カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

山で充電してきました

みなさん、こんにちは!

春分の日は満月と重なり、とてもパワフルでしたね!

いかがお過ごしでしたか?

私は春分の日に山に登りたいな~と思っていたのですが、春分の日は山に登るにはお天気が下り坂だったので急遽前日に行ってきました^^

行きは御岳山奥の院~鍋割山~大岳山の北回りコースと決めていました。

大好きな大岳山。

北回りルートをとる人はあまりいないのか、天狗の腰掛の木から奥の院、そして鍋割山から大岳山荘あたりまでは出逢う人もほとんどいなくて、静かな時間を味わえました。

  

現在は廃墟になっている笹目仙人のいらした大岳山荘から鳥居をくぐり、神社のあるあたりから空気感が変わります。
私はいつもこのあたりからなぜだか胸がキュ~~ンとして、泣きそうになるのです。

   

前回はこんなんで登りました。
背負っているのはクリスタルボウル。(笑)

  

頂上にある標識。素敵な標識に衣替えしていました^^

 → 

空気が澄んでいると、富士山もくっきりなんですけどね。
今回は暖かすぎたせいか(なんと22度!)上空は雲が多かった。

春はあけぼの・・・残念!

富士山が見えると

こんなん↓とか、      こんな感じ↓

 

 

 

 

武蔵御嶽神社の奥の院に初めて上がらせていただいたのは、15年ほど前で、私は20代(←大嘘!)(笑)だったけれど、その頃のほうがぜんぜん若いのにカラダはできてなくて、腰は痛くなるし、ぜーぜーはーはー、ふらふらになって登りました。

  

当時は奥の院に行くだけでもきつかったのに、さらにそこから大岳山までなんて考えられなかった。。。
リアルの年は関係ないな~とつくづく思います。
(やる気満々 (笑))

山ですっきりと切り替えして、今年の私を宣言してきました。

パワーチャージ完了。

皆さんはどんなふうにパワーチャージしていますか?

曽我梅林梅まつり~ピンク色効果お試しあれ~

満開!の梅を見に小田原の曽我梅林に行ってきました^^

 

梅はひとつひとつのお花も愛らしいのですが、
降るように咲き乱れているさまは幽玄さえ感じさせてくれて、
ほんとうに好きな花です。

香りも漂う感じが色香があって風情を感じますね!


昨年の今頃はおっとっと君が大手術を終えて退院した直後で
梅見どころではなかったなあ・・・

今年は一緒に毎年の恒例だった梅見ができて

ひとつひとつ、 復活♡

うれしいなり~

ピンク色って、しみじみ幸せな色だな~と、、、思う。

たくさんのピンク色に囲まれて

それもまた、うれしいなり~~♡

ピンクが好きじゃないっていう女性も、もちろんいらっしゃるとは思いますが、
自然界にあるピンク色は、ほんとうに心を和ませてくれるな~と思いませんか?

春の今なら、菜の花とか水仙といった黄色も元気が出る色ですよね!!

もし、今あなたがちょっと落ち込んでいたり、悩みごとがあるときは、
お部屋にピンク色のお花や元気が出る黄色いお花を飾ってみませんか?

と~~っても簡単!な風水術です^^

春の茶会に寄せて

みなさん、こんにちは!

風水Lifeアドバイザーの愛賀真琴です^^

 

先日鹿児島に住む友人からと~~っても貴重なお水を送っていただきました!!

きっとおいしい中国茶が飲めると思って・・・とお手紙が。

早速とっておきの中国茶で茶会をしました。

桃と菜の花を飾り、一緒に送ってくれた無農薬のレモンのみずみずしい香りをお供に。

夜、このお水でご飯を炊いたら、おっとっとくんが、「今日のご飯、味が違うね~~!なんかおいしい!!」と、たくさん食べました。

味音痴?(笑)のおっとっと君にもその違いがわかったのかな!?

本人の名誉のために言っておきますが、味音痴というのは、何を食べても一緒とかいうのとは違いますが、微妙な・・・繊細な・・・味の違いが今一つわからない、というよりも、あまり気にしていないっていうタイプなんです。

お酒造りにも使われているというこのお水。

甘くてほんとうにおいしいの。

豊かなお茶の時間でした。

こういうひとときは極上ですね^^

大切に味わいました。

すべてを信頼する

5年前の今日、初めてあの赤い大地と出逢ったんだ。

 

セドナの赤い大地には体の奥底から湧き上がってくるような熱いパワーがあった。

忘れられない出逢いがあって、

忘れられない冒険をした。

  

次から次へと沸き起こる恐怖心
それと同時にむくむくと湧き上がる好奇心と冒険心

手が震え、足が震え、泣きながらよじ登ったあの壁

パートナーを信じられず、ただただ怖くて自分のことしか考えられなかったあの日

爪に食い込んでしまったとげが奇跡のように消えたあの日

仲間の声援に心が震えた日

自分の力ではない、何かの大いなる力を感じた日

自分を何かに委ねた日

222の日の今日

FBに5年前のこの写真が上がってきて、思い出したの。

もし、みなさんが今どんなに不安でも、心配があっても、逆境やトラブルの最中にあっても、それらはわたしたちにとって素晴らしい教師であり、ガイドであり、味方だ!ってこと。

そういうものぜ~~んぶ、今私たちに与えられているすべての生が
素晴らしいってこと。

そのことを信じるってこと、
ぜ~~んぶOK!って言って、YES!って言って生きること。

暗闇の中にいると感じてるときはこんなことを思い出して。

「漁師が海に出られないときは網を繕うもの」
無理に海に出ようとはしません。

時を待つことも大切。

たっぷりと寝て。
良い睡眠をとって、ね。

逆境だと一見思えるようなことや、トラブルと思われるようなことが起きた時、それをちょっと微笑んで観察できるような余裕が持てるようになれたらいいよね。

わたしも自分自身にそう言っている。

222、今日は、「すべてを信頼する日」だよ^^

努力とは

努力というと、自分の力でやるのが努力だと思っている。

努力とはそういうことではないんです。

いかに自分の我をなくして、自然の変化に順応するかということが本当の努力なんですね。

考え方の根底が違うんですね。

修行というのは、自分の力で無我になることです。

そうではなくて、

自力ではなくて、神の力でさせていただくということです。

順応するために自分の体を変える。それで進化する。

神が地球に厳しい環境をわざとつくっている。
それに順応した生物だけを生き残そうとしているのです。

順応させることによってさらに進化させようというのが自然の仕組みなんですね。

だからそれに立ち向かおうとか、そういう姿勢ではだめなんです。

オリンピックで金メダルを取るようなスポーツ選手もそうですね。

順応したものが逆境を克服して伸びている。
途中でなんべんか挫折するような目に遭っている。

それに順応して乗り越えたものが世界一になっています。

順応プラス待つということが大切です。

いかに待つかです。

待てない人がいっぱいいるでしょう。

高速道路に乗っても追い抜くでしょう。
エレベーターに乗ったら必ず閉じる(クローズ)のボタンを押す。

そういう人は滅びていく人です。

これが宇宙の法則です。

どうぞお先へといった人が生き残るわけです。

順応して待つ。

感謝して待つことができたら最高ですね。

真理の川の流れに逆らうことなく、生かされている感謝の気持ちをもって、自分に起きることに無理せず順応して、待つ極意。

無心で静かに待つ。

一番いいことは水のようでいることだな。
水は他のモノの役に立ちはしても、決して他のモノとけんかなどせずに、いつだってみなにへりくだっているじゃないか。

だから水はタオに近いんだよ。

低いところにいても文句の一つも言わず、すなおだろう。
だから何をやっても順調だし、物事がうまくいく。

水は動くべきときがきたら動くし、また動いても誰とも争わないから、
なんにもトラブルが起きないんだ。

「不良のタオ」より・・・本日の覚書でした^^

スーパームーンの満月、

もうすぐその時を迎えます。