カテゴリー別アーカイブ: 紹介します

フラワーエッセンスの体験談いただきました^^

算命学の個人セッションのメニューの中に
個人鑑定に加えてフラワーエッセンスを
選ばせていただくものがあります。

先日個人セッションに来てくださった方はフラワーエッセンスも
使いたいというご希望でした。

その方は算命学も学ばれているとのこと。(うれしい!仲間が増えるのはうれしいことです)
またフラワーエッセンスのプラクティショナーとしての資格もお持ちで
、今後のご自分のお仕事を含めた生き方やご家族のこと、
特にご主人様とこれまで色々なことがあり、それらもふくめてのご相談でした。

色々とお話していく中で、徐々にほんとうの心の奥底にあるご自分の気持ちに気づかれていく様子がよくわかりました。
相手のすべてを理解するなんていうことは無理なことですが、理解しようとする気持ちは「愛」だな~と思います。

その方から後日メールをいただきました。

こんにちは

 〇月〇日にセッションしていただきました。
その節は長い時間セッションしていただいてありがとうございました。

 

あれからフラワーエッセンスを飲んでいますが1日目 朝起きた時に

今までにないような心のさわやかさを感じ体の痛みも軽くなり助かっています。

 

主人ともなんだか今までより少し素直になれそうです。

 

ありがとうございました。

 

こういうの、ほんとうれしいですね^^

フラワーエッセンス、いい仕事します!!

算命学鑑定終了後に、鑑定でのご自身の気づきを
定着させ、現実の生活の中で行動として活かしていくことが
できるようにフラワーエッセンスでサポートすることができます。

今日もフラワーエッセンス付のセッションをお申込みの方がいらっしゃいました。
まさに!というエッセンスが選ばれてご本人もびっくりされていました。
今後どのような変化が起きていくのか、楽しみです。

鑑定と一緒にしていただくときは割引料金になっていますので
是非活用してくださいね^^

過去にわたし、愛賀真琴がフラワーエッセンスをお選びしたことがある方は、フラワーエッセンスのみをお選びすることもできますよ。

 

鵜飼を楽しむ

こんにちは、愛賀真琴です。

週末は名古屋出張でした。
土曜日は毎月一回、
江南市のなかむらファミリークリニックでお世話になっている
「チベットヨーガ」クラスでした。

9月の人事異動で転勤になり、残念ながら参加できなくなった方々が
いらしてちょっぴりさびしい。
その代わり、フレッシュな方の参加もありで、いつもとはちょっと違った空気感でした^^

翌日急遽集まることになった、学生時代の友人たちとのおしゃべり。

もう20年以上?会っていない友達とも再会できて、おしゃべりに花が咲きました。

昨年、突然に全く立てなくなり、力も入らず、救急車で運ばれて、
ギランバレー症候群と診断されて、1か月まったく何もできない状態になった友人や、親が他界したり、また慣れないことのストレスから蕁麻疹になったりと、その様子を聞いていても、身体はほんとうに正直に心の状態を映し出すな~と思う。

頭は大丈夫だと思おうとしたり、平気を装うこともするし、辛いことも
なかったことにしようと蓋をしたりする。

でも身体は忘れない。
溜まった無理は症状として出てくる。

そういう身体の声を聴いて、自分を愛してあげる時間、大切にしてあげる時間、崩れたバランスを整えたり、ずれたリズムをリセットしてあげる時間は必要だな、と実感。

そのためにチベットヨーガのクラスをしているのだから、もっともっとそういった時間をもつことの大切さを伝えていきたいと思うのでした。

私は、お蔭様でほんとうに元気です。
自分を大切にする、ありのままの自分を愛するということを、皆さんと一緒にヨーガクラスで実践するようになって、身体が以前に比べてとても緩んでいるな~と思います。
とくにみぞおちと顔かな。

そう、顔をリラックスさせるの、大事なんですよ~~!!!
顎ね^^

さて、チベットヨーガクラスのメンバーで終了後に長良川の鵜飼見物に行ってきました^^

20161008_201123 20161008_192024

岐阜の長良川で行われているこの伝統漁法は1300年の歴史を誇ります。
織田信長をはじめ、時の権力者に保護され、様々な川の権限を与えられていた鵜匠さんたち。

明治維新以降はそういった保護がなくなり、厳しい時代を迎えます。
現在は宮内庁式部職の鵜匠として、世襲で受け継がれています。

20161008_195310

前兆13メートルの鵜舟に鵜匠さんと、とも乗りさん、中乗りさんの3人が一組となり見事な手縄さばきをみせてくださいました。

漆黒の夜に燃えるかがり火がなんとも幻想的でした。

20161008_195443

あっという間の時間でしたが、
「ホウホウ」という鵜匠さんの掛け声が川の水面に響き、
赤くきらめく炎と鵜匠さん、鵜たち、まるで時代をタイムスリップしたかのような時間でしたよ。

鵜飼は毎年5月から10月まで。

雨が心配でしたが、雨に降られることもなく、暑くも寒くもないちょうどよい気持ちの良い日でとてもラッキーでした。

是非皆さんも来年はいかがですか?

古代の洞窟の壁画から学ぶ

皆さん、こんばんは

昨日の重陽の節句、どのように過ごされたでしょうか?

2016年は足すと9になりますから、2016年9月9日は
9が3つ重なる特別な日ともされていましたね^^

私はおやつの時間には菊花茶と月餅をいただき、(笑)
夜は帰宅が遅かったのですが、菊酒をいただきながら
夜空をただただ眺めて、古代のひとたちに思いをはせていました。

そしてご先祖様たちが命を繋いでくださってきて、今このときに肉体を持たせていただいていることがありがたいな~と 思い 、
そして、9月に入って、新しい時代にはいったな~という感が強くなったことにも思いを新たにしていました。

皆さんはこの数日どんな風に感じていますか?

さて、昨日の夜はニュージーランドの先住民族ワイタハの
テ・ポロハウ長老が 来日されていて、お話会が東京でありました。

長老とは2年ぶり?になるのかな?の再会です。

今回はワイタハに紀元前6500年から伝わる、洞窟の中に描かれた壁画を日本初公開!!してくださいました。

日本だけでなく、これまで国外での発表はありませんでしたから
門外不出ともいえる秘宝を公開していただいたようなものですね^^

50に及ぶたくさんの壁画の中から東京での公開に選ばれたものは
6つ。

残念ながらここでその壁画の写真を公開することはできませんが、
どのようなものであったか、できる範囲で皆さんにもシェアしたいと思います。

まず壁画が私たちに伝えようとしているメッセージはとても深く、また叡智に満ちたものであることに驚きました。

形、点や線の向きや数、線の長短などで方位を示したり、
医療的な意味でのウイルスや病気の暗示となっているものがあったり、
また天候や世界観を示すもの、
黄金の比率を暗示しているもの、などなど、
古代の人たちは絵の中に色んな秘密を隠したのですね。

紀元前6500年という超古代の人たちがどのようにして
ウィルスについて、その医学的なことを知りえていたのだろうか!!と驚くばかりです。

算命学でも、古代の人たちの叡智を今この時代の私たちが学んでいるわけですからね^^
これもいつも驚くばかりです。

長老いわく、これらの壁画にかかれたことは古代の日本のシャーマン(巫女)から古代のワイタハの人たちが教えてもらったことも多いそう。

なので日本から見た世界観を示している壁画もありました。

そうそう洞窟の中には縄文土器も一緒にあったそうなんです!!!
驚きですよね~~~

古代の日本のシャーマンたち(巫女)はアストラル体として色々な場所に行くことができたそうです。

縄文の人々が踊る姿そのものが壁画に生命の踊りとして描かれてもいるのです。

私にはまるで日本の神話の三女神が踊っているように見えました。

どの壁画のメッセージも深いところに響いたものになったのですが、
特に心に残ったもの1つを紹介しますね^^

ある壁画は道に迷わずに航海することを象徴していました。
道に迷わずに航海する(人生を生きる←これは私が個人的に解釈しました)には肉体としてだけの存在として航海すると道を誤るよ、というものでした。

人は肉体だけでなく、アストラル体の存在でもある。
気づきという意識をもって、丹田にしっかりと意識を置いて
天と地に繋がった状態でいると道に迷わずに航海できるよ、ということをその壁画は教えてくれているのです。

今の私たちが学んでいることそのものですよね^^

1つの壁画が一つの意味だけをもつことはなく、違った角度から見た
複数の意図が込められていました。

1つのものを見て、一つの方向性だけが答えなのではなく、
物事には様々な見方があり、
角度を変えればまた別の方向性が生まれることも
示してくれていたように、個人的な意見ですが、そう思いました。
多角的なものの見方を古代の人たちはできていたんだな~と
思います。
その意味では現代の私たちの方が画一的な見方しかできなくなっていたり、そういうふうに教えられたりしてきたんだな~と教育のありかたについても思うところがありました。

シリウスの3つを示すものやオリオンを示すものなど、星を象徴していることも多いですね。

興味深々ではないですか??

6つの壁画を選んでくださった長老の意図がきっとどこかにあるのだと思いますが、じっくりと壁画を見返しながらその意味するもの、込められたメッセージを深く深く落とし込みたいな~と思います。

この壁画のお話会はこの後、名古屋、大阪でありますので
お時間がある方には是非足を運んでいただいたら、すごくすごく
素晴らしい時間になるのではないかとお勧めします。
名古屋「神々の夢」

・日程…9月20日(火)受付18時~、18時20分~20時40分
・場所…名古屋市内
・料金…事前振込4,000円、当日払い4,500円
・お申し込み…http://www.kokuchpro.com/event/c46f69040276b548a2886d07967cb71f/

大阪「先祖の記憶と共に生きる」

・日程…10月1日(土)受付18時~、18時半~21時
・場所…大阪エイトス
・料金…事前振込4,000円、当日払い4,500円
・お申し込み…http://www.kokuchpro.com/event/7d4ce7494d28d1b597b24daa0af49a72/

わたしもすべての会に参加したいくらいです。

この後どんな壁画を紹介してくださるのか、ほんとうに興味深いです!!

長老にも是非会って、ハグしてもらってくださいね~~(^^♪

received_859915274138563

真琴よりお知らせです。

HPでもお知らせしていますが、14日から25日まで
マックス師匠のシャーマンクラスに参加のため
アリゾナに行ってきます。
お問い合わせやお申込みのお返事は帰国後になりますので
どうぞよろしくお願いします。

今回はホテルではなく、森と湖のそばの一軒家を借りて
寝袋持参での(笑)毎日です。
色んな動物たちもやってくるみたい。
星空が美しい夜は外でも寝てみたいと思っています^^

帰国後はまた皆さんにシェアしながらお話会などできればいいな~と
思っております。
楽しみにしていてくださいね!

 

ぷちまりさんのワンピ会開催します♪

大人気!ぷちまりさんのワンピ会が復活!

https://www.facebook.com/petitemarie.angelife

ぷちまりさん

10月18日(火曜日)13時より、
真琴サロンにてワンピ会を開催しま~す^^

ぷちまりさんが皆さまのためにプライベートで開くワンピ会♡

今のあなたにぴったりなワンピを、雰囲気やオーラ、エネルギー、骨格やお肌の色、お好みなど見ながら、
ご希望やなりたい雰囲気に添って、ぷちまりさんが事前にお見立てをして、用意してくださいます。

その中から色々試着をして(この試着タイムがめっちゃ楽しい!)
お気に入りをお選びいただきます♪

●参加費 2500円+ご自身のお買いもの代♪
●価格帯 気軽にお買いものしやすい7900-15000円前後のプチプライスです♪

<特記事項>
・ミニマムでおひとつ(以上でも可)お買いものしていただくことがご参加の条件となっております♪

・ご参加希望の皆様からは事前にデータをぷちまりさんに送っていただきます。

☆顔・全身写真(写メールでOK)
☆普段お召のサイズ
☆好きな女優さん、好きなファッション誌
☆簡単なご希望

送り先や開催場所詳細等はお申込みの方にお知らせしますね。

前回はすぐに満席になってしまった、伝説のワンピ会です。

人数限定の会なので、是非お早目にお席確保してくださいね!!

お申込みはコメント欄か直接メッセージにてお願いします!(^^)!

ほんとうにしたいことを感じてください

20100831172614 20100831172906

こんな映像を見つけました。↓

https://youtu.be/y6adJ1YahWw

 

名曲ジュピターの二胡による演奏。

画面に流れるメッセージもステキです。

”ほんとうにしたいことを感じてください”

あ、そうそう土用のことで思い出したことがあります。

以前、二の腕は冷やさない方がいいと教えられました。
つまり肩先を冷やさない。ということです。

ここには実はとても大切なチャクラがあるのです。
チャクラというのは身体の中心にある7つだけじゃないのですよね、
実は。

肩先を冷やすと心臓がつまりやすくなるそうです。

私も夏の盛りは袖のないものを着たくなるので、二の腕というか肩をだすことが結構ありますが、そういうスタイルのときにはショールは必ず持っていて冷やさないようにしています。

ただし土用のときだけは出してもいいと、教えてくださった方は
おっしゃっていました。

土用が明けたらもうだしてはいけないそうです。

女性のみなさん、サンドレスやノースリーブは今の内ですよ。

土用の後は立秋ですからね。肩を冷やさないように、注意しましょ。