カテゴリー別アーカイブ: 紹介します

奇跡の瞬間

今日は今がっつり取り組んでいる嫁行に午後のお休みをいただいて

「仁和寺と御室派のみほとけ」~天平と真言密教の名宝~展最終日に
滑り込みで行ってきました^^

圧巻の内容だったのですが、その中でも特に心を惹きつけられた仏さまたちを紹介しますね♡

まず最初は

江戸時代の出開帳以来初めて東京に、それこそ命がけで来てくださった秘仏、千手観音菩薩像さま(大阪 葛井寺蔵)

大小合わせて1041本の、見事に表現された手。

通常はお厨子の中に鎮座されているのを拝観するので全体像を見ることが難しいということですが、今回は前から横から後ろから、ほんとうに目の前でみることができたこと、このためにどれほどの人たちがどれだけの労力を注いでくださったかと思うとほんとうにありがたいことですね。

その後ろ姿にはいつも師匠が私たちの背中の秘密について語ってくださっていることがそのままそこにありました。

後ろのお姿に思わず手を合わせたくなってしまうほどに神々しいお姿でした。
お逢いできてほんとうに良かった!!

そして、次はもう5年越し、どうしても一年に一回の御開帳に日程が合わず、逢えずに恋焦がれていた「神呪寺の如意輪観音菩薩坐像」がなんと、仏さまのほうから東京に来てくださるなんて!!

この機会に逢わずにいられましょうか!

なんとも程よくみぞおちのゆるんだ愛らしい独特の美しいお姿に
初対面した感動は言葉にならないものがありました。

空海が眞名井御前をモデルにしたとも伝えられる如意輪観音さま
ほっそりとした姿と腕の細さ、桜の木を彫ってあるからなのか、
桜の花の精霊のようにも思えました。

神呪寺 如意輪観音坐像

そして、心をわしづかみにされた四国遍路の難所の一つと言われる、標高900メートルあまりの山地にある雲辺寺の秘仏「千手観音菩薩像」

なかなか行けない場所にいらっしゃって、しかも秘仏で御開帳のサイクルも決まっていないとのこと。
遠い遠いあこがれの存在だった千手観音さままでもが東京まではるばる来てくださるなんて、なんという奇跡!!

毘沙門天像と不動明王像との秘仏三像が並ぶお姿に時を忘れて
立ち尽くしてしまいました。
言葉がありません。

至福(エクスタシー)という表情を表現するとしたらこのようなお顔ではないかなというような、満ち足りて悦びある柔和なお顔、それでいて無垢。
言葉にするとどれもこれも陳腐になってしまうのが何とも切ないのですが、是非是非みなさんにも一度はお逢いしていただきたいな~と思う仏さまです!
熱弁をふるっても残念ながら、この写真は実物とは比べようもなく、、
至福さが伝わらないな~~~

このような秘仏さまたちが一堂に会していらっしゃるせいか
くらくらしてきてしまってわたしはあのとき息をしていなかったんじゃないかと 思うほどでした。

あまりこれまで馴染みのなかった「馬頭観音菩薩像」さまも
とても洗練されたお姿で、見惚れます。

他にもたくさんの素晴らしい、美しい、凛々しい仏さまたちがたくさん!!

それも肌がふれあうほどに近くでじっくりと全方向から拝観できたことはほんとうに奇跡です。
所蔵されているお寺に行ってもこのようにはみることができないのですもの。

宮島のお寺、大聖院の不動明王さまも確かちいさな窓から覗き込んでお姿を拝したように思うのですが、ここではお身体に触れる(だめです!)ほどなんです!

主宰の方々の気合を感じますね!!

最終日に間に合って行けてほんとうに嬉しかった~~^^
夫君が頑張って良くなってくれたおかげだな~
ありがとう!!

ほんとうは夫君と一緒に観たかったけれど、いまはまだ難しいです。

それでも嫁行にお休みをもらえるほどに身体が回復してきたことが
ほんとうにほんとうにうれしい!!

生きていてくれるだけでうれしくて愛おしい。

毎日の瞬間瞬間がとても大切で、
思うようにならないことも、
今までのようにはいかないことも
全部がいまのいのちのすがたで、生きている瞬間。

どんな形であっても楽しめるんだってわかったから。
だから日々私たちは永遠の奇跡の瞬間と出逢い続けているんだ♡と思えるのです。

今日の仏さまたちと奥の奥の奥で、出逢えたこと、それも奇跡のような触れ合いでした。

そんなことを振り返り、今日という日を思っていたら
しばらくまえのことですが、祈ることが暮らしの中にあたりまえのように やってきたことに実はびっくりしたことを思い出しました。

祈ることはわたしにとってちょっとした特別な時間のものだったから、さあ、いまからお祈りしましょう、と思ってするものという感覚でした。

でもそうではなくて歯磨きをするように日常のなかにやってきて、
気づいたら「これは祈り。。だよね?」的な?(笑)

祈りはこういう人がするもの、みたいな私の中の定義さえも崩れた瞬間でもありました。

3月11日は誰にとっても祈るということが身近になった日ですね。

そして12日は私の母の月命日です。

お母さんが幸せでありますように☆

仏さまたちがみなさんこれからも幸せでありますように☆

そしてご縁をいただいて出逢うことができたみなさんが幸せでありますように☆

明日も頑張ろうっと!

(写真はすべてお借りしています)

美味しいものが届きました!!

昨日は仕事とはいえ、久しぶりの大好きな場所で
テンションが上がりました^^

算命学のセッションでお会いしたある社長さんから
ユニークな社員教育のお話をうかがって、コミュニケーションの取り方や、意志の伝達方法について、へ~~なるほど!!と思えることが
ありました。

そして、一昨日の風水コンサルティングに伺ったお宅の方から
私が提案させていただいたものを取り入れるために早速ご家族で
探しにいかれたという報告がありました。
ご家族が一緒に自分たちの今をよりよいものとするために行動する、ということこそがまずは素敵な一歩なのです^^

そして、そして
今日は超絶美味しいうみたて卵さまをわざわざ友人が届けてくれたんです!
帰ってきたら門のところに遅れてやってきたサンタさんからのプレゼントのように置いてありました^^

この卵、ほんとうに美味しいんです。
餌にもこだわり、放し飼いの鶏さんたちが産んだ卵です。

ここのところずっと心がすり減るようなことがあったのですが、
元気になれました。

また明日から頑張ろう^^

みなさん、お心を寄せてくださりほんとうにありがとうございます^^

 

秋分の日に思う

 

今日は秋分の日

夜中まで降っていた雨も上がり、お昼頃には太陽の光が!

空には雲の饗宴

空気が一新したな~と感じます。

私はこのわたしで生きていくぞ~~!!!

明日は船井フォーラムでのKan.さんのワークショップに参加します。
そこで展示される薬師寺一彦さんのアクリル彫刻の作品をじっくり見てきました。

 

 

 

感動して、涙がでちゃいました。

一つ一つの作品の込められた魂とでもいうのかな、
70キロものアクリルのかたまりを削って削って削って、その中に宿る命を作品として表現されています。

Kan.さんの書とのコラボが見事で、そして、添えらえた写真もまた素敵でした。

11月には東京・大塚のマスミギャラリーで個展をされますので
皆さんも是非!!

必見です。

どうぞ楽しい週末をお過ごしくださいね!

益子陶器市2017を楽しむ

GWは奥秩父から日光へと移動し、益子の陶器市に行ってきました。

29日から始まっている毎年恒例の陶器市。

毎年大人気でたくさんの人で賑わいます。

昨年は午後から行って、駐車場に入るのにかなり待って、混雑と暑さでぐったりしてしまったので、今年はあさイチで出かけ、
8時過ぎには現地到着。

すんなりと駐車場にも入れて、午前中は暑いとはいえさわやかで
色々とお目当てをみることができました^^

最近中国茶を始めてかなりはまっているので日本の作家さんの茶壷があれば、と思っていました。

今お気に入りの中国茶用のスペースです。

素敵な作家さんがいらっしゃいましたよ^^

山崎さおりさん

まだ若い女性です。

本来は日本の急須の作家さんですが、中国茶用の茶壷もつくっていらっしゃいました^^
どれも素敵ですよね~~

実際にお水も入れてみてお水の切れ具合も確かめさせてくださいました。

1つ気に入ったものを購入しましたよ。

さてどれかな?

そのほかに別のお店で蓋椀か湯冷ましとしても使えそうな、
お抹茶用のしぼりと茶杯もゲット。

昨年購入してすごく使い勝手の良い、オーバルのお皿。
今年も違う作家さんのものを購入。

こんな面白いものも発見!

陶器でできた、コインの飾り皿?
財のエリアにどうでしょうか?
色がね~~別の色ならもっといいわね^^

迷いに迷ったのが日光下駄。

結構良いお値段でしてね、結局買わなかったんですが、やっぱりほしいな~~

近くには森のレストランがあります。
その名もまんま「森のレストラン」(笑)

益子焼で作られたサグラダファミリアです。

野草園もあってお散歩にも最適!!

充実のGW前半!!でした

 

宮城蔵王での算命学講座&個人セッションから戻りました

スペースkodamaでの講座の様子

結局一時間半では終わらず、(笑)、
懇親会終了後に再度講座。

皆さんとても熱心に耳を傾けてくださってありがたいです^^

白石名物?うーめん

これは吉永小百合さんがCM撮影の折に召しあがったお店の一押し!

講座終了後に参加してくださった山下さん(龍笛奏者であり先生)が
龍笛と蝦夷笛を吹いてくださいました。

吹き抜けの空間に良く響きます^^

遠方からも、また二日間にわたって足を運んでくださった方もいらっしゃって感謝でいっぱいです。

今回はご参加いただけなかった方のためにも、また蔵王でのイベントを
やりたいです。