カテゴリー別アーカイブ: 好きなもの

宮本浩次さん

この方の歌はハートの奥の奥に響きますね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ご本人がとてもとてもピュアな方なんだと思うのですが、

とても誠実で、とても暖かく、

とても   せつない。

いつのまにか涙がでちゃう。。。

宮本浩次

女性ボーカルの曲ばかりのカバーアルバムを最近リリースされました。

岩崎宏美さんの「ロマンス」なんて、驚愕の「ロマンス」になってます。

カバーもとっても素晴らしいのですが、

今日朝イチで最後にうたわれた「ハレルヤ」

ぜひ聴いてみてね

私も

自分の言葉で

自分の奥からちゃんとちゃんと相手のハートに届くように

目の前の人との時間を大切にしたい、と思います。

そんなふうに仕事をし、毎日の日常を生きていきたいです。

己巳の日は弁財天へ

今日は11月22日

いい夫婦の日&己巳の日☆

ということで、おっとっと君と鎌倉に出かけました。

が、すごい人、人、人。

人混みは疲れますね~~

DSC_0344.JPG

若いときはそんなこともなかったように思うけれど、
人のペースで歩くとか、がだめですね。

わがままになったのかな?

大相撲の千秋楽をみたかったので(笑)

ランチをして、
八幡宮にある弁財天にお参りをしてさくさくっと帰ってきました。

その後はテレビの前で正座して(笑)
大相撲観戦!!!

2敗の照ノ富士関と貴景勝関の直接対決の本割

照ノ富士関の堂々とした姿に「強い」オーラが!

ものすごく素晴らしい相撲で貴景勝関を圧倒。
貴景勝関は完敗な感じに私には見えました。

かつては大関でしたが、今は小結の照ノ富士関に完敗してしまった大関貴景勝関の気持ちはどうなんだろうか・・・と不安がよぎります。

もっとプレッシャーがかかってしまうのではないか?
固くなってしまうのではないか?
もしかしたらまた負けてしまうのではないか・・・

そんな私の不安な気持ちはまったく無用でした。

優勝決定戦で、さきに手をつき相手を待つ大関。
今度はまったく照ノ富士関を寄せ付けない大関相撲で優勝をもぎとった時には、
ほんとうによかった!と思いました。

優勝インタビューで

本割で負けてどんなことを思っていたのですか?と聞かれて

負けてしまったんだから、もう無になって、無心に向かっていこう、
相撲をはじめたころの、強くなりたい!と一心に思っていたころの気持ちを思い出して、挑戦者としてぶつかっていったという答えに、

なんと潔い!!!
負けを認めて、その上であの短い時間に心を無にして挑戦者として向かっていくと
いう気持ちにもっていける真の強さを感じました。

覚悟を決めるっていうことはこういうことなんだな~

来場所の綱とり挑戦もぜひぜひがんばってもらいたいな。

そして照ノ富士関も来場所も良い成績で念願の大関に返り咲いてほしいな。

元気そうにけいこしていたはずなのに負けそうになると怪我を理由に休場しちゃう横綱はもういらないから。

秋の比叡山へ

秋の深まった一日を比叡山で過ごしてきました。

みなさん、こんにちは^^

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

比叡のお山はとても素晴らしい場所でした。

宿泊させていただいた延暦寺会館もとても良かったです。

東塔、西塔、横川と3つのエリアがある、比叡山

とても広大です。

東塔の根本中堂ではご本尊の薬師如来さまにお逢いできます。

そして西塔エリアはとても好きな場所です。
静寂でパワフル。

横川は東塔や西塔とはかなり離れた場所にあるだけに修行の色濃く、
また人も少なくて、散策するのにとても良かったです。

悠久のときを知る苔たちが出迎えてくれました。

 

早朝、窓を開けると、眼窩に琵琶湖、空には夜明け前の月と星がランデブー♡
のぼる朝日の美しさに圧倒され、
勤行では心静かに不滅の火の教えを胸の奥に刻みました。

私も私の火を絶やさぬよう、ともし続けたいと思います。

お山でいただいた中国茶はとりわけおいしく感じます。
とても心に染み入る一日になりました。

感謝。

今宵は十三夜です(10月29日)新しいお知らせもあります

みなさん、こんにちは

今宵は十三夜ですよ。
10月(旧暦9月)の十三夜の月は
「後の月」「栗名月」「豆名月」とも呼ばれて、
古からお月見を楽しむ習慣があります。

9月の仲秋の満月とは対になっていますので、
どちらか一方だけを愛でるのは「片見月」といって縁起が良くない
とされています。

宮中でも今宵十三夜のお月見が行われるそうです。

仲秋の満月に祈られた方は、ぜひ今宵のお月さまも愛でてくださいね^^

お天気だといいですね♡

さて

今日は初めてセッションをしてから10年、ずいぶんと長いお付き合いになったな~とちょっと感慨深くもある方の算命学セッションがありました。

私は自分で自分の人生を歩いて行ってもらいたい、そのために算命学をツールのひとつとして縁ある方にお伝えしたい、と思っていますが、
その、自分で歩く、というところに結構こだわりがあり、これまでセッションが依存や支配にならないようにすごくすごく注意をしてきたところがあります。

だけど、数は少ないですが、フォローアップを定期的にさせていただいている場合もあります。
今日のSさんもそうですが、
折に触れて関わりをもつことになった方々とは、その方々も私も双方が
それぞれの道で成長し、また葛藤もしてきたプロセスがあり、時間をかけてそのプロセスを見守ってくることができたことをとてもうれしくも感じているのです。

手を放すことだけが、良いというわけではないな~、
場合によっては数か月とか数年という時間をかけてその方のテーマに寄り添うこともまた素敵なことだな~と気持ちを新たにしたところです。

今後は一回で終わりではない、フォローアップありきの
算命学のコンサルテーションもしていきたいな、と思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

算命学マスタークラスのお二人

みなさん、いかがお過ごしですか?

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

2007年

私が一方的に教えるということではなく、
算命学をもっともっと皆さんと一緒に学びたい、
算命学を通じて自分を知ることの大切さを伝えたい!
と思って始めた講座が

「愛賀真琴の算命学講座」

きっかけは

現在は仙台にお住まいの「チハラダクニコ」さんが主宰された
「魔法学校」の中で、
私が算命学講座をさせていただいたことでした。

当時、個人鑑定はしていましたが、

算命学を伝えるということを、
してみたいとか、やろうとか、
ましてや私にできるなんてことすら、まったく考えてなかったので、

私のマニアックな?算命学を面白い!!と思う視点が
全く算命学を知らない方たちに伝わるのだろうか?

興味をもって聞いてもらえるのだろうか?

とドキドキしていたことを今も昨日のことのように覚えています。

このことをきっかけに

個人セッション(個人鑑定)もいいけれど、
広く算命学の考え方を知って、生きる指針にしてもらいたい!
自分を知るには、他者を知ることも必要!!と思うようになり、

今度は

私自身が「算命学講座」という形でシリーズで開催するようになったのでした。

その後、色々なカルチャーセンターさまからお声をかけていただくようになり、カルチャーセンターでの算命学講座もさせていただくようになりました。

その最初が自由が丘のカルチャーさんでの算命学講座

初めてカルチャーセンターで講師をすることになった私の講座に
生徒さんとして参加してくださった中にYさんとHさんがいました。

その講座は2年がひとつのサイクルで終了になったのですが、
お二人はそれ以来ずっと、一緒に算命学の世界を探求する仲間に。

以来10年を超えるお付き合いになります。

もう教えることはないわよ、と言っているのですが、
ずっと真琴サロンに通ってきてくださっています。

今は毎月お二人がそれぞれ選んだ「時の人」の鑑定をし、
それに対して質問をしたり、
私が、一応先輩として、鑑定のポイントと思われることや見方を
シェアしたりしながら、三人で研究を重ねています。

とても楽しい時間です^^

算命学の奥深い世界の探究を通じて、
人生を学ぶ貴重な時間でもあります。

立場的には先生と生徒ということになってしまうのかもしれませんが、

そういった立場を超えて

長い時間をかけて

培ってきた関係性が

わたしにとってかけがえのない宝物だなあと思います。

長きにわたりおつきあいくださっていること、
心からお二人に感謝をしています。

そのお二人を筆頭に、

途中で卒業されていった方たちも、
今現在一緒に学びあっている方たちも
コロナでお顔を見ることができなくなった方たちも

触れ合った時間の長さに関係なく、

一緒に学びあえたこと、出逢えたことを

ほんとうにうれしいなあ☆

奇跡のようなご縁だなあ☆ と、

感謝の気持ちのあふれてくる今日この頃です♡

至らないことも多い私なので、
自分では知らない間に不愉快な思いをさせてしまっていたことも
きっとあったと思うのだけれど、

そんなこんなも

ぜ~んぶ含めて

ほんとうにほんとうに
出逢っていただいてあいがとうございます!!!

と心からお礼を言いたい私です。

そういうご縁が私を育ててくださったし、成長させてもらえたな~と
思うから。

カルチャーでだけの出逢いだった方々は連絡先さえわからないし、
地方に出張講座をしたときにお逢いして、一回限りのご縁だった方たちもたくさんいらっしゃるのですが、

いつかいつか

これまで算命学を通じてご縁をいただけたみなさまと

算命学同窓会みたいなものができたらいいな~と思うのであります♡

もしも、もしも、もしも・・・奇跡的にこれを読んでくださって、
久しぶりだわ☆と思ってくださった方がいらしたら・・・
ぜひ連絡くださいね^^

心よりお待ちしています♡