カテゴリー別アーカイブ: 紹介します

ゲルハルト・リヒター展にて

ゲルハルト·リヒター展にいってきました。

今回の大規模個展の軸は、やはり、
ホロコーストを主題とした「ビルケナウ」

その場に足を踏み入れたとたんに圧倒的な空気感に包まれる。
ものすごい存在感で迫ってくる。

だけど、ビルケナウだけじゃないの。

どの作品もめちゃくちゃ存在感を放つアブストラクトペインティングやひきこまれていくカラーチャートシリーズ。

 

ガラスや鏡によってまた違う表情が見える。

「無を示すのに灰色は最適」とはリヒター自身の言葉

キャンバスを灰色の絵具で塗り込めたグレイペインティングシリーズは、ローラーを使ったものや筆を使ったものとさまざまに面白い。

ただじ〜っと、灰色のキャンバスをみつづけていると、不思議な感覚になっていく。

どの空間にある作品も、作品やその空間からうまれる外部感覚と内部感覚をじっくりと観察できて、めちゃくちゃ興味深かったし、なんとも瞑想的で良い時間だった。

ロバート・ストアがリヒターについて
「20世紀後半の偉大な作家のひとりであるとともに、21世紀の最前線の探求者」だと語っているそうですが、
まさに探求者であり、チャレンジャーだと思う。

リヒターの作品を生で見たのはこれが初めて。

リヒターについて知っていたのは、

10年ほど前にエリック・クラプトンが所有していたリヒターの抽象画が約27億で落札されて、当時生きている画家としては史上最高額だということ。

なんというかね、う〜ん高額の値がつく画家、、、という、はなはだ勝手な穿った印象を持っていたわけだけど、(笑)改めて、何事に対しても、人に対しても、まずは自分をゼロにすることの大切さを感じました。

まあ、そんなのもふきとばされる勢いですごかったし、素晴らしかったです。

東京国立近代美術館にて
10月2日まで

おすすめです

内なる宇宙にであう

この宇宙の中に子どもたちがいる。

これは誰でも知っている。

しかし、ひとりひとりの子どものなかに宇宙があることを、
誰もが知っているだろうか。

それは無限の広がりと深さをもって存在している。

私はふと、

大人になるということは、

子どもたちのもつこのような素晴らしい宇宙の存在を、

少しずつ忘れ去ってゆく過程なのかとさえ思う。

それではあまりにもつまらないのではなかろうか。

 

これは河合隼雄さんのことばである。

この、河合さんの言う「子ども」とは

幼いものたちのことではなく、
わたしたちすべての人のなかにいる、老いることのない存在の呼び名でもあるのだ

と語る方がいる。

私は誰か?

そんな探求のなかで、

真に「わたし」になる。とはどういうことなのだろう? と考えている。

それは「子ども」でもありながら、

同時に

「おとな」であることなのかもしれない。

そして、

何かを知ろうとすることなのではなく、

思い出す、思い起こす、ということでもあるのかもしれない。

8月になりました。
7日には立秋を迎え、夏の土用も終わります。
すでに今日あたり、空気感も変わってきたように思います。

戊申月の8月のスタート(7日)に向けて今週は切り替わりの時

古い物(ルールや決まり事、大きな壁だと思っていた物など)が壊れて
新たな可能性がうまれる。
また元々あったものだけれど、見過ごしていた物や
後回しにしていたものと向き合うことになったり、ご縁が戻ったり、ということも
ありそうです。

身の回りの整理整頓をしていただくのもよし。
身体のケアもよし。
環境や住まいの見直しもよし。

です。

風水も活用して、すっきりと8月をお迎えください!!

みなさまにとって佳き8月となりますように☆

読書三昧

最近ちょっと体調が思わしくなかったこともあり、、
といっても特定の病気になったわけではなく、、、

暑さ(湿気)にやられているのか、
眠気とだるさがとれなくて、
仕事以外はあまり出かける気にもならず、、、、

そうすると

このときとばかり、ついぽちっと押してしまい、

本が届く、届く。。。(笑´∀`)

涼しいところでしばらくは読書にいそしみます。

また次の時に、どんな本を読んでいるか、紹介したいと思います^^

ところで、

洋書でしか読めない物もあり、悩んだ末にぽちっと押したら

円安を痛いほど感じましたとさ。

30ドルに満たない本が、送料こみでなんと5000円ちかい!!!

Kindleが苦手だと、辛いですね。

みなさん、海外からのものは気軽にぽちっとできませんことよ。

iHerbとかも今輸入は高いですものね。

皆さんはどんな本がお好みですか?
お勧めの本などありますか?

高橋巌先生から学ぶこと(防備録)

日本におけるシュタイナー研究の第一人者として知られる高橋巌先生。

私にとっては、シュタイナーの本の翻訳をされているので、お名前は存じ上げているのですが・・・という存在でした。

しばらく前に、かなり古い先生の講演録を読ませていただく機会がありました。

そのお話がとても素晴らしかったのです。

紡がれている言葉がとてもすてきで、味わい深いので、紹介したいと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。

いわば暗闇の中を手探りで歩いている私たちの心にもっと認識の光が輝くようになるためには、教育、もしくは自己教育が必要になってきます。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・(中略)
教育と同時に第三に「修行」ということが問題になってきます。
私たちは生涯、何らかの意味で自分を教育していく必要があるのかもしれませんけれども、しかし、成人した後では、自分の魂の在り方を新しく作り変えるために、教育の方向とは別に、修行ということが色々な形で問題にならざるを得ないと思うのです。
「修行」という言い方は、宗教臭い表現ですし、何か禁欲的な響きもあるので、言葉としては適切でないかもしれませんが、しかし宗教に限らず、ある特定の道を見出した場合に、その道の目標に向かって障害を乗り越えて歩いて行く態度を、広い意味ですべて「修行」と言えます。
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
ですからその場合のシュタイナーの目標も、同じように地上の現実ではなく、その背後にある別な現実です。
そのような意味で、治療と教育と修行とは、同一関連の下に考察すべきものです。
つまり、肉体の次元から精神の次元への方向性を考えるときに、治療と教育と修行とは、同じ道の上に現れてきます。

高橋巌「ユングとシュタイナー」より

高橋巌先生、昭和のはじめのお生まれなので、すでに90歳をすぎていらっしゃいますが、とてもお元気で講座をされています。

一度講座を受講したいと思い、昨日でかけてきました。

二時間の講義の間、ずっとお水さえも口にされず(会場が会場内での飲食を禁じていました)、休憩なしでお話をされる姿にまず感動。
私のような若輩ものが、身体がだるいなどといっている場合じゃないな~と、
(これは根性論ではなく)、気合いというか、なんというか、事(使命)への思いが全然たりないと思いました。

シュタイナーは、難しいな~という印象があったのに、高橋先生にお会いしたい、という思いだけで参加したので、初めて参加して途中で眠くなったらどうしましょう、と内心ひやひやしていたのですが、いやいや眠くなるどころか、どんどん引き込まれていきました。

ひとつひとつ丁寧に言葉を紡ぎ、どのように考えていったらいいか、どのように捉えたら良いのか、優しく、けれど説得力のあるお話を聞いて帰ってきて、再度上に紹介した文章を読んでみると、まるで高橋先生が目の前でお話しくださっているように読めるから不思議です。

ちょうど内容がシュタイナーが1910年にベルンで行ったマタイ福音書講義12講の第一回目でした。
興味深い内容なのでこれからじっくり一年?二年?くらいかけて学んでいきたいな~と思っています。

そして先生の「教える」という姿勢から私が学ばせていただくことがきっとたくさんあるのではないか、というふうに感じています。

とてもうれしいご縁をいただきました^^

薬師如来像に逢いに行く

こんにちは

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

雨と晴れが交互にやってくるようなお天気でだんだんと湿度が高くなってきて
ムシムシしはじめましたね。

今日30日は5月2度目の新月

このところずっともやもやしていたり、
進行中のことがなかなか前に進まなかったり、
閉塞感があったかたたちも

そろそろ行動範囲を拡げていく時期ですね。
新しい扉を開いていこうとしているかたもいらっしゃるのでは?と
思っています。

さあゴーゴーです。

そして、

本格的な夏をまえに

新しい自分をさらに開いていくために
住まいを見直してみる良い機会でもあります。

基盤となる住まいを風水で整えて
さらなるパワーアップをしていきませんか?

お手伝いしますよ^^

さて、

今日は王福寺の薬師如来像に逢いに行ってきました。

写真撮影はできないのでポストカードからの画像ですが

 

榧の木の一本造り
平安時代の作というとても古い仏像です。

豊かな頬に大柄なお顔
「なにがあっても大丈夫」とおっしゃっているかのような平安な優しい笑みをたたえていらっしゃいました。
このたっぷりとした厚みのある安定感が、仰ぎ見るものに安心感を与えているよう。

平安時代から数々の危機を乗り越えて現在まで大切に守られてきたのでしょう。
人々の祈りとともに信仰の厚さもうかがえました。

ご住職が説明してくださり、良き時間となりました。

ご挨拶を済ませた後は

お楽しみの、秦野の大人気のジェラート屋さんへ

感動しまくって一気に食べたので写真がない!!
(ごめんなさいね~~)

その後二宮の「のうてんき」さんでランチ

 

と~~っても優しい味の豆カレーのプレートをいただきましたよ~~
新鮮な無農薬のお野菜たちの味の濃いこと!!!
美味しかったし、おなかがいっぱいになりました。
ほうじ茶入りのチャイをつくってくださったのですが、これも
写真を撮り忘れ・・・お見せできなくて残念

のうてんきさんの前のふたはさんで見つけたエチオピアの野生珈琲を
お土産に^^

美味しい物をたくさんいただいた一日でもありました。

みなさんも二宮に行かれたときには是非足を運んでね!!

ジェラート屋さんは 「ARIETTA」という名前ですよ
これはまた絶対にいって全種類生クリームトッピングで食べたい!!!!!

明日は9年前にイスラエルを旅した仲間と会うのですが、
なんとそのとき以来、つまり9年ぶりに会う人もいるの。

楽しみ~~♡