カテゴリー別アーカイブ: 紹介します

鑑真大和上との出逢い

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

京都で勉強会のあった翌日、偶然のご縁を得て奈良の西ノ京にある
唐招提寺に行ってきました。

6月6日は鑑真大和上のご命日で、その前後3日間のみ御開扉となる
日本最古の肖像彫刻と言われている国宝、鑑真大和上坐像
(撮影はできないので画像はお借りしています)

井上靖さんの小説「天平の甍」でも鑑真和上のことが描かれていますが、

奈良時代、それまで僧侶に戒律を授ける人がいなかった日本に戒律を伝えるために自らが命を懸けて日本へ渡ることを決意された鑑真和上。

是れ法のための事なり。
何ぞ身命を惜しまんや。
諸人去(ゆ)かざれば, 我れ即ち去くのみ。

とうたわれました。

当時55歳

国の宝であった鑑真和上を行かせたくないという妨害や、航海技術の未熟な当時の難破によって5度にわたって渡航に失敗。

それにより失明されたといわれる鑑真和上の情熱が消えることはなく、
6度目の渡航でようやく成功。すでに10年の歳月が流れ、66歳に。

日本での激務に従事されたあと、
唐律招提(→唐招提寺)とひそかに名付けた私寺がうまれたのです。

71歳でした。

深く熱い情熱と、決してあきらめない不屈の精神

その強い意志と情熱をどこに秘めていらっしゃるのだろうかと思うようなおだやかな慈愛に満ちたお顔

まるでほんとうにそこに座っていらっしゃるかのようなお姿に静かにむきあわさせていただくことができました。

合掌。

この坐像を拝して感動された松尾芭蕉の詠んだ句です。

若葉して御めの雫拭(しずくぬぐ)はばや

現代訳

みずみずしい若葉で、盲目の鑑真上人のお目元のしずくを
ぬぐってさしあげたい

東山魁夷の御影堂障壁画もしかり。

鑑真和上のお顔を拝する人のこころをとらえた感動が新たな芸術を生んでいったのですね。

その鑑真和上は14歳の時にみた仏像に心を動かされて出家したといわれています。

人生を変えてしまうほど心を揺さぶるものに出逢い、そのことがやがて
別の人の人生を変えることになっていく・・・

出逢いの共振は時間や空間を超えて行くのでしょう。

鑑真和上のお墓へと続く道は悠久の時を超えて今に生きる苔が
とても美しかったです。
苔好きとしてはたまらなくうれしく、ついなでなでしてしまいます・・・

 

そして、

戒律をさずけるための場所、戒壇

(結構な激しい降りだったので傘を持ちながら撮るのに苦労。斜めになってしまいました。(;^ω^) それだけじゃないかもですが)

ここは、とても不思議な感覚になる場所でした。
雨に煙る様子もなんだか異次元の空間のように思えてなりません。

数々の国宝の仏像たちをはじめ、唐招提寺はすべてが国宝のような場所ですね。

久しぶりの奈良でした。

 

幸せな循環~苺物語~

こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

 

週末の土曜の昨日、思いがけずとっても嬉しい贈り物が届きました!

サムベリー苺 鹿児島からです

なんてかわいらしいんでしょう!!!

箱を開けた瞬間に甘酢っぱいフレッシュな香りがふわ~っと
あたりを満たしていきます。

すっごく愛らしくて

すっごくフレッシュで

生命力にあふれてる!!

作りての方の愛情が感じられるものは心もカラダも満たされますね!

そして、これを大切な人に、っていってわたしに贈ってくれた
友人の気持ちがとてもうれしくて、うれしくて。

うれしすぎて、泣ける♡

友人はこの苺を「大切な人にあげて」、と言って苺を作られた真鍋さんからいただいたそうなんです。送料も眞鍋さんが持ってくださって。

友人が眞鍋さんからいただいた愛が私のところにやってきて、そして私はこの悦びをまた誰かに渡していく。。。
そうして巡り巡ってまた眞鍋さんはどこかのだれかから素敵な愛を受け取り、友人もまたきっと素敵な愛を受け取る。。

そんなふうに循環しあう世の中でありたいね^^

算命学も風水も、そういう願いをこめて、そんなふうに生きていく、
その土台の「ほんとうの自分に出逢う」こと、「家の中のハーモニー(調和)を奏でる」ことが、社会や他者との大きな循環になっていけばいいな~と思っています。

鹿児島県出水市の真鍋さんの苺です。

ぜひみなさんもそんな素敵な眞鍋さんの作られたサムベリー苺をご賞味くださいね^^
無農薬ですよ。

真鍋さん 連絡先 090-3414-6007
お店 鹿児島県出水市下知識町295武本13070

3月!!

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です^^

 

あ!!!!っという間に3月ですね~~

今日はこんな一節をみなさんにお届けしたくなりました。

・。・。・。・。・。・。

 

きみの惜しみない行為が

春 潤い 智慧 ヒヤシンス 糸杉の香りとなって

戻ってくる

ヨセフが戻ってくる!

もしきみの内側に生き生きとヨセフを感じることができないのなら

ヤコブになれ!

泣きなさい そして 笑いなさい

きみは体験していないことを 知ったふりをしてはいけない

死ぬことが必要なのだ

 

それゆえ イエスは甦る

尖った岩の上で 成長するものはほとんどない

大地になるのだ

粉々の土になることだ

そうすれば野の花は きみがいるところに 咲く

いつもとは違うことに挑戦しよう

自分を すべて 明け渡して

(ルーミー 愛の歌より)

 

これ以上 待つのはやめて

飛び込みなさい

海に 自分を解き放ち

あなたが 海になりなさい

何も語らず 無心に歩きなさい

誰もいない 祝福の道を

 

 

3月、皆さんはどのように過ごしたいですか?
これからの自分がどんなふうであったらうれしいか、わくわくするか、
そんなことを考えてみる週末を過ごすのもいいですね^^

いつもとは違うことに挑戦してみる!

古い自分を脱ぎ捨てて

 

素敵な週末になりますように☆

努力とは

努力というと、自分の力でやるのが努力だと思っている。

努力とはそういうことではないんです。

いかに自分の我をなくして、自然の変化に順応するかということが本当の努力なんですね。

考え方の根底が違うんですね。

修行というのは、自分の力で無我になることです。

そうではなくて、

自力ではなくて、神の力でさせていただくということです。

順応するために自分の体を変える。それで進化する。

神が地球に厳しい環境をわざとつくっている。
それに順応した生物だけを生き残そうとしているのです。

順応させることによってさらに進化させようというのが自然の仕組みなんですね。

だからそれに立ち向かおうとか、そういう姿勢ではだめなんです。

オリンピックで金メダルを取るようなスポーツ選手もそうですね。

順応したものが逆境を克服して伸びている。
途中でなんべんか挫折するような目に遭っている。

それに順応して乗り越えたものが世界一になっています。

順応プラス待つということが大切です。

いかに待つかです。

待てない人がいっぱいいるでしょう。

高速道路に乗っても追い抜くでしょう。
エレベーターに乗ったら必ず閉じる(クローズ)のボタンを押す。

そういう人は滅びていく人です。

これが宇宙の法則です。

どうぞお先へといった人が生き残るわけです。

順応して待つ。

感謝して待つことができたら最高ですね。

真理の川の流れに逆らうことなく、生かされている感謝の気持ちをもって、自分に起きることに無理せず順応して、待つ極意。

無心で静かに待つ。

一番いいことは水のようでいることだな。
水は他のモノの役に立ちはしても、決して他のモノとけんかなどせずに、いつだってみなにへりくだっているじゃないか。

だから水はタオに近いんだよ。

低いところにいても文句の一つも言わず、すなおだろう。
だから何をやっても順調だし、物事がうまくいく。

水は動くべきときがきたら動くし、また動いても誰とも争わないから、
なんにもトラブルが起きないんだ。

「不良のタオ」より・・・本日の覚書でした^^

スーパームーンの満月、

もうすぐその時を迎えます。

明日2月10日は天赦日(戊寅日)

こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です^^

明日2月10日は天赦日ですね。

春の戊寅日は天赦日です。

天赦日とは・・・

百神が天に昇り天が万物の罪を赦す日とされています。

「最上の大吉日」である。とも言われていますね。

 

そのため、天赦日にのみ

「万(よろづ)よし」とも注記されます。

つまり何をしても良い日なのです。

お財布を新調したり、明日を使い初めにしようとしているかたも
多いのではないでしょうか?

その他、結婚や引っ越し、起業など、新しく事をはじめるにも良い日です。

温泉にはいるとさらに効果あり、とも。

皆さんはどのようにして過ごされますか?

ちょうど日曜日。

翌日もお休みだから、旅の出発日にも良いですよ^^

思い立ったが吉日。

ちょっとした小旅行はいかがですか?
温泉付きでね☆