期集中型や、ある部分だけ、といったように様々なニーズに合わせてスケジュールを組むことができますので
是非ご興味のある方はお問い合わせくださいませ。

7月(丁未月)の算命学予報でました(^^♪

丁未月 7月7日(小暑)~8月6日の算命学予報

今月は土氣の夏(未月)の灯火。

丁火の年の丁火の月
例年にも増して蒸し暑い7月になりそうです。

また7月19日から8月6日まで夏の土用にもなりますから
季節の転換点
特に年に4回ある土用のうち、この夏から秋への転換点である夏土用が一番厳しいのです。
火氣で強められた最強の土氣であり、
季節としては火氣から金氣への転換は相剋になりますからね。
(4回の内唯一の相剋です。そして裏鬼門にあたります)

いわゆる「暑気あたり」、熱中症や、夏バテ、
症状としては食欲不振や疲労感、不眠、頭痛などに今年は特に注意が必要です。

水分の補給を心がけてくださいね!!
腎氣(水氣)にとってダブルパンチの今月です。

土用の丑の日の鰻は皆さんご存知のところですが、うなぎでなくても「う」のつくものを食べることをおすすめします。

うなぎ、うどん、梅干し、牛肉、そうめん、、など^^

ちなみに土用の丑の日は 7月25日(水曜日)と8月6日(日曜日)の2回ありますよ^^

水氣にとってダブルパンチの月。
水といえば、、

7月に入るとすぐに九州や島根では大雨が降り続き、土砂災害も出ていますね。

極端に水が多くなる(大雨や台風)地域と逆に水不足の地域がでて
バランスが崩れそうです。

ご注意くださいね。

また火の氣の象徴である、火災、交通事故、テロ、などにも注意が必要です。
突発的になりやすいです。

未という字は茂りきった枝葉の象徴です。
陽から陰への転換点でもあります。(裏鬼門へと向かう月)

一見チャンスに見えて、飛びつくと実は中身のないものだったり、
一見ピンチ!のように思えるものが実は大チャンスだったり、といったことが混在しています。(2017年がそもそもそういう傾向にあるのですが)

茂った枝葉(一見派手で目を引き、素晴らしく見えるもの)に隠れた物事の本質を見抜く冷静な眼が必要になります。

枝葉を切り落として色々なものに対して風通しを良くしておくことも大切ですね^^

モノを持ちすぎていると、
物事にこだわりすぎていると、
欲が深くなっていると・・・

真実が見えにくくなってしまいます。

ココロもカラダも風通しの良い状態に。
もちろん風水の観点からも、環境(住まい)は
ココロやカラダに与える影響が大きいので、住まいも
風通しの良い状態、エネルギーの滞りのない状態にしておくといいですね!

表面的なことや、事象にとらわれすぎず、あなたの心の眼を信頼しましょう。

個々にとっては、今月は感性が冴えます。
特に今月は一人で!孤独に!自分の内側に入るという作業がとてもいいです。



「内観」ですね

この内観には奥底の静かな情熱が伴います。

           

静かな情熱によっておこる自分自身との深い交流

そして、

湧き上がる想い、溢れる想い、気づき、そういったものを
是非、伝えたい!というところにつなげていってほしいのです。

自分自身との深い交流は宇宙との深い交流でもあり、
他者(他の世界)との間の深い交流となります。

個々に想いや気づきは違うものです。

それを是非交流させて、

互いの間で交換をして、

エネルギーを循環してみてくださいね。

 

<お知らせ>

①好評第2弾「ハウスセラピー風水」基礎講座 始まります!

第1回 7月11日(火曜日) 10時半~12時半

 テーマ:家の中を流れるエネルギーを見る。
部屋の中のパワーの座とは?

持ち物:自宅の間取り図・筆記用具

人数 :6名様まで(残席3)

②算命学講座
◆夏限定2回シリーズ:「鑑定例題」から知る自分
7月10日、8月21日 (いずれも月曜日)
10時半~12時

◆プライベートレッスン受け付けております
現在のお仕事に役立てるための算命学講座など
 あなただけのためのカスタムメイドの算命学講座です

◆その他 通常の定期開催クラスあります

③セルフディスカバリークラス 7月25日(火曜日)
算命学講座+カラダの声を聴く