カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

下駄生活21日目

こんにちは!

風水Life アドバイザーの愛賀真琴です^^

先月黒田商店さんの下駄を購入して3週間。

履いていると、行くところ行くところで褒められます。

そしてどこで購入されました?

と聞かれます。(笑)

人間本来のもつほんとうの身体を取り戻したくて下駄生活を取り入れることにしたのですが、

歩き方の癖とかもろにでております。涙

これまで足がいかに過保護にされてきたのか、ようくわかります。

黒田さんの下駄はこちら

パンツやジーンズはもちろん、スカートでもワンピースでも
ひたすら下駄の毎日です。

この下駄、足裏があたるところが自分の足の形にかたどられていきます。
そうしてまさに自分の「足」になっていくのですが、
足裏が当たる部分が柔らかくて、とてもはきやすいのです。

が、しかし、

自分の足になるまでにはまず、履きこなす、なれる必要があって、
これまでの自分の歩き方を反省しきりです。

足裏でつかむようにはかないと、下駄が足についてきてくれないのと、かかとから着地するならほんと楽!!なんですが、師匠からはつまさきから着地するようにと言われているのです。
つま先からだと早足ができないし
結構足が力んでしまうところがあるのですが、それでも足が疲れないのが不思議。

もっと下駄と仲良くなりたいな~と日々奮闘中の真琴です。

今日は整体に行ってきたのですが、
肩甲骨が固まってしまっていると言われ、自分ではいい感じで動かせているつもりだったので、結構ショック。。。。苦笑

背中に張り付いてしまっていた肩甲骨を動かすと、ゴリゴリ言ってます。(笑)

どうしても反り腰なので、(以前は今よりももっとひどかったんですが、)
その姿勢が骨盤を開いてしまうんですね~~
気を付けよう。

仙腸関節や、足首、肩甲骨まわりを調整していただきました。

これで下駄ももっとうまく履けるようになりそうだ!!

愛が届きました

こんにちは~、愛賀真琴です。

私が大好きな場所、長野の女神山に住む友人から美味しいものが届きました^^

無農薬のオレンジで作ってくださった、マーマレードジャム。

子供のころはイチゴジャムとかと違ってマーマレードって、ちょっと大人の味で、中学生のころ、ちょっと背伸びしたくてマーマレードジャムが好きなんて言ってみたりしたな。

どれだけ手間がかかるか知っているだけに、その味わいも格別です。

毎日の食卓とティータイムがと~っても楽しみになります。

幸せ♡

ラジオの先輩から先日の放送後に深川ギャザリアのお庭でランチしながら撮った写真をいただきました^^

 

皆さん3年~5年続けていらっしゃるベテランのかたたち。

とってもきさくで、素敵です。

学ぶことも多いです。

新しい出会いがもたらしてくれるもの、たくさん吸収したいな^^

5月はいい季節ですね~~

<名古屋算命学出張鑑定のお知らせ>
5月26~27日(土・日)

名古屋で算命学出張鑑定をいたします。
残席
土曜日 11時~13時
日曜日 12時~14時
以上の枠がありますのでお問い合わせくださいね^^

お問い合わせは
info☆aigamakoto.comまで(☆を@に替えて送信してください)

 

美しいということ

 

人は本来、男性も女性も美しい。
それは顔かたちがきれいというのとは違うの。

その人が本来もつ美しさが発露するということ。

わたしが人を美しいと感じるとき、
それは現実に何か良き事が起こった、例えば、うれしいことがあったとか、恋人ができた、とか、という、外側で起こっていることではなくて、自分の内側の小さな気づきや思い癖のひとつを手放せたり、
許可が増えたり、といった内面の変化が、より本来の自分を愛せるようになった結果なんだと思う。

じゃあ本来の自分って何?ってことだけど、

誰かにとっての都合の良い私や、誰かに愛されたいための私や、
誰かに気に入られたいための、評価をされたいための、そういう私ではない、今現在この瞬間の私のありようを、たとえ何かが足りなかったり、もっとこうなりたいと思っていたり、だめなところや嫌なところやそういうものをちゃんと見たうえでそれをそのまま、ありのまま、ちゃんと知っている私がそこにいるということ。

そういう私を私として愛すべき存在だと、ちゃんと自分が思えるようになるってこと。
生の私の性を許可できること。

不安や恐れはなくならないし、なくそうと思わなくていいんだと、
改めて思う。
たとえあってもそれとともに進める。

病気をもっていても幸せでいることはできるし、
シミがあっても楽しく生きることができるはずだ。

何かが手に入れられないから幸せになれないということはないのだ。
それがなくても幸せでいることはできる。

また、傷だらけの人生でも楽しむこともできるはずなんだ。

そのうえで、長年生きてきて染み付いた澱のようなものや、溜まっている感情のしこりや批判はできるだけできるだけ気づいてあげる。

愛って言葉以外の言葉がないけれど、
愛って言葉が嘘くさく聞こえやしないかと思って発するのをためらう。

でも愛なんだ

そこには愛しかないんだ。

愛があることに気づいたとき、
実は最初から愛しかなかったことに気づくとき、
色んなものが剥がれ落ちていく。

そうやってどんどんクリアになっていって、
それがその人本来の美しさを発するようになる。

そういうことに気づかせてくれるきっかけは算命学だった。

私は算命学にすごくすごく助けられてきた。

理解されないという悲しみ。
わかってほしいという切望
わかりたいという渇望

でも100%わかりあえるなんてことは幻想だ。

自分のことすら、自分がすべてをわかっているかと言えば、
複雑な自分を持て余すことさえある。
自分で自分をどうしていいかわからないときもある。

他人ならなおさらだ。

あの人はこういう人だとレッテルをはっていないだろうか?と自問する。

私は私を決めつけられるのも嫌だし、他人を決めつけることもしたくない。

人間っていうのはもっともっと複雑なものだから、ああ、〇〇型でしょう!というようにカテゴリー別に括られるのも好きじゃない。

そうやってジャッジされるのも嫌だ。

だからね、算命学もそういうふうに使うとすごく人を限定してしまう。

あくまでも指針、物差しのひとつにすぎない。

やみくもに信じるのではなく、活用してもらいたい!

完璧な、それさえやれば他はいらないなんていう完全なものは世の中に存在していないと思う。
どれも不完全だからこそ、お互いがお互いを補い合える。
そういう補完関係は人間関係でも大いにある。

完璧じゃない自分を受け入れてくれている宇宙のなかで
人の失敗や不完全さを馬鹿にしたり、笑ったりできるだろうか?
できるはずもない。

だから愛がある。

愛がすべてを丸い地球のようにしてくれたのではないかと思う。

いびつな形同士もいくつかどんどんくっついていけば、お互いの足りないところを補いあいながら、理解しながら、やがてひとつの丸い地球になっていく。

そんなことを学べたのも算命学だからこそ。

だからね本気で取り組んでいるのです。

運を育てる場所

こんにちは^^

風水&算命lifeアドバイザーの愛賀真琴です♡

みなさん、宿命と運命の違いについて知っていますか?

宿命とは、生まれたときにすでに手にしているものであり、決まっているもののことです。

例えば、生まれた国や両親、性別、その時点での兄弟の有無といったものはすでに決められていて、
アメリカに生まれたかった!、
となりのこのお母さんの方がやさしそう!と思っても
それらは変えることができませんね。

それを宿命と呼んでいます。

それに対して運命というのは、後天的に自分が選んでいけるものです。

つまり命をどこに運んでいくかは生まれた時点では決まっていません。

その後の瞬間瞬間の選択が人生を変えていくことになります。
どこに住むか、誰と結婚するか、仕事は?など、自分以外の人による選択(幼いころは両親の選択によって変化しますからね)もありますが、後天的に自分で選んでいけるものが運命になります。

算命学では、自分の宿命を知って、その宿命に沿った環境や物事を後天的に選んでいくことができれば、誰でもそのひとなりの幸せをつかむことができる、と考えているんですね♡

もし、宿命とは違うものを自分の意志で!選んだのであれば、そのことでうまく行かないことがあったとしても、人のせいにしたり、環境のせいにしたりはしないですし、他人の何倍も努力しよう!と思う覚悟も生まれるかもしれませんね。

宿命を知るということは、自分を知るということ。

自分の宝を知るということなんですね。

で、今日の本題はここからですよ。

自分を知って、自分を活かす道や活かす方法、活かす環境がわかったら、何らかのアクションを起こすことが大切です。

それまでの環境が合っていないなら、住む場所や仕事や人間関係を変えれば、おのずと運命も変わることになりますね?

そして、運を育てる場所があるのをご存知でしょうか?

運は寝て待て。。。。うん?

間違えました。(笑)

果報は寝て待て、というでしょ?

果報の「果」は良い結果、「報」は悪い報い。やるべきことをやったら、良い結果になるか悪い結果になるかは運次第だから、慌てず焦らず、落ち着いて待っているのがいい、という意味なんですけれども・・・

みなさん、叶えたいこと、ありますか?

収入をアップさせたい
ソウルメイトに出逢いたい
自分に合った仕事につきたい
海外で仕事をしたい
昇進したい

色々ありますね^^

そういう願いをかなえるには体力も必要でしょ。

やる気だけではかないません。

願いを叶えるのに見合う気力と体力が必要です。
そして運気も。

そのためには「休息をしっかりとる」ことも大切。

頑張るだけ、動くだけが能じゃない。

パフォーマンスをアップするには適度な休息が必要なんです。

ということは、

良く働き、良く休むことですね^^

休む場所は家の中ではどこですか?

そう!!

寝室です。

寝室で「運は育つ」のです!!
一日のうちのかなりの時間を私たちは寝室で過ごします。

運を育てる大切な場所をまずはリラックスして明日への活力の湧く場所にすることです。
(ワンルームマンションとかにお住まいで部屋としての寝室がなくても
大丈夫です。ベッド周りの環境を整えてほしいのです)

ごちゃごちゃして、休む気にもならないようなところでは、佳き運も育ちませんからね。

注意してほしいのは・・・

休息する場所に、カレンダーとか時計がやたら目に付く、というお宅です。

カレンダーや時計はスケジュールに関するものですね。
やらねばならないことを想起させます。

せっかく休息しようと思っているのに、まだやってない約束や、ねばならないことや締め切りの日が書いてあるカレンダーが目に入れば頭はすぐにそういうものごとでいっぱいになります。

時計も必要以上にたくさん置いてあれば、時間を気にしているこころがそこにあらわれていますね。

カレンダーは寝室ではない、昼間見るところに場所を移動させましょ。
そして目覚まし時計が必要な人も最低限でいいですね。

また本も頭の近くには置かないようにしましょう。

寝ている間も頭は忙しく動いてしまいますから。

鏡がある場合は寝るときは布をかけて鏡が視線に入らないようにしましょう。

できるだけ頭や心が休まる状態にしてくださいね。

休息をしっかりとって翌朝気分よく目覚めたら、
やる気も漲って頑張れますよ^^
お肌の調子も良いはず。

運を育てる寝室をつくりましょう!!

プチアドバイスでした♡

豊かな時間

皆さん、こんにちは^^

風水&算命学Lifeアドバイザーの愛賀真琴です。

GWの真っただ中ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

昨日の満月もほんとうにパワフルでしたね!

私はこんなところで満月の日を過ごしましたよ^^

 

 

天狗さんのいる場所です。(笑)

さて、どこでしょう?

木々の緑やお花たち。
自然がたっぷりと感じられて、しかも美しい水のあるところに、豊かさや心からの安らぎを感じて、私はそういう場所がほんとうに好きだな~と心の底から思いました。

みずみずしい感覚を味わって、美味しいものをいただいてうんとリフレッシュしてきましたよ。

5月にはいりましたね。

土用明けももうすぐです。

明日からお天気がくだり坂のようですが、連休後半、わたしは
家の中の片づけと同時にちょっとマンネリになっているモノたちを
移動させて新しい風を招き入れようかと考えています。
前回のラジオでもお話していますが、家の中のモノたちの見直しです^^

そして
ラジオの生放送があったりと、やや仕事モードです。

みなさんも楽しい週末をお過ごしくださいね。