カテゴリー別アーカイブ: 紹介します

自分自身への忘備録として、そしてすべての若者たちに送りたい

野口整体創始者の野口晴哉先生が遺された言葉たち

自分に対しての忘備録として。

とりわけ未来を担う若者たちに送りたい言葉たちです。

 

《野口晴哉著 偶感集より》

良きことも、悪しきことも、外にあるのではなく、自分のそれに処する能力にあるのだということは明らかだ。
それなのに悪しきことを避け、良きことを求めようとするのは何故か。
弱いからだ。その心が起こるそのことがもう能力の無いことを示している。
そうしている限り安心は無い。安心が無い限り、良いことも、悪いことも、心配の種だ。

良いことは失うまいとし、悪いことは早く去れと希う。
事の良し悪しに拘らず、それに処する能力さえあれば、求めず避けず、いつも悠々としていられる。
それなのに何故、人はあくせくしているのか。
良いことや悪いことが、外からくるのだと信じているからだ。

能力が無かったら伸ばせばよい。
腕の力でも、脚の力でも、使ってゆけば強くなる。
人間の一切の力を伸ばすことは難しいことではない。
苦しいことをとしどし拡げて、苦しいことが楽しくなる迄苦しめば、それで良いのだ。
苦しむことが楽しくなり、苦しんでいることが面白くなったら、それで能力が拡がったのだ。

依りかかることをやめて、自分で立つ。立てないで転んだら、又立つ。又転んだら又立つ。立つ意思がある限り、人は強くなり、その意思がある限り、転ぶ毎に人は伸び、能力は増える。
転ぶことを厭いて、立たない人はどんどん弱くなる。
自分の足で歩かない人は歩けなくなる。立てなくなる。
立てなければ転ぶこともできない。

それなのに、転ばないことを慎重のつもりでいる人もある。慎重と用心は、人が先のことを判るつもりでいることから始まる。これは知恵のある行為だ。
しかし、その知恵の為、決断と実行を失って、人は眠ってしまっている。しかも眠っている間に、気が抜けてしまう。

失敗したらやり直すだけだ。失敗をいくら繰り返しても、失敗を活かそうとしている限り、失敗ではない。
そしてそういう人には失敗は無い。
それ故、安心は何もかも全く知らないでポカンとしている時と、何もかも知り尽くして、その時そのように処する能力を持っている時だけにあって、慎重と用心からは産まれない。

何もかも知り尽くすということは、何もかも判らないことが、本当に判ったことをいうのだ。
何もかも判るつもりのうちは、判るということはない。
知り得ない人間が、知り得ない世の中を、知り得ないままに歩んでいる。
手探りしている人は、知り得ないことを知っていない人だ。知り得ないことを知った人は、大股で歩んでいる。
闇の中で光を求めているのは、知り得ないことを頭で判った人だ。知り得ないことを本当に納得した人は、光を求めない。又頼らない。その足の赴くままに、大股で闊歩している。彼はその裡なる心で歩いているのだ。

後ろを振り返るは弱いからだ。手探りするは信なき者だ。足もとを見ているのは、先の見えぬことを、腹で判らぬ人だ。哀れなことにそういう人はいつも汗をかいている。

※ 野口先生は、
同じ「風」というタイトルで、幾つかの語録、詩を遺されているようです。以下もその一つ。

《野口晴哉著 偶感集より》

まず動くことだ
形なくも動けば形あるものを動かし
動かされている形あるものを見て
動いているものを感ずるに至る

動きを感ずれば共感していよいよ動き
天地にある穴 皆声を発す
竹も戸板も水も 音をたてて動くことを後援する
土も舞ひ 木も飛ぶ 家もゆらぐ
電線まで音を出して共感する
――天地一つの風に包まる

先ず動くことだ
隣のものを動かすことだ
隣が動かなければ先隣を動かすことだ
それが動かなければ次々と動くものを多くしてゆく
裡に動いてゆくものの消滅しない限り
動きは無限に大きくなってゆく
これが風だ

誰の裡にも風を起こす力はある
動かないものを見て
動かせないと思ってはいけない
裡に動くものあれば必ず外に現はれ
現はれたものは必ず動きを発する
自分自身 動き出すことが その第一歩だ

黄金精麻飾りを作りました^^

みなさん、こんにちは!

風水Life アドバイザーの愛賀真琴です♡

昨日1日は友人が来てくれて、黄金精麻でお飾りを作りました。

麻を手で丁寧にしごいてすいていく作業は心が静まっていきます。

が、結構な量の麻だったので、初心者の私が手がおそく、なかなか進みません。

そこに顔をだしたうちのおっとっと君。

「手伝って~~」と言ってみたら、何するの?と言って参加してくれたのはいいのですが、しごくのは手が痛い、と軟弱なことを言ってすぐにリタイヤ。。。。(だめじゃん)

ほぐした麻をねじるだんになったら再登場。(笑)
ねじりを手伝ってくれて、夫婦合作の輪かざりの出来上がり(笑)

麻に触れるだけで、すっきりしますね。

お知らせです^^

明後日4日から8日まで勉強会で長野に行ってきます。
メールの返信などは9日以降になりますのでどうぞよろしくお願いします。

ずいぶんと寒くなってきました。

みなさまどうぞご自愛くださって、良い時間をお過ごしくださいね^^

算命学イヤーリーディング2020締め切りました!

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

かねてよりご案内しておりました「算命学イヤーリーディング2020」は募集人数に達しましたため、募集を締め切りました。

ご依頼いただきましたみなさま、楽しみにお待ちくださいね^^

もしかしたら、若干名ではありますが、追加募集をするかもしれないので、タイミングを逃してしまった!!っていう方で、受けたい気持ちの方はその旨お知らせくださいね。

さて、先日、皇居へ大嘗宮を見に行ってきました^^

とても素晴らしかったです。

 

 

二の丸、三の丸の紅葉も美しく、特に二の丸雑木林は大好きな場所なので、ゆっくりと時間を過ごしてきました。

 

 
 

皇居はいつ行かせていただいても、ほんとうに清々しく、美しい場所ですね。
日々祈りがあるからでしょうか。

心が洗われます。

冬桜も咲いていましたよ♡

大嘗宮は12月8日まで一般公開されていますので、
機会がありましたらぜひ見にいかれてくださいね。

必見です^^

ツァラトゥストラかく語りき

暑い夏の午後は涼しい部屋で、最近はニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」を読んでいます。

どうして読み始めたかというと、

ゾロアスターに少なからず興味があったからなんですけどね。

ゾロアスターのドイツ語読みがこの、ツァラトゥストラ。

ちょっとずつ、ちょっとずつ、読み進めていますが、一つ一つの文章をこの小さな頭で理解しようとすると、使っている言葉の解釈に溺れてしまいそうになるので、な~~んとなく、ふ~ん、、、といった感じで
読んでいます。

最初は言葉の難解さと字の小ささにきっとすぐに放り出してしまうだろうと思っていたのですが、これがどういうわけか、言葉のリズム?のせいなのか、心の奥に響いてくるものがあって、案外とまた手に取りたくなるのが、ちょっと不思議で

いったいニーチェさんてどんな宿命?と興味が出て算命学でみてみました。(笑)

ニーチェ、経歴

代々プロテスタントの牧師の家の長男として生まれる。
24歳でワーグナーと出逢い、傾倒。
大学教授の職を得るも、35歳でそのワーグナーと絶交、以後その音楽を激しく非難。
翌年病が悪化して職を辞し、以後10年著作活動を続けるも精神錯乱のまま没する。

ニーチェが「生の哲学」と言われるゆえんや、
痛烈なヨーロッパ文明批判やキリスト教批判、最愛の友、ワーグナーとも絶交し孤独になったこと、最後は精神の病で亡くなったことが裏付けられるような、とても繊細な感性と激しい精神の葛藤と孤独性の持ち主でした。

家族の間でも社会や友人との間でも、理解は得られなかったであろう自身の生を自分でもどうすることもできなかったのではないか、と思われます。

そんなふうに見てみると、またこの難解な文章を頭で理解なんぞしなくてもいいんだな~、
わからないことをわからないままに本って面白く読めるんだな~などど
思いながら、
ニーチェとツァラトゥストラが私の中で重なりながら、読み進めています。

それでも、読みおわるまでには時間がかかりそうです。

ゆっくりと楽しみます^^

旬をいただく~穴子~

先日は、旬をいただきに日本橋の玉ゐさんへ

ちょうど旬の天然あなご

煮穴子も焼き穴子もどちらもとっても美味しい。

美味しいものに言葉はいらないですね^^

 

ごちそうさまでした。

明日はとっておきのラーメンを食べに行ってきます。

食レポのようなブログが続きますよ^^

明日をお楽しみに^^