カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

11月(癸亥月)11月7日立冬~12月6日の算命学予報

みなさんこんにちは!

風水Lifeアドバイザ-の愛賀真琴です。

明日は立冬、いよいよ11月の氣が本格的にはじまりを迎えます。
11月(癸亥月)の算命学予報まいりましょう。

十干   癸水   陰の水性 川・雨(小さな水)
十二支  亥水   陰の水性 極陰、無、空虚、次世代への継承

「癸亥」は60ある干支の最後を受け持つ干支です。

十干の癸水は自然界では海や大河に代表されるような大きな水ではなく、雨だれのような小さな水です。

ですが、「雨だれ石を穿つ」のごとく、ちいさな一滴の水も、時間をかけていつのまにか岩をも貫いてしまう、そんな秘めたる爆発的な力をも持ちます。

上も下も陰の水は最後を受け持ち、その究極の無(陰)の中に萌す光(陽氣)は一見暗闇のように見える中でうごめくさまざまな新しい兆しのようでもあります。

新しいあなた、新しい環境、新しい時代、新しい段階、新しい未来はもう足元にあって、それが具体化、具現化するタイミングを見ている段階、そのための再編成が行われる時ともいえるでしょう。

そのタイミングを、

YES!!!と言って、

乗り出していくその時を

慎重にかつ大胆に行動していくための準備の月となるでしょう。

自分を他者と比較して

あの人はうまく行っている、この人はうまく行ってないといった二極の眼で見るのではなく、

あなたがこの一年やってきたこと、努力してきたこと、積み重ねてき
たこと、うまく行ったことも失敗したこともすべて含めて、
それが自分だとちゃんと認めましょう。

あなた自身のすばらしさ、かけがえのなさ、尊さ、が真に自分の中で承認されてこそ、同じように他の人のすばらしさ、かけがえのなさ、尊さには気づけるのですから。

そして今月、すべての干支の最後となる月、
再度、今こそやり終えるべき課題(宿題)がなんであるかを見直して、
その課題に取り組みましょう。

●今抱えている現在進行形の問題がある方はまずはそれを解決できるよう頑張りましょう。

●未来のない関係性や腐れ縁なども新しい未来に持ち越したいのか、自分自身に問う必要があるでしょう。

●お金のトラブルがある方は生活を見直す必要があるかもしれませんね。

●生産性がないと思われることにはいったん見切りをつけて、仕切り直すことも大切かもしれません。

●終わらせるもの、終わりになるもの、にしがみつかず
思い切って手放すという選択が新しい未来を引き寄せます。

来年は新たな天皇が即位して新たな元号による時代がスタートします。
その新しい時代に向けて、どんなふうな「あなた」でその時代を生きていきたいでしょうか?

思い切ったイメージチェンジを図ってみたいなら、そのための
準備としてあれこれお試しするのもよさそうですね^^

そのための環境(住まい)作り、とても大切になります。

時の風を読み、その時(タイミング、時代)を知り
自分自身の水(エネルギー)の流れの調和を見ていく算命学と
住まい(環境)の風と水の流れをシンプルにし、佳き流れを生み出す風水は面白いほどにお互いがお互いを響き合わせるなあと思います。

ですので、宇宙的な意味で「風」と「水」を司る風水Life アドバイザーと名乗ることにしたわけです。

来年の干支も十二支は今月と同じ亥水がまわってきます。

来年に向けてもこの11月はとても重要な月となるでしょう。

環境(住まい)もちょうど年末に向けて断捨離や整理整頓もしやすい時期ですね。

ただ整理整頓するよりも、風水的に今の自分自身の状態を見つめなおして整えておければ、整えられた環境が自然と今のあなたの状況により良い変化を与えてくれることに繋がりますよ^^

自分自身を見つめなおすための算命学!と住まいを見直す風水、
ぜひご活用くださいね^^

来年に向けての算命学個人セッション、現在募集中です。
遠方の方はオンラインでもセッション可能です。
(メール鑑定はしておりません)

◆ハウスセラピー風水講座のお知らせ◆

11月11日(日曜日)14時~16時
(残席3名さま)

テーマ:あなたが未来に進みたい道に光をあてる

お住まいの中の「道」のエリアに焦点をあてた講座です。
家に住まうすべての方の仕事運に関係します。
また、今月の算命学的視点から見た整理整頓で、大切なことについても合わせてお伝えしたいと思います。
普段の生活で気づきにくいところの「整理整頓」是非一緒にやって
あなたの「道」に光をあてましょう!!

持ち物: ご自宅の間取り図
ノート・筆記用具

 お問い合わせは info☆aigamakoto.comまで
    (☆を@にかえて送信してくださいね)

 

 

 

すべての縁起に感謝を込めて

こんにちは。

風水Lifeアドバイザ-の愛賀真琴です。

先だってのお誕生日、

かねてより行きたいな~と思っていた原生林に行ってきました^^

わたしはこういう場所がほんとうに好き☆☆

 

静かな、悠久の時を超えて存在する森の中にいると、
身体じゅうの細胞が悦んで元気になる。

   

樹齢300年はゆうにあろうかという黒松さんや
椎の木さんが森を守っていらっしゃる。

森を抜けると目の前に広がる海

     
   

きらきらと美しい光に満ちていて行く道を照らしてくれているかのよう。

ご縁をいただいたすべてのご先祖さまたち、そして
みなさんに感謝しています。

いつも愛がとうございます♡

美しいひとは・・・

その美しいひとは、今の辛い状況を包み隠さずお話してくださった。

確かに

辛い状況なのではあるけれど、

わたしはそのひとの奥底の強さを知っている。

人間万事塞翁が馬

一見最大のピンチ!のように見えることが、振り返ってみたら
最大のチャンスやギフトだったということは良くある。

それでもその渦中にあるときはほんとうに辛い。

辛い中にあっても、そのひとがすこやかであることができますように、と祈ろう。

その美しさは決して奪われたりしないのだから。

好きになりすぎてしまいました^^

今年の春から履き始めた黒田商店さんの下駄♡

ほんとうに履き心地が良くて、しかもおしゃれ(*^-^*)

春から半年。

この下駄以外には履きたくなくなってしまっています。

今月熊野古道をこの下駄で歩きまして、山の峠越えもしたので、
ずいぶんと仮のゴムソールがすり減って、桐の部分が露出してきたので、いよいよビブラムソールに替えていただくときかな~と
昨日日本橋三越さんに出店されている黒田さんのところへ。

しばらくお預けすることになるので、帰りにはく足袋型のシューズをもっていったのですが、どうにも私の足が下駄以外のモノを履くことを嫌がってしまい・・・・

うううう

思い切って新しくもう一足作っていただいて、新しいのを履いて帰ろうか。。。と思い、試し履きを・・・・

一子相伝の下駄。

実は私が購入したタイプの下駄は職人さんがご高齢になり、後を継ぐ方がいらっしゃらないため、今ある在庫限りで終わりとのこと。

店頭には別の型の下駄は色々あって、最新の下駄はさらに進化した型なので安定感が抜群!
大将が一押しなのもうなずける逸品なのですが、足(ココロ)が喜ぶのは今の型。

それはもうどうしようもなくて、安定感をとるか、ココロが浮き立つほうをとるか。。。。。

結局ココロがウキウキする方を選びました。

ソールの高い方は私のサイズはあとにもさきにも、残る在庫は2足だけ!!!!!!!

今買うしかないでしょ(笑)

最低でも10年は履くつもりですが、もうこの先出逢えないですもの。

「新しい台に革をはって台ができるまで1か月はかかるから、いまの下駄はお直しにださないでもまだまだ大丈夫だから、今日はこのまま履いて帰って、新しい台ができたらそれと交換にお直しにだしましょう」ということになり、結局お直しに出さず下駄のまま帰ってきました(笑)

下駄・・・好きになりすぎてしまいました。

ほんとうは早くお直しにも出したかったので、即購入できるもの、と思い、色々と迷って、見本の下駄をさんざん履きまくっていたのですが、
その時に奥様のめぐみさんが、私が購入したい、と思っている型の下駄を履いていらっしゃって、

「わたしの足型になってしまっているけれど、良かったら履いてみますか?」と言ってくださり大切な「足」をお借りして履いてみたら、

あ~~!!めぐみさんの足!!を感じました。

あきらかに私とは違う足がそこにありました。

自分だけのマイソール=自分の足になっていく下駄が黒田商店の下駄なんですが、履きこまれたその下駄はまさに、私とは違う足でした。

それはまさに「めぐみさんの下駄(足)」なのでした♡

す、て、き。

大切な足を貸してくださって、感謝です。

ビブラムソールになってからがほんとうの下駄とのお付き合い。

ソール替えはちょっと先になりましたが、
大切に残したい職人の技。

一生のおつきあいになりそうです。

限界は自分で作っている

怖くて怖くてなかなか跳べなかった跳び箱。

来る日も来る日も、跳び箱の上に着地していたお尻。

ある日のこと

あれ! ・・・・・跳べちゃった!!!

あの、幼い日のうれしかった気持ち、また今日味わえた。

そう、私には無理って、限界を決めていたのは、誰でもない、わたし。

そして、これはひとつの到達点だけど、ゴールではなくて、
跳び箱を飛ぶっていう世界の楽しさを味わうスタートラインに立てたってこと。

もう無理です。勘弁してください。って何度も何度も言おうとして、言えなくて・・・

でもひょいって越えられた今日、私は跳び箱が跳べるようになったときのように、この先に広がる世界を楽しむスタートラインに立てた。

そしてまた、びびりな気持ちが先に立って、跳べないって思うとき、
今日のことを思い出そう♡

ようやっとスタートラインに立てたうれしさと、これから始まる新しい冒険を祝って

今日のランチは旅料理

アフリカ、モザンビーク風チキンのピーナッツカレー煮込み
バターナッツかぼちゃのポタージュとともに。

デザートは珈琲のジュレだったんだけど、写真撮るまえに食べてしまったとさ。。(笑)